ゴールデンクラッカーの育て方

MENU
TOP>キク科>ゴールデンクラッカー

ゴールデンクラッカー(ユリオプスゴールデンクラッカー)

ゴールデンクラッカー
科名キク科
属名ユリオプス属
学名Euryops-virgineus
別名ユリオプスゴールデンクラッカー
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


お店に流通するのが冬で、寒さに比較的強い植物です。生育温度は0度以上。霜や寒風に当たると枯れてしまいますが、暖地では地植えで越冬できます。寒冷地では室内に取り込まないといけません。

乾燥に強いタイプの植物なので、加湿に弱く、水をやり過ぎると根が腐って枯れてしまいます。特に日本の真夏の湿度に枯れやすいので、この時期は特に水を控えてください。また真夏の直射日光はゴールデンクラッカーにはツライので、明るい日陰に移動させてください。

育て方はユリオプスデージーに準じますので参考にしてください。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いたら、水をたっぷりと与えてください。土が乾いていないうちから水をやっていると、根腐れが起きて枯れてしまいます。乾燥に強いので、他の植物よりも水は控えめにしてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい土を好みます。市販されている花と野菜の土か赤玉土腐葉土4を混ぜたもので植え付けします。

管理場所・日当たり

日当たりの良い場所で管理します。春と秋は戸外の日当たり管理します。真夏は直射日光と暑さで株が弱るので半日陰で管理します。

冬は霜が降りない地域ならばそのまま戸外で越冬できます。0度以下にならなければ霜が降りる地域では軒下で越冬可能です。寒冷地ならば、室内で越冬させます。

特徴・由来・伝承

小さな黄色い花がはじけるように咲くユリオプス属の植物。ガーデニングで人気のユリオプスデージーとは近縁関係に当たります。ユリオプスデージーが地域にも寄りますが越冬可能であるように、ゴールデンクラッカーも暖地では地植えで越冬可能な植物です。
ちなみに、自生地域では4メートル前後の樹に育つそうです。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用