グリーンネックレスの育て方

MENU
TOP>キク科>グリーンネックレス
スポンサードリンク

グリーンネックレス(緑の鈴)

グリーンネックレス
科名キク科
属名セネキオ属
学名Senecio-rowleyanus
別名緑の鈴
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


グリーンネックレスは日が当たると、ドンドン成長しますが、直射日光が強いと葉っぱの色合いが褪せてきますので、窓辺などでやわらかい日に当てるようにしてください。

冬は室内で管理してください。耐寒温度は3度前後と観葉植物としては寒さに強い方です。日の当たる室内で越冬可能です。

フラワーアレンジメントの材料として自家栽培しようとチャレンジする人が多いのですが、見た目に反して意外と育てるのが難しいです。グリーンネックレスよりはまずはヘデラ・アイビー類から挑戦してみましょう。

水やりと肥料


水のやりすぎに注意
乾燥に強い反面、湿気に弱く、水をやり過ぎると腐ってしまいます。土が乾いてから水をたっぷりとあげてください。土が乾くまでは水をあげないようにしましょう。
雨ざらしにしないで
雨の当たる場所では管理しないようにしましょう。
特に梅雨や秋の長雨の時期には過湿状態になって、根腐れします。葉っぱが枯れたり、ツルが腐ったりしたら「根腐れ」を疑ってください。

風通しが悪いとかなり高確率で腐ります。
冬の水やり
冬は土が乾いてから数日たって水をやる程度に控えます。冬に水をやりすぎても根が腐ってきます。
縦長の鉢に植えている場合は注意
垂れ下がるグリーンネックレスの特徴を生かして、縦長の深い鉢に植えられていることが多いのですが、この深い鉢は土の表面が乾いていても鉢の中では水が残っていて、水をやると根腐れを起こしやすいです。
こういう場合は、鉢を持ち上げて中に水があるかないか、重さで判別できるようになりましょう。持ち上げてみて「あ、軽いな水やりしよう」とか「重いからまだまだだな」と判断します。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

根詰まりするので植え替えを
根詰まりを起こすと、グリーンネックレスの根元の方から葉っぱが落ちていきます。
そうなったら植え替えをしたほうがいいでしょう。
植え替えのときはツルが邪魔
植え替えをする場合は、長いつるを紐で縛ってから作業をしたほうが楽です。
用土水はけのよいものを
用土は水はけのよいものを使います。赤玉土腐葉土2川砂2を混ぜたものか、多肉植物の土かサボテンの土を使います。

管理場所・日当たり

春から秋は戸外でも
春と秋は直射日光が当たっても大丈夫あので、戸外でもOK。もしくは室内の明るいところで管理します。
真夏の直射日光に当たると葉っぱが傷みますので、カーテン越しのやわらかい日をあてます。もしくは夏だけは日陰で管理して下さい。
冬は室内で
意外と寒さには抵抗があり、3度程度までは耐えられます。もちろん霜が降りるような地域では戸外での越冬は出来ませんが室内の日当たりで管理すれば、越冬は可能です。問題は水やりです。

特徴・由来・伝承

丸いコロコロしたボール状の葉っぱが可愛らしくて、観葉植物としても、フラワーアレンジメントの材料としても人気のある植物です。赤いルビーネックレスもあります。

属名のセネキオはこの属の植物の果実に白やグレイの毛が生えていることから、ラテン語で老人を意味する「セネクス」から来ています。

色合いが鮮やかなので、勘違いしやすいですが、多肉植物と考えてください。葉っぱに水を貯めるようになっているために、乾燥に強い反面、水をやり過ぎると、湿気で腐ってしまいます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用