アキランサスの育て方

MENU
使い方 TOP

アキランサス(テランセラ・アルテルナンテラ・アルテナンテラ)

アキランサス
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名ヒユ科
属名アルテナンセラ属
学名Alternanthera ficoidea
別名テランセラ・アルテルナンテラ・アルテナンテラ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
越冬は余程でないと不可能
耐寒温度は10度以上なので、暖地であれば越冬も可能?なのかもしれないんですが、普通はしない(というか出来ない)。霜が降りる地域では室内に取り込まないと越冬は難しいです。霜に当たると葉っぱが黒く変色して、みっともなくなります。一般的には冬には消えてなくなる一年草と考えてください。本来は多年草です。
●室内に取り込んでまで越冬させるほどのものではない。苗も安いし珍しいものでもないし。

アキランサスはビオラパンジーまでのリリーフピッチャー
夏、庭に植えていた植物(ペチュニアインパチェンスなどなど)があまりの暑さで枯れたら、パンジー・ビオラ類を植えるまでの繋ぎでアキランサスを植えることが多いです。霜が降りたら一発でアキランサスは真っ黒になって枯れるんで、枯れたらすぐにアキランサスを引っこ抜いて廃棄してパンジー・ビオラ類を植えるってことです。
●夏に蒸れて葉っぱが変色して枯れたら、枯れた葉っぱをむしって風通しをよくして蒸れを防いでください。

草丈5cmから50cm。一般的に流通しているのは15cmくらい。
まとめ
●植え付け時期は春から秋。霜に当たると枯れて消える。
●耐寒温度は10度前後で、どうにも冬越しさせるなら室内で管理する。
水やりは普通。土が乾いたら水をやる。
●一般的には夏に暑さで枯れて空いた場所に霜が降りるまで植えるパータンが多い。
●秋に開花するが、地味なのでカラーリーフとして鑑賞する。
●生育時期には肥料をやった方がいい。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
鉢植えの水やり
土が乾いていたら水をしっかりとやってください。土が濡れているのに水をやると過湿で腐って枯れてしまいます。あくまで土が乾いてから水をやるようにします。受け皿に溜まった水は捨てるようにします。乾燥気味の方が適しています。
鉢植えの冬の水やり
冬は土が乾いてから数日経ってから水をやるようにします。ただし一般的には冬には寒さに当たって消えるもの。冬に室内で管理すれば越冬もできる。
庭植えの水やり
庭植えの場合は自然に降る雨だけで十分ですが、夏はカラカラに乾燥して枯れてしまうので、夏は庭植えでも水やりします。
肥料
肥料は必要ありませんが、春から秋にかけて二週間に一回薄い液肥を与えます。肥料を多く与えると、葉っぱの色が悪くなりますのであくまで控えめに。
●窒素分の多い肥料を与えると秋の紅葉が遅れる。

植え付け・植えかえ

この項目の修正・提案をする
用土
土質は特に選びません。市販されている培養土で十分可能です。秋に苗が出回ります。これを植えます。アキランサスは株が横へと広がりにくい性質があります。植えるときは密生させて植えた方が見た目がいいです。
●5月になってから植えます。関東でも5月の第一週は何年かに一回の稀な頻度ですが霜が降ります。
●発根には20度が必要です。気温が20度以上…5月下旬になってから植えるといいです。

植え付け
鉢植えの場合は、鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。

庭植えの場合は、深さ20cmの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。
挿し芽で増やす
5月6月に何枚か葉っぱのついた茎を切って土に挿していると発根します。発根するには20度以上が必要です。春に苗が出回った時に挿し木で増やしていけば庭中、アキランサスにすることも可能(やりたいかどうかは別)。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
暑さにも直射日光にも強い
アキランサスは日光を好み、暑さに強い植物です。夏の暑さと直射日光にも負けませんので、温暖化も猛暑も気にせず植えてください。夏の庭には重宝します。
冬の寒さに弱い
反面冬の寒さに弱いので、秋に紅葉後は霜に当たって変色して消えてなくなります。室内に取り込めば、越冬も可能ですが、普通はそこまでしません。一年草と割り切って来年新しいものを植えます。
●耐寒温度は5度から10度。水を控えることで耐寒性は強くなります。
●暖地の一部では戸外で越冬可能ですが、ほとんど無理。越冬させるのであれば、室内の日当たりで管理して越冬させます。本来は多年草でずっと育てることも可能だが、一般的に寒さで枯れるもの。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
秋になると紅葉するのが魅力の園芸植物。背が低いので、庭のグランドカバーに向いています。赤く紅葉するものと黄色くなるものもあり、よく植物の植えつけで文字や模様を描く材料にします。

初秋に花が咲きますが、ほとんど目立たない程度のもので観賞するようなものではないです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

ヒユ科の仲間


ヒユ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用