マンデビラ(デプラデニア)の育て方

TOP >キョウチクトウ科>>管理

マンデビラ(デプラデニア)

マンデビラ
科名キョウチクトウ科
属名マンデビラ属
学名Mandevilla
別名デプラデニア
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

マンデビラの育て方

マンデビラの育て方
文章の修正マンデビラよりもデプラデニア(ディプラデニア)という名前の方がよく流通しているかもしれません。サントリーの品種「サンパラソル」が有名です。

秋になり温度が下がってくると、葉っぱが落ちてきます。葉っぱが落ちたら地表30センチほどに切戻して室内に取り込んで管理してください。
スポンサーリンク

水やり

水やり
文章の修正過湿に注意
乾燥に比較的強いのですが、過湿に弱いので、水のやり過ぎに注意してください。水のやり過ぎによる根ぐされが、枯れる一番の要因です。
土が乾いて白く変色してから水をやってください。土が濡れているうちは水をやらないで下さい。
●デプラデニアは葉っぱからの蒸散が多い。そこで土への水やりを減らして霧吹きで葉水をするという手もある。普通は夏以外は葉水をやらない。

夏は水切れに注意
本来は乾燥気味を好み、水をやりすぎると根が腐ってしまうのですが、夏になると高温と生育旺盛なのと鉢が小さいのもあって、水切れが置きやすくなります。一回水切れを起こすと花が止まります。夏も葉水として葉っぱにも水を掛けることで乾燥を防げます。
冬は水を控えて
冬は水遣りを控えてください。冬もツタが成長しますが、水をやりすぎると腐ってしまいます。乾燥気味に管理します。土が乾いてから数日たって水をやるという感じです。一ヶ月に一回とかその程度です。
春から秋は肥料
植え付け後は週に一回程度、液体肥料をあげてください。もしくは緩効性肥料を一ヶ月に一回。春から秋に掛けてよく開花させるには肥料は必要です。培養土に含まれる肥料では途中で切れてしまい、枯れないまでも開花が止まります。
●葉っぱに黒い点が見られたら肥料不足を疑う
●夏に肥料切れを起こすと花が止まるばかりか、株が弱ってしまい、冬越しが出来なくなる。
●長期間開花するので肥料は必須。

肥料

文章の修正窒素分の多い肥料を好みます
普通の植物は窒素が多いと葉っぱばかりで花が咲かない状態(ツルボケなど)になるのですが、マンデビラ(デプラデニア)は窒素を好みますので、窒素の多い肥料をやってください。液肥の説明書きに成分の割合が書いてあるのでチェックしましょう。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正用土
水はけにいい土を好みます。赤玉土小粒7に腐葉土3を混ぜた土が向いています。市販されている土では若干水はけが悪いので、バーミキュライトなどを混ぜて水はけをよくしましょう。
●植え替えると根が鉢に回るまではツタが生育しない。ツタの生育が遅いのは品種もあるが根の状態もある。
●庭植えにした場合、株が大きくなると水やりはほぼ不要。

鉢植えの植え替え
春に植え替えをします。鉢底から根が出ていたら植え替えは必須。できれば毎年植え替えをします。古い鉢から株を取り出し、一回り大きな鉢に植え替えします。植え替えるときに三分の一ほど古い土を落とします。もう大きな鉢に植え替えるのがツライ場合は、同じ大きさの鉢に植え替えします。

新しい鉢の鉢底に網を敷いて、その上に軽石を2センチから3センチ敷いて、その上に用土を入れ、株を入れて隙間に用土を入れて行き、最後に水をやって完成です。
●極端に大きな鉢に植え替えすると、冬に土に水が残ってねくされしやすいので、前のより1号か2号ほど大きな鉢で。

管理場所・日当たり

文章の修正日光を好みます
日光を好みます。日当りが悪いと花が咲かなかったり、葉っぱが黄色く変色してしまいます。半日陰でも育たないこともないですが、日当たりが好ましいです。
●半日以上日が当たらないと花が咲かないとも。

春から秋の管理場所
春から秋は戸外の日当たり。冬は寒さに弱いので室内の日当たりで管理します。耐寒温度は8度と暖地でも戸外での越冬は無理。
越冬には温室が必要
温室があれば良いですが、そんなものは一般家庭にはないので、ビニールで囲って加温・過湿します。簡易ビニールハウスというものです。ですがここまでしても冬の間にコナジラミが発生するなど手間が掛かりますから、翌年鉢植えを購入するのが懸命です。
●冬の間にもツタは生長しますが、このツタは春になったら枯れてしまいます。花が咲くのは春以降に伸びたツタです。
●越冬させるときは、土中に肥料が残っていないほうが好ましい。秋(九月以降)に液肥をストップさせます。

摘芯をしましょう

摘芯をしましょう
文章の修正摘芯で脇芽が伸びてくる
他の植物同様に摘芯することで脇芽を増やし、花を増やすことが出来ます。摘芯しても肥料や日光が少ないと思うように効果が出ません。

その他

文章の修正アブラムシがつきます。アブラムシは新芽につくので、見つけ次第捕殺し、薬剤を散布。新芽の汁を吸われるとツルが伸びず、花が咲かなくなる。

品種サンパラソル・サマードレス・ローズジャイアント・ルビースター・クリムゾンキング・ピンクパフェ・ホワイトパフェ
●赤い品種は生育が遅く、寒さに強い。
●品種によってはツルが伸びない。サマードレスはツルが伸びにくいとか。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
文章の修正以前はデプラデニアの名前で流通していたので、そちらの方がなじみがあるかもしれません。中央アメリカ~アルゼンチンが原産のツル性植物で、春~秋にかけて長い間、花を咲かせる植物です。
マンデビラって名前が可愛くないですよね。
スポンサードリンク

記事の紹介

同じ科の植物

フリンジビンカ
キョウチクトウ科
サンビーナス
キョウチクトウ科
キョウチクトウ
キョウチクトウ科
ヒメツルニチニチソウ
キョウチクトウ科
斑入りスタージャスミン
キョウチクトウ科 テイカカズラ

人気記事

クリスマスローズの古葉取り
クリスマスローズの管理
ジュズサンゴ
ヤマゴボウ科
紫式部
クマツヅラ科
9月のラベンダーの栽培
ラベンダーの管理
ユーフォルビア・パイナップルコーン
トウダイグサ科

10月に開花する植物

コリウス・レッドヘッド
シソ科 コリウス
パンドレア
ノウゼンカズラ科
マネッチア
アカネ科
ゼラニウム
フウロソウ科
アズレアセージ
シソ科

10月に植え付け・植え替えする植物

クモマグサ
ユキノシタ科
ストケシア
キク科
ルピナス
マメ科
ハマナス
バラ科
デージー
キク科
スポンサーリンク