エゴノキの育て方

MENU
TOP>エゴノキ科>エゴノキ
スポンサードリンク

エゴノキ(チシャノキ・チサノキ・斉墩果)

エゴノキ
科名エゴノキ科
学名Styrax japonica
別名チシャノキ・チサノキ・斉墩果
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


剪定は枝の根元から切りましょう
自然な樹形を整えるには枝の途中から切るよりは付け根や枝分かれしているところから切りましょう。
秋に葉が色づき、初夏にきれいな白い花
観賞価値が高く、そのためシンボルツリー(記念樹)によく用いられます。花つきがよく、白い清楚な花が、初夏に枝いっぱいに咲きます。
広い植え場所が必要
横枝が広がり、高さも高くなる木のため(5m-7m)、広い植え場所に植えないといけません。
日当たりを好みます
半日陰でも十分育ちますが、日当たりの良い場所の方が花つきがよいです。水はけのよく、有機分を含んだ適湿な土に植えるのが良いでしょう。
耐寒性に優れ、育てやすい
環境が整っていれば問題なく育つ、寒さには抵抗があり、北海道南部でも生育可能です。日本に自生していることから特に手をかけなくても育ちます。
暑い時期の強い乾燥に弱い
枝先は日当たりを好みますが根元は夏の強い乾燥は苦手です。地植えの土に腐葉土などを混ぜこみ湿度を保ち、乾燥から守りましょう。なるべく根元には日があたらない場所に植えます。
若い木は特に水を好む
水を好み、庭木にした場合でも、木が若いときは他の庭木より水を好み、水が切れると落葉し枝先から枯れてきます。
まとめ
●土はやや湿り気のある土を好み、根元は強い日当たりと乾燥を嫌います。
●日当たりを好みます。半日陰でも育ちますが花つきが劣ります。
●剪定は枝分かれをしている場所、付け根から切り落とします。
●耐寒性に優れ、本州では問題なく越冬できます。
●大きく育つ木ですので広い場所に植えましょう。
● 水を好みますので水切れすると落葉します。注意しましょう。
スポンサードリンク

水やりと肥料


庭植えしても若木のうちは水やり
基本的に庭植えします。庭植えした場合は、若いうちは水を好み水が切れないようにしますが、十分育てば降雨だけで十分生育します。ただし日照りが続くようであれば水をやってください。
乾燥と夏の高温に注意
夏は高温になり、乾燥します。鉢植えや庭植えでも、植えて数年のうちは乾燥が続くと枯れこんできます。水をやってください。でも真夏は昼に水をやると水が沸騰して根を痛めてしまいます。夏の水やりは必ず朝と夕方にしてください。
鉢植えは乾燥しやすいの注意
鉢植えは土の量が限られていて乾燥しやすいですので生長期は要注意です。春から秋は土の表面が乾いていたらたっぷりと水を与えましょう。夏は特に乾燥に気をつけましょう。水切れさせてしまうと落葉します。
肥料について
肥料は花が終わった時期に緩効性肥料を、冬の間に有機質肥料を与えます。花の終わった時期にやるのは花で体力を失ったエゴノキが元気になるようにあげるものです。
スポンサードリンク

植え付け、挿し木、種まき、接ぎ木

植え付け、挿し木、種まき
詳しくはエゴノキの植え付け、挿し木、種まきについてをご覧ください。
接ぎ木 
エゴノキの接ぎ木は腹接ぎ、または切り接ぎが用いられます。挿し木よりも生育が良好になります。詳しくは接ぎ木の仕方をご覧ください。

管理場所・日当たり

株もとは乾燥しないように
日当たりを好みますが、半日陰の場所でも十分生育します。日が強く乾燥すると根を傷めてしまいますので、適しているのは半日陰です。半日陰で出来れば西日が当たらない建物の東側が好ましいです。
寒さに強いです
北海道で自生するほど寒さに強いです。防寒などは必要ありません。
エゴノキは耐寒性があり、北海道の南部より南の地域で植栽可能。
スポンサードリンク

その他


剪定について
エゴノキの剪定は落葉時期に行います。枝先をきるのではなくて、不要な枝の根元の枝分かれした部分や節からバッサリと切り落とします。
そのほうが伸びやかな樹形に成り、綺麗にまとまります。
虫こぶとは
菌や虫が卵を産んだことにより植物組織が異常な成長をおこすことで作られるこぶ。突起状態になったものが多いが、同時に色も変化あり、赤色のように葉や枝部分と全く違う色のものもあります。ぶつぶつ状になっているものもあります。
エゴノキによくみられる虫こぶ
枝先に緑白色をした虫こぶが付いた場合(緑の果実のように見えますが実ではありません。)は、エゴノネコアシアブラムシが中にいますのですぐ取り除き廃棄しましょう。
テッポウ虫
エゴノキはテッポウ虫に弱く、被害にあった幹は枯れてしまうので注意が必要です。幹に穴をみつけたらホームセンターなどでテッポウ虫用の殺虫剤を買ってきて穴の中に噴霧しましょう。それが終わったら噛んだガムで穴をふさぎましょう。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

10メートルにもなる樹。実を食べるとエグイことから「エゴノ木」と呼ばれるようになったと言われる。果実の皮にはエグみの原因、サポニンが含まれている。昔はエゴノキの実をつぶして川などに撒いて魚を麻痺させて、浮かんだ魚を取っていた、とも言われるが、実際にはそこまで強い毒ではないとも言われています。

木材は将棋の駒の材料にすることもある。

特徴が無い植物なので、一見して「エゴノキ」とはわかりづらい。白い花が咲き、香りが良いので庭に植えられることが多い。

鳥が種を運んできて、勝手に庭に生えることもあります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

エゴノキの関連記事

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用