クジャクサボテンの育て方

MENU
TOP>サボテン科>クジャクサボテン
スポンサードリンク

クジャクサボテン(孔雀サボテン・オーキッドカクタス)

クジャクサボテン
科名サボテン科
属名クジャクサボテン属
学名Epiphyllum
別名孔雀サボテン・オーキッドカクタス
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


クジャクサボテンは、サボテンという名前ですが、熱帯雨林の森に木や岩に着生して生きている植物です。平べったい葉っぱがニョキニョキと伸びていきますが、長くなると支柱が無いと立っていられないので、くくってやります。
そのため大きく成長しても場所は取りません。
独特の姿をしていて、人によっては「だらしない」感じを受けるかもしれませんが愛好家も多く、大きくて立派な花を咲かせるので達成感もあります。

水やりと肥料

春から秋に掛けては、土が乾いて居たら水をしっかりとやります。水をやりすぎると腐って枯れてしまいますので、土の状態をよく見て、濡れているのであれば水はやらないでください。
花やつぼみに水が掛かると花の寿命が縮まり、痛んでしまいますので、水は根本に注いで下さい。

冬の水やり5度以上の場合
冬は5度以下にならない環境で、日光が当たるのであれば、生育しますので、土が乾いて数日経ってから水をやります。生育するといっても春から秋の気温が高い時期に比べると水を吸い上げる力が弱いので、水を大量にやるすぐに根腐れします。

冬の水やり5度以下の場合
どうしても冬に5度以下になる場合は、水やりは一切しないでください。クジャクサボテンは5度以下になると休眠します。休眠中に水をやるとすぐに腐って枯れてしまいます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土
水はけの良い土を好みます。市販されているカニシャボテンの土やサボテンの土で植え付けします。自作する場合は赤玉土腐葉土堆肥2の割合で混ぜたものを使います。

苗の場合の植え替え
苗の土を崩さないで、植えつけをします。土を崩すと根に負担がかかって生育不良を起こします。植え替え時期は春です。

成長した株の場合
成長した株で、根が鉢に回って根詰まり前に植え替えする場合は、苗とはちょっと違います。植え替えは秋。9月か10月に行います。土は崩して、根を三分の一くらいに切り詰めます。切り詰めて根を更新した方が生育が良いからです。
●一般的には行灯仕立てにします。

管理場所・日当たり

半日陰の場所を好みます。
日当たりのいい場所では葉っぱが焼けて痛んでしまいます。クジャクサボテンは熱帯雨林の木の下などに生育するので、サボテンという名前ですが、直射日光に慣れていません。
スポンサードリンク

その他

放置しておくと、葉っぱが伸びていきますので、先っぽを切って、「これ以上伸びないよう」にします。切ると脇芽が出てきて、株が大きくなります。

葉っぱを土に挿していると、すぐに根が生えて下部を増やすことが出来ます。

雑記
●つぼみや花が突然枯れる。その原因はハッキリしない。日光・肥料・水。これらが「適度」でないといけないが、ハッキリしない。あまり気を掛けない方が精神的に健康。
●植物にとって開花はとてもエネルギーを使う。負担が掛かるために、無駄な花は咲かせたくない。そこで途中であきらめる。

特徴・由来・伝承

クジャクサボテンはクジャクサボテン属(エピフィルム属)全般を指していることが多いです。

クジャクサボテン属には月下美人(ゲッカビジン)が属しています。ゲッカビジンは一晩だけ花を咲かせることで有名ですが、クジャクサボテンとゲッカビジンは、性質が異なるので、育て方を分けることが多いです。単純に言うと、クジャクサボテンは昼咲き。ゲッカビジンは夜咲き。ドラゴンフルーツも仲間です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

サボテン科の仲間


サボテン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用