ヒペリカムの育て方

MENU
TOP>オトギリソウ科>ヒペリカム
スポンサードリンク

ヒペリカム

ヒペリカム
科名オトギリソウ科
属名オトギリソウ属
学名Hypericum
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


暑さに強いのですが、真夏の直射日光には弱いために、この時期に木陰になる場所に植えるか、半日陰の場所に移動させてください。強い直射日光に当たると葉焼けして変色してしまいます。

寒さには一定の耐性があります。暖地では常緑で越冬。寒地では落葉して越冬します。あまりに寒く土地が凍るほどの地域では室内に取り込んでください。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をしっかりとあげてください。ヒペリカムは頑健なので、環境さえ合っていれば、これといったことをしていなくても、大丈夫です。

肥料は基本的に必要ありません。生育期に液肥を少しあげれば育ちがよくなります。

管理場所・日当たり

日光を好みますが、強い西日に当たって乾燥すると傷みやすいこと、真夏の直射日光に弱く真夏は半日陰に移動させる必要があること、多少の日陰ならば問題なく育つことから、半日陰で管理することが多いです。

冬はマイナス5度前後まで耐えられるので、関東以西では戸外で越冬可能。しかも常緑で冬を越します。
スポンサードリンク

その他

フラワーアレンジに使われているものを土にさしているだけで、伸びてくるくらい頑健。花も咲きますし、実も観賞価値があります。

特徴・由来・伝承

よくフラワーアレンジメントで使われるので見かけることがあると思います。黄色い花を咲かせ、その後、赤くて小さな実をつけます。雰囲気が「秋」っぽいですが、春~秋の長期間楽しめます。

比較的耐陰性があって、日当りが悪くても枯れることはありません。ただし花付き・実付きが悪くなります。しかし強い直射日光を浴びると傷むことを思うと、庭植えの場合は最初から半日陰が好ましいです。

ヒペリカムは発芽率が高く、アレンジメントについてきた実を撒いておくと意外と芽をはやしてくれます。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

オトギリソウ科の仲間


オトギリソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用