レウィシアの育て方

MENU
TOP>スベリヒユ科>レウィシア
スポンサードリンク

レウィシア(イワハナビ)

レウィシア
科名スベリヒユ科
属名レウィシア属
学名Lewisia-cotyledon
別名イワハナビ
みずやり乾かし気味に
場所日の当たる室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


レウィシアは高温多湿を嫌いますが、夏越しが出来ないというほどではありません。夏の間は風通しの良い日陰に移動させて、水やりを控えれば、毎年花を咲かせてくれる、植物です。
<冬>反面寒さには一定の耐性がありますので、暖地では軒下でも越冬しますが、5度以下になるようであれば、室内に取り込んで管理してください。

水やりと肥料


レウィシアの葉っぱを見てみると分かるように非常に肉厚で乾燥に強い性質ですが、多湿に弱い植物です。そこで年中通して水やりは乾かし気味に管理します。
土の表面が乾いて白く変色してから、水をたっぷりとあげてください。たびたび水をやると根が腐ってしまいます。また、葉や茎に水がかかると傷みやすいので、水をやるときは上からジャバーっと掛けないでください。土にそっと水を注いでください。その場合は口の長細いジョウロがあると便利です。

管理場所・日当たり

冬は5度以下になる場合は室内に移動させてください。レウィシアは寒さにある程度耐性があり、積雪にあっても枯れたりはしませんが、霜にあたると傷みます。冬になったら室内に取り込んだ方が無難です。

問題は冬よりは夏と梅雨です。梅雨の長雨に当たると傷むので雨の当たらない軒下に移動させてください。
高温多湿に弱いので、夏は風通しの良い日陰に移動させてください。それでも暖地では夏越しは難しいです。

特徴・由来・伝承

レウィシア(Lewisia)という名前は18世のアメリカ人探検家メリウェザー・ルイス(Lewis)から付けられたといわれています。
日本には昭和初期に持ち込まれました。
高山の岩場に生える植物なので、日本の高温多湿の夏に弱く、冬の管理よりも夏の暑さ対策がレウィシアを楽しむポイントになります。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

スベリヒユ科の仲間


スベリヒユ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用