リシマキアの育て方

MENU
TOP>サクラソウ科>リシマキア
スポンサードリンク

リシマキア(リシマキア・キリアタ)

リシマキア
科名サクラソウ科
属名オカトラノオ属
学名Lysimachia ciliata
別名リシマキア・キリアタ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


冬は寒さにあたって枯れることがありますが、春になると新芽が芽吹きます。冬に枯れてしまった残骸はむしってしまって構いません。
夏の暑さに弱く、比較的寒い地域の方が生育に向いています。

リシマキアは「オカトラノオ属」のことで、「リシマキア」と名のつく植物はリシマキア・ヌンムラリア、リシマキア・コンゲスティフロラ、リシマキア・プンクタタ、リシマキア・アトロプルプレア、オカトラノオなど。このページで扱っているのは「リシマキア・キリアタ」です。緑葉や赤葉のリシマキアがあり、緑葉のリシマキアが一般的です。この緑が非常に若々しい緑で鮮やかなので、アジュガやジュウニヒトエのような暗いカラーリーフ寄せ植えすると鮮やかでキレイです。
まとめ
●草丈が70センチから80センチ。肥料が多いと草丈が高くなり、梅雨や強風で倒れる。
●乾燥しすぎないように。
●夏、鉢植えは日陰に移動させる。
●冬は地上部が枯れることがあるが、水やりはする。
スポンサードリンク

水やりと肥料

少し湿った状態を好みますが、乾燥状態が長期間続かない限りはそれほど気にしないで下さい。土が乾いていたらしっかりと水をやってください。
鉢植えの場合で日当たりにおいていると夏は乾燥しすぎるので、あまりに水切れするようであれば、日陰に移動させてください。

冬に寒さで地上部が消えても、根は生きていますので、鉢植えの場合は、冬も水を一週間か二週間に一回はやってください。
肥料
リシマキアは繁殖力が強く肥料を食います。年中液肥を一週間に一回か二週間に1回あげるとよく茂ります。特に春以降によく生育します。逆にあまり生育して欲しくないときは肥料を控えてください。

3月の肥料は春以降の芽を出させるための肥料。ただし、肥料が多いと草丈が伸びすぎて、倒れることがあります。また、土に腐葉土堆肥が多いと同様のことになります。大きくなって欲しくない場合は、肥料を控えます。肥料が少ないからと枯れることはありません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土
水はけの良い土を好みます。赤玉土を中心にした水はけのいい土で植えてください。赤玉土6、腐葉土3、軽石1を混ぜたものか、一般的な培養土を利用します。
鉢植えの具体的な方法は以下のページを参考にしてください。

管理場所・日当たり

日当りのいい場所を好みます。日光がしっかりと当たらないと花が咲きませんが葉っぱだけを楽しむのであれば、それほど日光にこだわる必要も無く、明るい日陰でも充分生育します。
夏は半日陰
暑さに若干弱いので、夏は半日陰や日陰に移動させます。

その他

病害虫はほとんど発生しない。

特徴・由来・伝承

初夏に花を咲かせるのですが、日当りがよく無いと咲かないのと、葉っぱの色合いを楽しむ観葉植物と考えるユーザーが多いです。とはいえ花もキレイです。
リシマキア・ヌンムラリアには匍匐する性質があります。その性質を生かして寄せ鉢の前景に植えられます。
グランドカバーとして人気があり、最近では赤葉もあります。グランドカバーに向いていますが踏まれるとダメですので、あまり人が歩かない場所のグランドカバーにしてください(少しくらいは大丈夫です)。園芸店で見かけたら購入しておいて損はないですよ。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

リシマキアの関連記事

サクラソウ科の仲間


サクラソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用