レックスベゴニアの育て方

MENU
TOP>シュウカイドウ科>レックスベゴニア
スポンサードリンク

レックスベゴニア

レックスベゴニア
科名シュウカイドウ科
みずやり水控え目
場所室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

●直射日光を嫌う。日光が強いと葉っぱが変色する。
●過湿に弱い。水のやりすぎと蒸れに注意。
●冬は水を控える。
●レックスベゴニアが枯れる理由の一番は水のやりすぎ

水やりと肥料

基本は土が乾いていたら水をやる程度。
乾燥には比較的強いほうなので、通常の植物よりも乾かし気味で管理します。真夏の蒸れやすい時期に水をやりすぎると腐って枯れてしまいます。でも、あまりに葉っぱが乾燥するようであれば、霧吹きで葉っぱに水分補給してやることも必要です。

冬は水を控えます。土が乾燥してから数日経ってから水をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい軽い土が好ましいです。市販されている土では水もちが良すぎます。
ピートモス3赤玉土3バーミキュライト3鹿沼土1を混ぜたものが適しています。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

強い日差しを嫌うので、直射日光の当たらない場所で管理します。

年間を通して直射日光の当たらない窓辺で管理すると良いですが、真夏は直射日光に当たっていなくても葉焼けするかもしれません。そういうときはカーテンで遮光してください。

特徴・由来・伝承

レックスベゴニアは通常の根茎ベゴニアと性質では変わりありません。ベゴニアレックスという原種を元にして生まれた交配種の全てを「レックスベゴニア」と呼んでいるだけで、球根ベゴニア木立性ベゴニアとも交配した今となっては、他のベゴニアとこれといって差はありません。

レックスベゴニアは非常にたくさんの品種があります。

レックスベゴニアは、葉っぱを干渉するベゴニアです。観葉ベゴニアという言い方も出来ます。花も咲くのですが、葉っぱの色合いが優れていますので、そちらがメインです。

もともとベゴニアは葉っぱに特徴があります。家にベゴニアがある場合は見てください。葉っぱが必ずアシンメトリー(非対称)になっています。通常の植物の葉っぱは左右対称であることが多いので、ソウ考えると不思議な感じがしませんか?

ベゴニアの仲間は全てアシンメトリーの葉っぱをつけることから、ベゴニアの葉っぱを専門に研究する学者もいるくらいです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

シュウカイドウ科の仲間


シュウカイドウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用