サンブリテニア・スカーレットの育て方

TOP > ゴマノハグサ科
サンブリテニア・スカーレットサンブリテニア・スカーレットの基礎データ
最終更新画像投稿
サンブリテニア・スカーレット
科名
ゴマノハグサ科
属名
ジャメスブリテニア属
学名
Jamesbrittenia hybrid
耐寒
0度〜3度
水やり
水を好む
場所
外の日なた
難易度
初心者向け
サンブリテニア・スカーレットの開花時期…植え付け・植え替え時期…肥料時期…剪定時期…月別スケジュールです。
スポンサーリンク

育て方:サンブリテニア・スカーレットってこんな植物です

サンブリテニア・スカーレット:育て方:サンブリテニア・スカーレットってこんな植物です参考画像
サンブリテニア・スカーレット:育て方:サンブリテニア・スカーレットってこんな植物です
サンブリテニア・スカーレットはゴマノハグサ科ジャメスブリテニア属の非耐寒性多年草のジャメスブリテニアの園芸品種。チェリーピンク、アプリコットディーバ、パープルディーバなどの色違い品種があったのですが、出荷終了しています。ジャメスブリテニアよりも耐暑性に優れていて、春に植えると、夏も暑さに負けずに咲き、晩秋まで花を楽しめます。寒さには弱いので、春〜秋の一年草と考えると栽培は簡単です。

摘芯をすることで、脇芽を増やし株を大きく出来ます。
サンブリテニアの商品画像
サンブリテニアの購入はこちら
Amazon
楽天市場
スポンサーリンク

水やり

葉に水をかけると折れる

節で枝が折れやすいので、水やりをするときには葉っぱや花にかけないようにします。水をかけるとポキポキ折れます。土に注ぐようにしましょう。

庭植えの水やり

庭植えにした場合は、自然に降る雨だけでほぼ大丈夫ですが、夏の乾燥時期など乾燥しているようであれば、水をしっかりとやります。

鉢植えの水やり

土が乾いていたら水をしっかりとやってください。鉢植えにした場合は、鉢の底から水が染み出すくらいにたっぷりと水をやります。受け皿の水は捨ててください。そのままにしていると水が腐って根腐れしてしまいます。

春と秋は毎日、夏は1日二回朝と夕方、しっかりと水をやります。

真昼に水をやると、水が沸騰して根を傷めてしまいます。できるだけ早朝に水をやり、夕方に水をやります。忘れる場合は自動水やり(タイマー+ホース)を検討しましょう。

冬は成長が鈍くなっていますので、水を控えます。土が乾いていたら三日ほどたってから水をやる程度に抑えます。水を控えることで寒さに強くなり、越冬しやすくなりますので、水やりは控えましょう。

肥料

生育時期に液体肥料を二週に一回程度やります。花がよく咲くので肥料が切れると開花が鈍くなる。花が少ないようならば肥料を増やしてみてください。
液体肥料の商品画像
液体肥料の購入はこちら
Amazon
楽天市場

植え付け・植えかえ

時期・頻度

春(5月〜6月)に苗を植えます。越冬した場合は、同時期に毎年か2年に一回、植え替えをします。春〜夏によく生育して根詰まりをしていたら9月に植え替えをしましょう。

用土

少し水はけのよい土で植えつけると良いです。市販されている土…花と野菜の土でも十分ですが、この土にパーライトを2割ほど混ぜて、水はけをよくして植え付けをします。

鉢植え

理想的には5号〜6号鉢に植えて、おおきくなったら10号鉢に植えるといいです。最初から8号〜10号鉢に植えてもいいです。

鉢の底の穴を鉢底ネット(鉢底網)で塞いで、その上に鉢底石(軽石)を2センチほど敷いて、その上に用土を入れて株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。

植え替えをするときは土を3分の1ほど落として植え替えをします。

管理場所・日当たり

春から秋までは、日当たりで管理します。日当たりを好みます。半日陰でも枯れることはありませんが、花つきが悪くなりますので、出来るだけ日当たりのいいところで管理して下さい。

越冬

基本的に一年草扱いですが、あまり流通していないので、もったいないなーと思うなら越冬させましょう。耐寒温度は0度〜3度で、越冬できなくもないです。

サンブリテニアは霜に当たると枯れてしまいますので、冬は室内の日当たり、3度以下にならない地域なら、軒下で管理します。室内で管理するときは、冷暖房の風が当たらないようにしましょう。

特徴・由来・伝承

サンブリテニア・スカーレット:特徴・由来・伝承
春に植えると、秋まで開花するサンブリテニア。直射日光・暑さに負けない頑健さと、その目に焼きつくような花色は、今後春から夏、秋に掛けてのガーデニング材として人気が出るかもしれません。

花から変な匂いがするという報告も。
ハーブのようなスッキリした香りに感じられます」というメールをいただきました。

サンブリテニアはジャメスブリテニアの新品種。2011年より市場流通。ジャメスブリテニアの新品種といわれても、ジャメスブリテリアってなんでしょう?? サマーバコパという名前で、流通していたのですが、花色が悪いことと、夏の暑さに弱いために、当時は人気が出なかったよう。
スポンサーリンク
記事が気に入ったら拡散をお願いします。
はてブ LINE

ゴマノハグサ科

スポンサーリンク