ヒコウキソウの育て方

MENU
TOP>マメ科>ヒコウキソウ
スポンサードリンク

ヒコウキソウ(コウモリホオズキハギ、ヒコウキグサ、飛行機草、ヒコーキ草)

ヒコウキソウ
科名マメ科
学名Christia vespertilionis
別名コウモリホオズキハギ、ヒコウキグサ、飛行機草、ヒコーキ草
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


暑さには強く、日光を好みますので、日当りのいい場所で管理してください。乾燥が苦手で水を好みますが、やり過ぎても枯れてしまいます。土が乾いていたら水をしっかりとあげてください。

冬越しは不可能と考えたほうが良いです。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をしっかりとやります。土が濡れているうちは水をやらないでください。乾燥に弱く、水が切れると葉っぱがカリカリになります。そうなるまえに水をやってください。

越冬

越冬について
一年草扱いなので越冬は大変です。

まず秋になったら、地上から3節残してきり戻しをします。

次に水を控えます。これはヒコウキソウに限らずですが、冬場は水を吸い上げる力が落ちるために水をやり過ぎると根が腐って枯れます。また、水を控えることで耐寒性が上がります。15度以下になると枯れますが水を控えることで10度前後まで耐えるようになります。

次は温度です。室内でもビニールなどで保温してやらないと越冬は難しいです。ときどきはビニールを外し、風を通してやって蒸れないようにしないといけません。

これだけやっても越冬が出来るかどうかは疑問。

特徴・由来・伝承

葉っぱの形がヒコウキに似ていることから「飛行機草」と名づけられています。学名のヴェスペルティリオニスはラテン語で「コウモリの」という意味です。同じく葉の形に由来しています。
自生地では多年草ですが、日本では寒さに弱く事実上の一年草です。ヒコウキソウは15度以下になると枯れてしまいますので、室内に取り込んでも越冬は難しいです。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

マメ科の仲間


マメ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用