サンブリテニア・スカーレットの育て方

MENU
TOP>ゴマノハグサ科>サンブリテニア・スカーレット
スポンサードリンク

サンブリテニア・スカーレット

サンブリテニア・スカーレット
科名ゴマノハグサ科
属名ジャメスブリテニア属
学名Jamesbrittenia hybrid
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

春に植えると、夏も暑さに負けずに咲き、晩秋まで花を楽しめます。
まだあまり出回っていない植物なので、ここで書かれていることは推測も含まれます。
越冬も出来ますが、寒さに弱いので、一年草として割り切って春から秋を楽しむほうが精神衛生上もよさそうです。

摘芯をすることで、脇芽を増やし株を大きく出来ます。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をしっかりとやってください。鉢植えにした場合は、鉢の底から水が染み出すくらいにたっぷりと水をやります。
庭植えにした場合も、乾燥しているようであれば、水をしっかりとやります。

春と秋は毎日、夏は1日二回、しっかりと水をやります。庭植えでも鉢植えでも、水やりの頻度はこのくらいです。

冬は成長が鈍くなっていますので、水を控えます。土が乾いていたら三日ほどたってから水をやる程度に抑えます。水を控えることで耐寒温度が下がり、越冬しやすくなります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

少し水はけのよい土で植えつけると良いです。市販されている土…花と野菜の土でも十分ですが、この土に赤玉土を混ぜて、水はけをよくします。

管理場所・日当たり

春から秋までは、日当たりで管理します。
日当たりを好みます。半日陰でも枯れることはありませんが、花つきが悪くなりますので、出来るだけ日当たりのいいところで管理して下さい。

サンブリテニアは霜に当たると枯れてしまいますので、冬は室内や軒下で管理します。バコパに近い性質なのですが、バコパよりも寒さに弱いために、戸外での越冬は難しいです。

基本的に一年草扱いです。

特徴・由来・伝承

春に植えると、秋まで開花するサンブリテニア。直射日光・暑さに負けない頑健さと、その目に焼きつくような花色は、今後春から夏、秋に掛けてのガーデニング材として人気が出るかもしれません。

花から変な匂いがするという報告も。
ハーブのようなスッキリした香りに感じられます」というメールをいただきました。

ジャメスブリテニアの新品種。2011年より市場流通。ジャメスブリテニアの新品種といわれても、ジャメスブリテリアってなんでしょう?? サマーバコパという名前で、流通していたのですが、花色が悪いことと、夏の暑さに弱いために、人気が出なかったよう。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

ゴマノハグサ科の仲間


ゴマノハグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用