レックスベゴニアの育て方

TOP > シュウカイドウ科 > ……

レックスベゴニア(根茎性ベゴニア・観葉ベゴニア)

レックスベゴニア
科名シュウカイドウ科
属名ベゴニア属
学名Begonia rex
別名根茎性ベゴニア・観葉ベゴニア
みずやり水控え目
場所室内
難易度中級者向け
画像の投稿のお願い
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
文章の修正を申請する
概要
レックスベゴニアシュウカイドウ科のベゴニアの仲間です。ベゴニア・レックス(Begonia rex)を原種としたベゴニアのグループ名。「観葉ベゴニア」という別名があるように葉っぱを鑑賞するものだけど、花もしっかりと開花する。非常に多くの品種がありマニアもいる。
まとめ
●レックスベゴニアはシュウカイドウ科のベゴニアの一種。ベゴニア・レックスから生まれた品種は「レックスベゴニア」として流通している。
●直射日光を嫌う。日光が強いと葉っぱが変色する。
●過湿に弱い。水のやりすぎに注意。
●土への水のやりすぎは嫌うが、空気中の湿度が高い環境を好むので、葉っぱに霧吹きで水をやる(葉水)。
●冬は水を控える。土への水やりは控えるが葉水は継続してやる。
●レックスベゴニアが枯れる理由の一番は水のやりすぎ。
●2年に一回は植え替える。
●下葉が枯れ込んで不格好になったら、葉挿しで株を作って仕立て直すか、切り戻しをして仕立て直す。

品種
レックスベゴニア・プリンセスオブハノーバー
レックスベゴニア・ザチーフ
レックスベゴニア・ギンガ
レックスベゴニア・小夜
レックスベゴニア・ローズパーフェクション
レックスベゴニア・ワイルドファイヤー
スポンサードリンク

水やり

水やり
文章の修正を申請する
春から秋の水やり
基本は土が乾いていたら水をやる程度。
乾燥には比較的強いほうなので、通常の植物よりも乾かし気味で管理します。必ず土が乾いてから水をやるように、土に触ってみて濡れているようなら水やりはしないでください。水をやりすぎると腐って枯れてしまいます。でも、夏の乾燥時期は水切れを起こしやすいので注意します。
レックスベゴニアは湿度の高い環境を好みますので、葉っぱが乾燥するようであれば、霧吹きで葉っぱに水分補給してやることも必要です。
●土は乾燥気味、空気は湿度を高く。矛盾しているようだけど。

冬の水やり
冬は寒さで生育が鈍くなっていて、水を吸い上げる力が落ちていますので、水を控えます。土が乾燥してから数日経ってから水をやってください。
●生育は鈍くなっているのですが、湿度の高い環境を好みますので、霧吹きで葉っぱに水をやるようにしてください。
●冬は暖房のかかった部屋で管理することになり、どうしても湿度が低くなりがちです。冬は土への水やりを減らしても、葉っぱへの水やり(葉水)はやってください。

肥料

文章の修正を申請する
4月から10月の生育時に液体肥料を2週間に一回やるか、緩効性化成肥料を一ヶ月に一回やる。真夏はあまりの暑さで生育が止まることがあるので、そのときは肥料をやらないようにする。

植え付け・植えかえ

植え付け・植えかえ
文章の修正を申請する
植え替え時期
理想は5月6月あたり。生育し出して、植え替えのダメージを回復できる時期なので。土を落とさないで根をいじらないで植え替えた方がダメージは少ない。
鉢植えは2年に一回植え替えをします。鉢底から根が出ているなら根詰まり寸前なので早めに植え替えをします。

用土
水はけのよい軽い土が好ましいです。市販されている土では水もちが良すぎます。ピートモス3赤玉土3バーミキュライト3鹿沼土1を混ぜたものが適しています。
●用土の例…鹿沼土小粒1:ピートモス1:バーミキュライト1。
●ベゴニア専用の土もあります。

植え替え手順
新しい鉢の底の穴に網を敷いて塞いで、その上に軽石を2センチから3センチほど入れて、その上に用土を入れ、株を入れて、隙間に用土をつめて、最後に水をやって完成です。
●古い土を三分の一ほど落として、地上部を多少剪定して、植え替えます。この場合は、新しい鉢は同じ大きさの鉢でもいいです。
●レックスベゴニアは根が浅いので深鉢は避ける。深鉢にすると冬に水が蒸発しきらず、根腐れする。
●植え替えの時に株分けも可能。株をハサミやカッターで切るか、手でサックリと分けてもいい。それらを別々の鉢に植える。
●一回り大きな鉢に植え替える場合は、土を落とさず、根を崩さないで植え替えることも可能。この場合は株にダメージが少なく回復が早い。
●下葉が枯れ込んで、不格好になったら葉挿しで仕立て直します。

株の増やし方

株の増やし方
文章の修正を申請する
レックスベゴニア の株の増やし方としては「株分け」と「葉挿し」があります。レックスベゴニアの種子は親の性質を受け継がない(必ずしも継承しない)ために普通はしない。
葉挿しの時期
植え替えの時期と同じ…5月から7月あたりに葉挿しで増やすことも可能です。植え替えの時に剪定したものを使ってもいいし、新たに切ったものでもいいです。
葉挿しの手順
葉っぱ一枚を葉柄(葉っぱについた茎っぽいとこ)を数mm残して、バーミキュライト単用の苗床を用意して挿し、日陰で乾燥しないように管理していると一ヶ月で発根する。発根したら薄い液体肥料をやる。すると二ヶ月か三ヶ月で新芽が出るので、鉢に植え替える。
●小さい葉っぱの方が、水下りしにくいので良いです。
●発根材を使えば、成功率が上がります。
●下葉が枯れ込んで、不格好になったら葉挿しで仕立て直します。

仕立て直し

仕立て直し
文章の修正を申請する
レックスベゴニアは長く栽培していると下葉が枯れ込んで、上にだけ葉っぱが繁って不格好になりがりです。元に戻すためには仕立て直す必要があります。
葉挿し
株を増やす方法である葉挿しで、仕立て直します。葉挿しは「株の増やし方の項目」をチェックしてください。

切り戻し
株全体を切り戻してしまいます。お好みの高さに切り戻し、霧吹きをかけて湿度を維持し、強い日光にあてないで日陰で管理していると、一ヶ月ほどで新芽が出てきて回復します。
●切り戻し後に肥料をやらないこと。
●切り戻しと葉挿しは併用してどちらが失敗してもいいようにしましょう。

管理場所・日当たり

文章の修正を申請する
春から秋の管理
強い日差しを嫌うので、直射日光の当たらない場所で管理します。春から秋は戸外の明るい日陰でもいいです。もしくは室内でカーテン越しの日光に当てます。
年間を通して直射日光の当たらない窓辺で管理すると良いですが、真夏は直射日光に当たっていなくても葉焼けするかもしれません。そういうときはカーテンで遮光してください。

冬の管理
冬は必ず室内に取り込んで、室内の日当たりで管理します。最低気温が10度になったら室内に取り込みます。耐寒温度は5度とされています。昼間に暖房をかけている部屋では暖房を切った後でも5度以下になることはなかなかないです。

病害虫

文章の修正を申請する
灰色カビ病・アブラムシハダニ・ウドンコ病など

特徴・由来・伝承

文章の修正を申請する
レックスベゴニアは通常の根茎ベゴニアと性質では変わりありません。ベゴニアレックスという原種を元にして生まれた交配種の全てを「レックスベゴニア」と呼んでいるだけで、球根ベゴニア木立性ベゴニアとも交配した今となっては、他のベゴニアとこれといって差はありません。

レックスベゴニアは非常にたくさんの品種があります。

レックスベゴニアは、葉っぱを鑑賞するベゴニアです。観葉ベゴニアという言い方も出来ます。花も咲くのですが、葉っぱの色合いが優れていますので、そちらがメインです。

もともとベゴニアは葉っぱに特徴があります。家にベゴニアがある場合は見てください。葉っぱが必ずアシンメトリー(非対称)になっています。通常の植物の葉っぱは左右対称(シンメトリー)であることが多いので、ソウ考えると不思議な感じがしませんか?ベゴニアの仲間は全てアシンメトリーの葉っぱをつけることから、ベゴニアの葉っぱを専門に研究する学者もいるくらいです。
管理用リンク
管理用