ガジュマルの育て方

MENU
TOP>クワ科>ガジュマル
スポンサードリンク

ガジュマル(ガジュマロ)

ガジュマル
科名クワ科
属名イチジク属
学名F.microcarpa
別名ガジュマロ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


葉水をやってください
湿度の高い熱帯地域の植物で、水が切れると枯れます。といっても年間を通して、根がジメジメしていると根が腐ってしまいます。そこで土への水やりは通常の植物同様に土が乾いたらやる程度にして、葉っぱに霧吹きで水をかけてやってください。特に春から秋の生育期に葉水をするとよく成長します。
●環境や鉢の土の量にもよって違ってきます。
●夏は生育するために水を吸い上げる力が強く、また、気温が高いので蒸発のしやすいので、水切れも起こりやすいです。ただそれは戸外での管理の場合で、室内で管理していると、根腐れを起こすことがありますから注意。

枯れる要因第一位は……
枯れる理由の一位は土への水のやりすぎと葉水をしなかったこと。ようは水の管理です。水をやりすぎてもいけんませんし、乾燥しすぎても落葉してしまいます。次点が日光不足と霜に当たったこと。
観葉植物として人気!
観葉植物として非常に人気のあるガジュマルは、成長のスピードもほどほどで、切り戻しをして樹形を整えるのも難しくないので管理も楽です。
まとめ
●土への水やりは普通にして、霧吹きで葉水をやるのが良い。
●乾燥にも注意。
●霜に当たるとかれるので冬は室内で管理。
●春になって戸外に出す場合、いきなり日光に当てるのではなく、徐々に慣らす。
●育てるのは難しくない。

スポンサードリンク

水やりと肥料


水やりの基本は土が乾いたら、たっぷりとやります。土が濡れているならば水はやらないようにします。
●ガジュマル全体から緑の葉っぱが落ちていたら、根腐れを疑う。水やりを控えて乾燥気味に管理してください。
●下葉から黄色くなって落ちるのは生理現象。もしくは根詰まり

空気中の湿度が高い環境を好みます
ガジュマルは湿気のある環境を好みます。空中の湿度は高い方がいいですが、土がずっと濡れていると根腐れを起こします。
そこで、年間を通して「葉水」が必要です。葉水は葉っぱに水を掛けて湿度を保つことです。霧吹きで葉っぱにも水を掛けてやります。夏でも土に水をやりすぎると根腐れしますので、葉水で水分を補給します。
●戸外で管理しているならば、上からシャワーでジャバジャバかけてもいいです。

冬の水やりに注意
冬は成長が止まっていて、水を吸い上げる力が落ちています。冬はジャブジャブとやると根が腐りますので、土が乾くまでは水をやらないでください。冬は水を控えましょう。土への水やりは控えますが冬も葉に霧吹きで水を掛けてやります。

春になるとガジュマルの成長が早まり、気温が高くなって蒸発も早いので、水が不足しがちになります。水切れが起きてくると、葉っぱが下のほうから変色して枯れてしまいますので、目安にしてください。
夏の水やりの注意
夏は気温が高くなり蒸発が早まりますので、土の状態を見て朝と夕方の二回、水をやってください。特に、ガジュマルの鉢は底が浅いものが多いので、そういうものはしっかりと水をやってください。

秋以降は水やりを少なくしていってください。気温が下がると成長が鈍り、水の吸い上げる力も落ちてきます。秋になったら、霜が降りる前に室内へ取り込んでください。
肥料は無くても
春~夏にかけて、ゆっくりと効く置き肥か、薄い液肥をあげてください。あげないからといって枯れることは無いですし、場合によっては肥料で成長しすぎて邪魔になることもありますので、適宜対応してください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


鉢底から根がはみ出しているならば、植え替えを検討してください。適期は6月前後。植え替え2、3年に一回をめどに行います。放置していると、根詰まりを起こして下葉から黄色くなって枯れてきます。
●植え替えるときに葉っぱを三分の一ほどさばきます。
●幹を太くする場合は幹を深く土に植えて、しっかりと太くなってから掘り出してお好みの植え方をする。これでダイソーの小さな100円ガジュマルをぶっとく育てることができる。


用土
市販されている観葉植物の土で植え替えをします。もしくは赤玉土腐葉土3を混ぜたものを使います。
水はけ重視の配合…赤玉土8腐葉土1川砂1
スポンサードリンク

管理場所・日当たり


ガジュマルは日光を好む植物
日光に当てればスクスク育ちます。だから出来るだけ日光に当てるべきです。ただ、冬に室内で管理していて、いきなり春の直射日光に当てると葉焼けするので、最初は戸外の日陰→半日陰→日当たりと二週間間隔で移動させてください。

春~秋にかけては日当たりか半日陰
夏は直射日光で葉っぱが傷むようであれば、半日陰に移動させてください。半日陰とは一日のうち3時間程度しか日が当たらない場所のことです。ある程度、日が当たるのであれば室内でもOK。

冬は室内の日当たりで管理します
生育温度は5度、霜に当たると枯れてしまいます。霜が降りるまえに室内取り込んでください。窓辺などの日の当たる場所に置きますが、窓辺は地域や場所によっては夜になると非常に冷えることがあります。そのときは室内の暖かい場所に移動させてください。また乾燥に弱いので、暖房の風が当たらないようにしてください。
落葉しても諦めない
ガジュマルが寒さに当たって落葉しても、春になって新芽が出ることもありますので、諦めずに管理して置きましょう。
スポンサードリンク

その他

病気になることもほとんどない。カイガラムシがたまに発生します。ハダニも発生する。ハダニは葉水をすることで予防できる。ガジュマルは葉水が必須なので普通に育てている限りはハダニはほぼ見られない。
剪定
どこを刈り込んでも芽が出るので気にしないでも。邪魔なら剪定する程度にします。作業は5月・6月あたりの新芽がよく出る時期に。
雑記
●幹を太くしたい場合は、幹を土に埋める(ガジュマルは木の部分から栄養を据えるため)。そして太くなったら土から出す。
●湿度の高い環境にすると気根がたくさん出て来る。
●葉っぱをティッシュや布で拭く。ゴミが付いていると光合成が鈍くなり生育が悪くなる。

スポンサードリンク

特徴・由来・伝承


ガジュマルの女性的なモコモコした幹…あれは気根という根が変化したものです。
ガジュマルの実が鳥やコウモリのエサになり、未消化の種子が糞に混じって落下、繁殖範囲を広げます。地面に落ちればそこで普通に根を張りますが、低木や岩の上に落ちた場合は、そこで発芽し、気根を伸ばします。その後、土台となった木に絡みつき、締めつけて、ついにはその木を枯らしてしまうために、「絞め殺しの木」とも呼ばれます。

●沖縄ではガジュマルにはキジムナーという妖精の一種が住んでいるという伝承があります。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ガジュマルの関連記事

ガジュマルの日記

クワ科の仲間


クワ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用