セイロンライティアの育て方

MENU
TOP>キョウチクトウ科>セイロンライティア
スポンサードリンク

セイロンライティア

セイロンライティア
科名キョウチクトウ科
学名Wrightia antidysenterica
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


乾燥に弱いので、水やりに気をつけてください。
真夏は半日陰
鉢植えで管理することが多いですが、最近は庭植えが増えてきました。日光を好むのですが、半日陰でも花を付けてくれます。真夏の直射日光には弱いので、半日陰に移動させてください。

水やりと肥料


乾燥が苦手です。
日当たりのいい場所で管理していると、乾燥しますので水やりに気をつけてください。高温多湿の熱帯地域原産なので、湿気と高温には耐えられます。
土の表面が乾いていたら水をしっかりとやってください。

肥料は生育時期に液肥を一ヶ月に二回か三回あげます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている土で植え付けします。肥沃で水もちの良い土がこのましいです。

管理場所・日当たり

理想としては、春は戸外の日当たり、夏は戸外の半日陰、秋は戸外の日当たり、冬は室内。
暑さには強いですが直射日光に弱く、真夏は半日陰か明るい日陰に移動させて下さい。もしくは半日陰でもそこそこ花が咲きますので、春から秋の間は半日陰で管理することも可。

冬は10度までしか耐えられません。室内の人が生活するような場所が大体10度です。

特徴・由来・伝承

純白、という言葉がピッタリと来るような涼しげな新しいタイプの園芸品種です。スリランカ原産。
越冬させることも出来ますが、初心者には難しいために、春に植えて秋口まで楽しむ一年草ガーデニング品種と考えたほうが無難です。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

キョウチクトウ科の仲間


キョウチクトウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用