ストロベリーキャンドルの育て方

MENU
TOP>マメ科>ストロベリーキャンドル
スポンサードリンク

ストロベリーキャンドル(クリムゾンクローバー・オランダレンゲ・紅花詰草)

ストロベリーキャンドル
科名マメ科
学名Trifolium incarnatum
別名クリムゾンクローバー・オランダレンゲ・紅花詰草
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

寒さに強く、秋に植えて翌年の春に花を咲かせるか、春に苗を植えて春から初夏にかけて花を楽しむ植物です。高温多湿に弱く、夏になると消えてなくなると考えてください。本来は多年草ですが一年草扱いです。
マメ科の植物で、空気中の窒素を土に取り込むことができますので、レンゲのように肥料代わりに植えることも可能です。
毎年楽しむ場合は、種が出来たらそれを保存しておいて秋に撒くこともできます。本来多年草なので、種を放置しておくとすぐに発芽します。

水やりと肥料

土が乾いて居たら水をしっかりとやります。ストロベリーキャンドルは蒸れに弱いので、乾燥気味に管理してください。

空気中の窒素を取り込んで合成することができるので、肥料をおおくあげると逆に枯れ始めます。肥料が多いと葉っぱが黄色く変色してきます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

土質を選びません。市販されている花と野菜の土で充分です。

マメ科の植物は移植を苦手としますので、一旦根付いたら移植はしないください。

管理場所・日当たり

日当りを好みますので、日光の当たる場所で管理します。高温多湿に弱いために梅雨か夏までに、消えてしまいます。

特徴・由来・伝承

クローバーの近種なので、葉っぱも茂り方も似ていますが、クローバーよりも茎をヒョロリと伸ばして真っ赤なかわいい花を咲かせます。
切花でも流通していて、水揚げすれば、切花としても長く楽しめます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

マメ科の仲間


マメ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用