サンパラソルの育て方

MENU
使い方
TOP>キョウチクトウ科>サンパラソル
スポンサードリンク

サンパラソル

サンパラソル
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名キョウチクトウ科
属名マンデビラ属
学名Mandevilla
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
マンデビラ(デプラデニア)の園芸品種。育て方はそちらも参考に。開花期は種類によって違います。初夏から秋口まで長く花を咲かせます。
寒さに弱いので越冬させたいのであれば鉢植えにします。サンパラソルは春から秋に掛けて楽しんだ後は消えるものと考えた方が気が楽です。
まとめ
●育てやすい。冬越しを考えなければ初心者向け。
●夏の暑さに強い。
水やりは花にかからないようにすると花が長持ちする。
●一般的には春から秋に育てる一年草扱い。冬越しも可能。
●花がよく咲くので春から秋にかけて肥料をやる。

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
土の表面が乾いていたら水をあげます。水をやり過ぎると根腐れを起こします。冬越しをして何年か育てていると、根が太くなって乾燥に強くなります。

一つの花の寿命が一週間と長いです。花に水が掛かると花がしぼみやすいです。それはもったいないので、水をやるときは花に水が掛からないように、根本に注ぐように水をやってください。

冬は水を控えます。土が乾いていてから数日たって水をやります。水やりを控えることで寒さにも強くなります。
肥料
新芽が出始めたら液肥をあげます。その後も花が咲いている期間は液肥を一週間に1回与えてください。肥料が切れると開花が止まります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
水はけにいい土を好みますので、赤玉土小粒7に腐葉土3を混ぜた土が向いています。市販されている土では若干水はけが悪いので、バーミキュライトなどを混ぜて水はけをよくしましょう。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
直射日光にも強いので、半日陰か一日中日光が当たる場所で管理します。ただし、強い西日があたると傷みますので、西日の当たる場所は避けます。

花が終わったら長すぎるツルを切戻してサッパリさせて冬支度をします。<s>冬は最低でも10度必要です。</s>5度で越冬します。室温が15度あり、日当りがあれば冬であっても花を咲かせます。サンパラソルは冬越しするとより大きく育ち、木質化します。
<春>戸外の日当たりで管理します。寒の戻りで枯れることがありますので、十分温かくなってからにしましょう。
<夏>直射日光・暑さにも負けないので、戸外の日当たりで管理します。
<秋>戸外の日当たりで管理します。冬越しに挑戦するのであれば最低気温が10度以下になる前に室内に取り込みます。
<冬>室内の日当たりで管理します。5度以下にならないようにします。リビングなどのような人が生活する場所で管理することになります。暖房の風が当たらないようにして下さい。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
サンパラソルはサントリーが開発したマンデビラの園芸品種です。育て方はサンパラソルではなくて「マンデビラ」もしくは「デプラデニア」で検索した方が詳細なページに行き当たるかと思います。
インパチェンスにしてもサフィニアの新品種にしても最近のトレンドは「真夏の直射日光に耐える」という点のようです。それだけ真夏の暑さがスゴイってことでしょうね。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

キョウチクトウ科の仲間


キョウチクトウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用