フィカス・シャングリラの育て方…枯れる原因は?根腐れはなぜ起きる?

TOP > クワ科 > ガジュマル最終更新画像投稿

フィカス・シャングリラの基礎データ

フィカス・シャングリラ
科名
クワ科
属名
フィカス属
学名
Ficus vaccinioides 'Shangri-la'
別名
テリハイヌビワ、フィカス・バッキノイデス、ツル性ガジュマル
耐寒
5度
水やり
水を好む
場所
冬は室内 夏は外
難易度
初心者向け
フィカス・シャングリラの植え付け・植え替え時期…肥料時期…月別スケジュールです。

フィカス・シャングリラの特徴は?

フィカス・シャングリラはクワ科フィカス属のテリハイヌビワの品種名か、もしくは流通名(商品名)。ツル性ガジュマルとも呼ばれ、ガジュマルと質感は似ているんですが、葉っぱは小さく、ツル性。室内インテリアに邪魔にならない大きさです。頑健で、育てやすい初心者向きです。寄せ植えにも他の植物を邪魔せず利用しやすいです。

生産数は少ないので、あんまりホームセンターには出回っていないです。もしも見かけたら買った方がいいかなと思います。

石垣島などで生産しているくらいだから寒さには弱いので、春〜秋は戸外か室内の日当たり、冬は室内管理が無難です。

株が充実すると花が咲きます。花といっても5mmくらいのイチジクの実でこの内部に花が咲いているのですが、見た目には全然わからないですし、滅多に開花することはないです。

ツル性なので鉢のフチから少し垂れ下がらせるとかっこいいです。

シャングリラが枯れる原因は?

フィカス・シャングリラは強い植物なんですが、当然枯れることもあります。

一番ありそうなのは、寒さ。0度〜5度くらいの寒さに当たってしまうと枯れてしまいます。戸外管理していて、秋に取り込み忘れてしまった…ってパターンですね。

次は水のやりすぎによる根腐れ。水をやりすぎて腐って枯れていくんです。根腐れすると葉っぱが枯れ込み、落葉してしまいます。水のやりすぎなんで水やりをストップして様子を見ましょう。

次は水切れ。水切れすると葉っぱがシナっとなったり、葉先から枯れてきます。

この中で一番の問題は根腐れです。根腐れの直接の原因は水のやりすぎなんですが、これは別の要因も大きく関わってきます。気温が下がって、生育が止まっているのに水やりの量が減らないと根腐れします。日光不足になって生育が鈍くても同様に根腐れします。植え付けの土が劣化して泥になって水もちがよくなっても根腐れします。根腐れはその要因がわかりにくいのです。よく観察し、それぞれの問題に対処しましょう。

枯れには至らないものは、葉焼け根詰まり、病害虫などがありますが、その対処法については以下の項目の中で触れているので参考にしてください。

水やりは適度に

鉢植えの場合、鉢の土が乾いたら水をやります。水やりをするときは鉢底の水が抜ける穴から水が出るくらいにしっかりとやりましょう。

受け皿の水は高温時期は放置していても、蒸発の方が早いですが、春や秋は根腐れの原因となるので受け皿の水は捨てるようにしましょう。

冬は寒さで活動が止まっていて、吸い上げる勢いはほとんどないですし、蒸発は鈍いですので水やりは控えます。土がカラカラになってから、水をやるようにします。水やりチェッカーで判断すると失敗が減りますよ。

肥料

春から秋の気温が20度以上になる時期に液体肥料を2週に一回やると、よく生育します。あんまり伸びても困るなら肥料を調節するか、剪定して調節しましょう。

植え替え・植え付け

時期…根詰まりする前に植え替えを

根詰まりする前に植え替えをしましょう。根詰まりすると葉っぱが黄色くなったり、やたらと水切れしやすくなったり、新芽が出ないか出ても変形しているとか、いろいろと不具合が出るので、二年に一回は植え替えをします。生育が良いなら、もっと早いかもしれません。

春から秋の気温が20度以上の時期に、植え付け・植え替えをしましょう。真夏はあまりの高温で調子を崩すことがあるので避けるといいです。

用土は観葉の土がいいです

戸外で管理する場合は、一般的な花と野菜の培養土で植え付けます。室内インテリアで管理するなら、匂いのない観葉植物の土で植え付けましょう。またはベラポンだけでもいいです。

phは極端な酸性じゃなければ問題ないです。

植え替えの手順は?

ツルなので鉢のフチから垂れさせるといいです。ハンギングでもいいです。

現在の鉢から株を取り出し、古い土を3分の1ほど落とします。もしも根が変色しているなら、変色した根は落とします。植え替えの際に、根の負担を減らすために、ツルを少し…全体の三分の1か半分を剪定して減らしておくといいですが、しなくても調子を崩すほどじゃないです。

鉢植えの底の穴を鉢底ネット(鉢底網)で塞いで、その上に鉢底石(軽石)を2cm〜3cm入れて、その上に用土を入れて、株を入れて、隙間に用土を入れて、最後に水をしっかりとやります。

管理場所…日光不足に注意

春から秋は戸外か室内の日当たり。夏の暑さには強いのですが、戸外の日当たりだと水切れし、水切れすると葉焼けするので、夏は戸外の日当たりは避けた方がいいです。木陰か室内で遮光した日光に当てるようにします。

耐寒温度は5度。冬は室内で管理します。冬は変化がないですが、できるだけ窓辺で日光に当ててください。窓辺は寒波が来ると0度くらいになるので、そのときは窓から離してください。

あと、冷暖房の風が直撃すると調子を崩すので、直撃は避けてください。

剪定・切り戻し

邪魔になる程伸びたら適当に切ってください。剪定時期はいつでもいいです。植え替えのときに剪定するとそれで済むかな。

病害虫

アブラムシハダニカイガラムシなどが発生することがあります。
スポンサーリンク
記事が気に入ったら拡散をお願いします。
はてブ LINE

フィカス・シャングリラのカテゴリ・タグ

鉢植え観葉植物育てやすいツル性ガジュマル

クワ科

関連する花BBSの投稿

関連するユーザーの記事

スポンサーリンク