アデニウムの育て方

MENU
TOP>キョウチクトウ科>アデニウム
スポンサードリンク

アデニウム(サバクノバラ・砂漠のバラ)

アデニウム
科名キョウチクトウ科
属名アデニウム属
学名Adenium
別名サバクノバラ・砂漠のバラ
みずやり乾かし気味に
場所冬は室内 夏は外
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

雨と寒さに弱いので、冬は室内に置き、春~夏も外の日当たりに置くのですが、雨に当たらない軒下に置いてください。乾燥地帯の植物は乾燥には強いですが、水が多いと細菌が増えて腐ってしまいます。
しかしその代わり、気温さえあれば、周年咲き続ける植物で、小さく植えて管理すれば室内のかわいい装飾にもなります。
まとめ
●花もすてきですが、樹形が可愛く、観葉植物として鑑賞する。
●水のやりすぎに注意。
●日当たりの良いところで管理。
●寒さに弱い。5度以下で枯れる。霜に当たると枯れる。

水やりと肥料

水のやりすぎ注意
水を内部に溜め込む性質があって、乾燥に強い反面、過湿に弱くて、水をやりすぎると腐って枯れてしまいます。アデニウムが枯れる原因の多くが水のやりすぎです。
<春~秋>5月~8月の温かい時期は生育期なので水を欲しがります。土が乾いていたら、水をやってください。でも水のやりすぎには注意。初心者は特に水のやりすぎに注意してください。乾燥地帯の植物なので水が多いと腐ってしまいます。
<冬>秋以降は徐々に水やりを減らし、冬(12月~2月)になると、水は一切やらないでください。冬は気温が下がるとともに水を吸い上げる力が無くなってきて、水をやっても吸い上げられず、そのまま腐ってしまいます。とにかく気温が下がったら水を控えることです。温かくなってきたら徐々に水をやってください。

肥料
生育期間に緩効性の固形肥料を一ヶ月に一回やるか、薄い液肥を2週間に一回やります。アデニウムは肥料をあまり必要としませんから、忘れても問題ありません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


サボテン用の土で植え付けをします。植え替えの適期は春から夏まで。自作する場合は赤玉土腐葉土1パーライト3という組み合わせか、赤玉土3鹿沼土3腐葉土4の組み合わせを混ぜて作ります。
●腐葉土は匂いがするので、室内のリビングなど人が生活する場所で育てる場合は、サボテン用の土で植えたほうが匂いが少なくて済みます。

根が張り鉢が窮屈になってくると、水を吸い上げにくくなりますので、一回り大きな鉢に植え替えます。
植え替えのポイント
●生育期…5月~8月に一週間ほど水やりを止め、乾かしてから、鉢から抜きます。
●傷んだ根を切り落とします。切り口から雑菌が入るので、そのまま日向で2、3日、乾かしてから、植え替えます。
●とにかく雑菌に弱いので、切り口が濡れているうちは植え替えしない方がいいです。
●1年か2年に一回植え替えをします。

管理場所・日当たり

寒さに弱い
砂漠の植物ですから、暑さには強いのですが、寒さに弱く、5度以下で枯れてしまいます。霜に当たると枯れるので、暖地以外では冬は室内に入れてください。
<春~秋>日向の雨の当たらないところ。雨が当たっていると、根が腐ってしまいます。室内の日当たりでもいいです。
<冬>寒さに弱いので冬は室内で管理します。温かくて日当たりがいい場所で管理してください。8度以下になると落葉します。落葉しただけでは枯れません。そのまま管理してください。窓辺が適していますが、出窓などは深夜に氷点下になることがありますので、寒い夜は室内の奥へと移動させてください。
スポンサードリンク

その他

カイガラムシアブラムシ・ダニが発生します。
剪定
7月に剪定します。バランスが悪い場合は太いところも切ります。

特徴・由来・伝承

砂漠ノバラと呼ばれる熱帯アフリカの多肉植物で、鮮やかで可愛い花を咲かせます。木の根元がとっくりのような……愛嬌のある形をしています。

●ネットでアデニウムと調べると、マンションの名前に多いのは何故でしょうか……
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

キョウチクトウ科の仲間


キョウチクトウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用