アスチルベの育て方

MENU
TOP>ユキノシタ科>アスチルベ

アスチルベ(ショウマ・升麻・アワモリソウ・泡盛草・アケボノショウマ・曙升麻)

アスチルベ
科名ユキノシタ科
属名チダケサシ属
学名Astilbe×arendsii
別名ショウマ・升麻・アワモリソウ・泡盛草・アケボノショウマ・曙升麻
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

暖地には向かない
日本で自生していたものから派生した園芸種なので、冬越しも出来ます。宿根で割りと頑健ですが、乾燥に弱いです。また枯れなくとも、暖地では夏の暑さで花色が鈍くなったり、冬の寒さにあたることで花芽を付ける性質から花付が悪いです。暖地にはアスチルベは向いていないでしょう。夏に涼しいことがアスチルベを楽しむ条件です。

半日陰でも育ちますが、日が当たっていないと花の色合いが、くすんでしまいます。
●冬の間は地上部は枯れてしまいますが、春には芽を出し花を咲かせてくれます。
●夏に湿潤な日本に向いている植物です。

萎んだ花は摘む!
色が鈍くなってきたら、摘んでください。しぼんだ花には種子をつくろうとエネルギーが注がれて株が弱り、次の花が咲きづらくなります。早めに切ってしまいましょう。また雨に当たって、花が腐って病気になることも。
スポンサードリンク

水やりと肥料

湿潤な環境を好み、乾燥に弱い
乾燥に弱いので、土の表面が乾いたらたっぷりと水をやってください。冬でも完全に乾くと傷んでしまいますので、冬も水やりをしてください。鉢植えの場合は特に地上部が枯れてなくなっているので水やりを忘れやすいです。
●乾燥すると株が弱り、生育不良を起こします。水切れを起こさないように気をつけてください。
●鉢植えの場合は鉢底から水が出るくらいにしっかりとやってください。これは冬でも夏でも一緒です。水の量は同じで、水やりの頻度(回数)を変えてください。
●花に水が掛からないようにします。花に水が掛かると花が萎みやすくなり、鑑賞期間が短くなります。

それでも過湿にも注意
湿潤な土壌を好みますが、水が多すぎれば根腐れを起こします。夏は乾燥に水遣りが追いつかないですが、春や秋に同じ感覚で水やりをしていると、根腐れを起こすことがあります。

肥料
生育期に液体肥料を月に1回与えてください。アスチルベは肥料をあまり必要としませんが、芽が出る春と、開花前の時期、花が終わって休眠直前は肥料をやると良いです。

植え付け・植えかえ・種蒔き


湿潤な土を好み、乾燥が苦手です。ある程度の水持ちと水はけが必要です。つまり用土は普通です。赤玉土腐葉土4を混ぜた土か、花と野菜の培養土を利用します。
●肥沃な土を好みます。庭植えするときは堆肥や腐葉土をしっかりと混ぜ込んでおきます。

植え替えについて
庭植えにしていても、数年に一回は株分けをします。密生させると株が老化するためです。鉢植えの場合は二年に一回か、できれば毎年、一回り大きな鉢に植え替えをするか、株分けをして小さくしてから同じ大きさの鉢に植えます。とにかく密生を避けます。
●植え替えは新しい土で。古い土には雑菌や虫が住んでいます。

管理場所・日当たり

日光を浴びたほうが鮮やかに花が咲くのですが、乾燥に弱く、湿った土壌を好むために、半日陰のほうが適しています。
西日は特に注意。

冬に寒さに当てないと花芽が少ない
冬に寒さにあてないと花芽がつきづらい性質があります。なので寒冷地で土が完全に凍らないならば、冬の間も戸外に出して起きます。土が凍結するような地域では寒さにしっかりと当ててから室内に取り込みます。
●土が凍結すると根が傷んで枯れます。土が凍結するような地域の場合は根元に腐葉土やワラを敷いて凍結を防ぎます。
●寒さに当たらないと花芽がつきづらいために、暖地では花が少なくなります。アスチルベは暖地には向いてません。

特徴・由来・伝承


元々は日本と中国で自生するものを掛け合わせて1908年ドイツのゲオルク・アレンズが発表したもの。自生地は東アジア・北アメリカ。切花として流通します。

●アスチルベとはギリシャ語で「輝いていない・艶がない」という意味ですが、実際にはかなり目立ちます。ターシャチューダーの写真にも載っているのもあって、人気の植物です。
●遠くから見ると大きく見えますが、小さな花の集合体です。名前の響きで言うとアワモリソウがピッタリな気もします。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ユキノシタ科の仲間


ユキノシタ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用