ルビーネックレスの育て方

MENU
TOP>キク科>ルビーネックレス
スポンサードリンク

ルビーネックレス(紫月)

ルビーネックレス
科名キク科
属名オトンナ属
学名Othonna capensis
別名紫月
みずやり乾かし気味に
場所室内
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

乾燥に強い植物で、とにかく過湿に弱いです。かといって極端に乾燥させても株が弱って枯れてしまいますが、枯らせる原因のナンバーワンは確実に水のやりすぎ。葉っぱにシワが寄ってから水をやっても復活します。
秋に寒さに当たると紅葉
寒さに当たると赤…というよりは紫に紅葉します。

水やりと肥料

年間を通して乾燥気味に
年間を通して乾燥気味に管理します。多肉植物で乾燥に強いといってもサボテンとは違います。あくまで乾燥に強いだけで、水をやらなくていいわけではありません。
底の深い鉢に植わっているときは注意
土が乾いてから水をやります。土が濡れている間は水をやりません。ルビーネックレスもグリーンネックレスも釣り鉢の底の浅いものに植わっているのであれば、水やりは普通の植物と同じか、控え気味という感覚でいいのですが、ルビーネックレス・グリーンネックレスは垂れ下がる性質を生かすために、洒落た陶器の底の深い鉢に植わっていることが多いです。鉢の縁からネックレスが垂れ下がる感じですね。コレがマズイ。
それというのも土の表面が乾いていても、奥深くでは水がまだ蒸発しきっていないのです。
細長い鉢に植わっているときは、毎回鉢を持ち上げる
鉢の深いところに水が残っているのに、水をやっていると根腐れを起こしてしまいます。ですが確認のしようがない。そこで鉢を持ち上げて、どのくらいの重さか確認するようにします。それ水が入っているときの重さと、蒸発して水が無くなった重さを覚えるようにしてください。「あ、軽いな、水やろう」「重いからまだ大丈夫」と判断できるようになったら、失敗はほとんど無くなります。この感覚は他の植物(特に観葉植物や多肉)を育てるときに役に立ちます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

サボテンの土で植え替えを

管理場所・日当たり

春から秋は戸外での管理も
ルビーネックレスは年間を通して、室内で管理することも出来ます。戸外で直射日光に当てても大丈夫です。春に日光にあてて肥料をやっていると、ルビーネックレスがポコポコと増えます。ルビーネックレスは年間を通して、室内で管理することも出来ますが、生育が鈍くなりますし水遣りが微妙(タイミングが分かりづらい)になります。
真夏の直射日光は避ける
真夏の直射日光は避けるものの、春や秋は出来るだけ日光にあててください。
冬は室内に
耐寒温度は3度と意外と強いですが、室内に取り込んで管理しましょう。室内の日当たりで管理します。出窓は意外と夜中に氷点下になりますので、そのときは夜だけ出窓から離しましょう。
スポンサードリンク

その他

アブラムシが発生します。

特徴・由来・伝承

ルビーネックレスはキク科のセネシオ属。グリーンネックレスの仲間です。仲間というか、色違いのグリーンネックレスです。三日月型で赤というよりは赤紫の多肉植物です。花も咲きますが鑑賞されるのはもっぱら葉っぱ。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用