パフィオの育て方

MENU
使い方 TOP

パフィオ(パフィオペディラム・スリッパオーキッド・レディーススリッパ)

パフィオ
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名ラン科
学名Paphiopedillum
別名パフィオペディラム・スリッパオーキッド・レディーススリッパ
みずやり水を好む
場所室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
花の茎が伸びて来ましたら支柱を立ててやってください。
非常に水を好むラン
パフィオは水を好むランで、通常ならば水のやりすぎで枯れてしまうような家庭に向いています。冬に管理場所の気温が10度以下に下がらなければ、水を年中しっかりとやっても大丈夫です。
その代わり、ミズゴケが非常に腐りやすく、花が終わったらミズゴケを変える必要があります。
まとめ
●パフィオはランの仲間。独特な花の形状で愛好家は多い。
●水を好む。水苔への水やりと、葉っぱの霧吹きで給水する。
●夏の冷房、冬の暖房の風にあてない。
●生育時期に薄い肥料をやる。開花しているときは肥料をやらない。
●水苔が腐りやすいので、できれば毎年、水苔をやり替える。
●花がしぼんだら、花茎の根元から切る。
●冬は室内へ。春から秋は戸外の日陰か、室内。
スポンサードリンク

水やり

水やり
この項目の修正・提案をする
大抵はミズゴケに植えていますので、そのミズゴケが渇いていたら水をしっかりとやってください。夏は常時濡れているくらいに、水をしっかりとやってください。気温が高いのであればミズゴケは常に湿っていても大丈夫です。
ただし、水が受け皿に溜まっていたり、葉っぱと葉っぱの間に溜まっているようであれば、必ず捨ててください。
水やりは霧吹きが一番
ジョウロで水をやると沢山やりすぎたり、水が垂れて床を汚したり、上手く水やりが出来ないことがあります。霧吹きで水をやるのがいいです。霧吹きは100円均一で売ってるのでそれで十分。

パフィオの根本はビニールポットに入っていることが多いのですが、このビニールポット内のミズゴケに水がいかないと意味が無いのですね。ジョウロが上手く的に当たらずに、ポットの外のミズゴケを濡らすだけということがよくあります。霧吹きで根本のコケをバッチリ濡らしてあげて、ついでに葉っぱにも水を掛けてください。
葉水
葉水は葉っぱに霧吹きなどで給水すること。ラン系の植物は湿度の高い環境を好みます。また根でも水を吸い上げますが、葉っぱからも水を吸収するので、積極的に葉水をしてください。特に日本の冬は部屋の湿度が下がってカラカラになりますので、特に葉水をやりましょう。
葉っぱの根本に水を貯めない
茎や葉っぱの窪みに水が長期間溜まるのは良くないです。葉っぱの根本の重なり合っているところに水が溜まっていたら、ティッシュなどで吸い取ってください。これも霧吹きで水をやれば、発生しないです。根本に水が貯まると、水が腐って病気になったり、ここから新芽が出てくるので、その新芽が出てこなくなったり、新芽が出てすぐに腐ってしまったりと、非常によくないです。

肥料

この項目の修正・提案をする
薄い肥料を
液体肥料を通常の倍くらいに薄めて、春から秋にかけて二週に一回か、週に一回程度やります。肥料がないから枯れるわけじゃないんですが、肥料がないと次の開花は非常に鈍くなります。気温が30℃を超えるようであれば肥料はやらないようにします(生育が止まるので)。高温時期に肥料をやると株が弱ります。

肥料は水やりと同様に霧吹きでやると効率がいいです(ジョウロでやると下にだだもれするから)。根っこ・水苔だけでなく、葉っぱにも吹きかけてやります。パフィオは葉っぱからも水と肥料を吸収するので。
●ただし開花中ならば肥料はやらない。開花している時に刺激を与えると早めに花がしぼんでしまうので。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付け・植えかえ・種蒔き
この項目の修正・提案をする
花が終わったらミズゴケを変えてやります。腐っている黒く変色したミズゴケを取り除き、新しいミズゴケを取り替えて元に戻します。店で買ってきたパフィオの場合、鉢の中に発泡スチロールが入っていることが多いです。これは通気性を高めるためにも良い方法ですので、同じように発泡スチロールを詰めてあげてください。植え替えのときに鉢は極端に大きくしない。基本的に同じ大きさの鉢で水苔を替える。
●鉢は素焼きでもプラスチックでもなんでもいいです。素焼きは水が蒸発しやすく水やりの頻度が増えますが、その程度のことです。それよりミズゴケが綺麗であることの方が重要。
●水苔が腐ったままだと病気になるので、取り替える。水を好むので水苔は腐りやすい。毎年、とりかえる。

根が千切れやすい
パフィオは根が少ない上に千切れやすいので植え替えのときは丁寧に扱って下さい。古いミズゴケなどはピンセットで丁寧に取ると失敗が減ります。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
直射日光はNG
元々の生育場所が日陰なために、直射日光には弱く、遮光しないでいると葉焼けを起こして痛んでしまいます。冬でもレースのカーテン越しで日光を当ててやってください。夏は特に窓辺に置かない。
生育温度は15度から30度
パフィオは35度を越え40度になると高温から枯れることもあります。春から秋は戸外の日陰で管理してもいいです。室内で管理する場合は、冷房の風が当たらないようにします。冷房の風は乾燥しているため、直に当たるとすぐに乾燥で枯れます。直に当てずに、湿度が足らないならば葉水をして給水します。
冬の管理
10度以下になると生育が止まり、5度まで耐えられますが霜に当たると枯れます。寒さには一定の耐性がありますが、それは「蘭類にしては」という程度ですから、できれば10度以上の気温が保てる場所で管理してください。
●一般的な家庭では、夜に暖房を切ると5度程度まで下がる。昼に暖房をかけている部屋であれば、5度以下にはならない(隙間風が吹いていなければ)。なので暖房のかかっている部屋で管理すれば冬越しは可能。ただし、暖房がかかっている部屋は乾燥しているので、葉水をして乾燥対策をすること。
●暖房の風もやっぱり乾燥しているので直に当てないようにする。直に当てると枯れる。直じゃなかったらとりあえず大丈夫なんですが、冬はとにかく乾燥しているためにパフィオが乾燥で枯れる。必ず葉水で給水する。

花がしぼんだら

この項目の修正・提案をする
花後は根本から切る
花がしぼんだら、花が咲いていた「花茎」を根本から切ってしまいます。放置していると花びらが傷んで、そこから病気になるかもしれません。
●パフィオが受粉するには虫の媒介が必要ですが、どうも、勝手に自家受粉することがあるらしいです。なので、花の後に根本が膨らんでいたら、受粉して種子が取れる。種子は非常に小さく、風に乗って飛んでいくほどです。そこから発芽させるのは大変なので普通はやらない。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
一般的には育てるのは、中級者以上と考えた方がいいです。他の蘭類と比べてその造形と色合いの複雑さは、群を抜いていて、パフィオ専門に育成する愛好家は少なくありません。

コチョウランと違い地面に根を張ることも出来るラン。

語源はギリシャ語のパフィア(ヴィーナス)とぺディロン(サンダル・上靴)から。英名はレディーススリッパ。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

「パフィオ」に関する疑問・質問・日記

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

ラン科の仲間


ラン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用