トウテイランの育て方

MENU
TOP>ゴマノハグサ科>トウテイラン
スポンサードリンク

トウテイラン(洞庭藍・ベロニカオルナータ)

nophoto
科名ゴマノハグサ科
学名Veronica ornata
別名洞庭藍・ベロニカオルナータ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

寒さに強い宿根草で優れた植物
秋に咲くベロニカ。耐寒性宿根草。葉っぱはシルバーリーフで、花との兼ね合いが美しいです。花だけでなくカラーリーフとしても優秀。冬は葉っぱが枯れますが、寒さにも暑さにも強い育てやすい植物です。草丈は50cm。
摘芯のすすめ
摘芯をしなくても花がしっかりと咲きますが、摘芯しないと草丈が大きくなり、台風の時に折れてしまいます。摘芯することで花数も増えるので、しておいて損はありません。摘芯は五月中にすると、花数が増えます。
問題点は流通しないこと
寒さに強くて毎年咲く、となると市場に流通しません。ネットショップで買ったほうが確実です。
毎年咲く花は花屋さんが売らない?
スポンサードリンク

水やりと肥料

乾燥に強い方
過湿に弱いというほどではないですが、乾燥には強い方ですから、水は控えめに。土が乾いてから水をやるという一般的な植物への水やりで十分です。
春と花の後に肥料
春と花後に緩効性肥料をやります。トウテイランは肥料を好むタイプです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

土は一般的な花と野菜の培養土です。庭植えにする場合は、土に堆肥を混ぜておくと生育が良いです。

管理場所・日当たり

日当たりを好み、寒さには強いので、日当たりの良いところに植えます。鉢植えの場合も日当たりで管理します。

自生地は
京都、兵庫、鳥取の各県の日本海側の海岸地帯と隠岐島。鳥取県の日本海側海岸と言うと相当寒い場所です。豪雪地帯ですし。

その他

アブラムシが発生します。オルトランを撒いておけば予防できます。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

花のトウテイランの「トウテイ」は中国の洞庭湖の湖面の色が由来。「ラン」とありますが、蘭ではなくゴマハグサ科――というかこの「ラン」は「藍」と書きます。「藍色(アイイロ)」というようにこの「ラン」は「青い」という意味合いです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ゴマノハグサ科の仲間


ゴマノハグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用