ルドベキア・タカオの育て方

MENU
TOP>キク科>ルドベキア・タカオ
スポンサードリンク

ルドベキア・タカオ(ブラックアイドスーザン・ルドベッキア・トリロバ・オオミツバハンゴンソウ)

ルドベキア・タカオ
科名キク科
属名ルドベキア属
学名Rudbeckia triloba
別名ブラックアイドスーザン・ルドベッキア・トリロバ・オオミツバハンゴンソウ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


種を撒くのは3月前後ですが、苗で出回るのは5月以降くらい。ルドベキア・タカオは宿根草で、冬を越せれば毎年咲いてくれます。ただし株の寿命が短いとされています。ですが、こぼれダネで毎年新しい株が出来るので全く気にならない。つまり、一度植えると環境が合っていれば毎年開花する。
●霜よけをすれば株の越冬も可能ですが、株の寿命が短く、こぼれダネで翌年の春になればまた芽吹くので、防寒せずに放置しておくのも手です。
●軒下になっていたり、霜が降りない地域ではルドベキアはそのまま越冬することも。

水やりと肥料


直射日光・乾燥には強いのですが、多湿に弱い面があり、水をやり過ぎると湿気て腐り枯れてしまうことがありますので、春~初夏までは水のやり過ぎに注意してください。真夏になると、今度は水の蒸発が激しくて水切れということもありますので、朝と夕方の二回、しっかりと水をやってください。
●真夏は昼間に水をやると水が沸騰して根が痛みますので、昼は避けて水をやってください。


冬も水をやる
冬は地上部が枯死してしまいますが、地下では根が生きています。鉢植えの場合、地上部がないから水をやり忘れがちですが、水をやらないと枯れてしまいますので、土が乾いてから数日経って水をやる程度に抑えますが、水は必ずやってください。
肥料
肥料はほとんど不要ですが、鉢植えの場合は何年か経つと最初の土に配合されていた肥料が切れてくるので、緩効性固形肥料をやってください。庭植えの場合は追肥は不要です。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土は市販されている花と野菜の土か、赤玉土腐葉土4を混ぜたものを使います。植え付け自体は以下のリンクを参考にしてください。プランター・鉢植えでも、庭植えでも可能です。ただし、庭植えに植えると、こぼれダネでも増える上に、宿根草で旺盛に繁茂するので、他の植物を邪魔するかもしれませんので植える前によく考えてください。

管理場所・日当たり

日当たりを好みます。日当たりのよい場所で管理して下さい。夏の猛暑・直射日光にも負けませんので、気にせず日当たりに。真夏にあまりに暑いとさすがに水が不足してカリカリになりますので、水やりに気をつけてください。
耐暑性もあり耐寒性もある
ある程度の耐暑性もありますし、寒さにもそこそこ強い。霜よけがあった方がいいです。連続で霜にあたるとアウト。ですが地上部が枯れていても根が枯れていなければ春には芽吹きます。株が枯れていてもこぼれダネでまた開花します。暖地では地上部が枯れずに越冬可能です。
一年草のルドベキアよりは夏の暑さに弱い。
●ルドベキアの一種のオオハンゴンソウは戦前観賞用に国内に持ち込まれたのですが、日本に自生して邪魔な野草になってしまい、特定外来種に指定されてしまうほど。
スポンサードリンク

その他

切り戻し
花の丈が高くなります。そのままにしていると風で倒れてしまいますので、夏前に切り戻して切り花として家の中に飾るといいです。切り戻しをすることで、秋にもう一度、旺盛に開花してくれるかもしれません。

特徴・由来・伝承

ルドベキア・タカオは英名はブラックアイドスーザン(黒目のスーザン)という名前で愛される花。ルドベキア・トリロバの一種。ルドベキア・タカオは他のルドベキアに比べると花が小さくて、咲き乱れるので、花の一個ずつは小さいですが、株全体では非常に目立つ華やかな植物。しかもこの日本の猛暑でも水さえやれば枯れることがないのも嬉しいです。

切花としても使われますので、沢山咲いたら、切り花としても楽しむのもいいですね。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用