ペルシャンチョコレートの育て方

TOP > サクラソウ科 > リシマキア属x最終更新
リシマキア・ペルシャンチョコレート
リシマキア・ペルシャンチョコレート
科名サクラソウ科
属名リシマキア属
学名Lysimachia congestiflora 'Persian Chocolate'
別名ペルシアンチョコレート
耐寒マイナス20度
水やり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
リシマキア・ペルシャンチョコレートの特徴は?ペルシャンチョコレートの水やりペルシャンチョコレートの肥料ペルシャンチョコレートの植え替え・植え付け時期・頻度 ペルシャンチョコレートの用土 鉢の植え付け・植え替えの手順は? 庭植えの手順は? ペルシャンチョコレートの管理場所・日当たりペルシャンチョコレートの病害虫関連記事・タグ
スポンサーリンク

リシマキア・ペルシャンチョコレートの特徴は?

ペルシャンチョコレートはサクラソウ科リシマキア属の常緑多年草のコンゲスティフロラの園芸品種。匍匐して広がり、草丈が低いのでグランドカバーとして利用されることが多いです。初夏に黄色い星形の花が咲きます。

同じリシマキアの「リシマキア・ミッドナイトサン」とよく似ていますが、ペルシャンチョコレートの方が葉色がより黒くて、より銅葉(ブロンズリーフ)という感じ。ミッドナイトサンより草丈がちょっとだけ高く、多少なりとも雑草に競り勝ちやすいのと、ミッドナイトサンより暑さ・寒さに強いです。

例えば、ミッドナイトサンとペルシャンチョコレートとリシマキア・オーレアを同じ敷地に植えた場合、ペルシャンチョコレートだけが残りやすいです。そのくらいに頑健。

耐寒温度マイナス20度で寒さにも強いです。霜に当たると葉っぱは傷みますが、春になれば盛り返します。寒さに地上部が枯れることもありますが、基本的に常緑。枯れ込んでも春には芽吹きます。
草丈10cm〜20cm
リシマキア ペルシャンチョコレート
リシマキア ペルシャンチョコレートの購入はこちら
修正

ペルシャンチョコレートの水やり

庭植えなら、自然に降る雨に加えて、ちょっと水不足気味になったら見てあげて、水やりしてあげましょう。ちょっと乾燥に弱い子で、本来は水辺も育つタイプだから、特に夏の暑さには弱いんです。だから、夏場はしっかり水やりしてあげないといけないです。

鉢植えの場合は、普通の鉢植えと同じように水やりしてあげましょう。土が乾いてたら、鉢底から水が出るくらいにしっかり水をあげてください。修正

ペルシャンチョコレートの肥料

春と秋の生育時期は、気温が20度から28度くらいの間なんだよ。そんなときに、週に一回くらい液体肥料をあげると、お花もたくさん咲いて元気に育ちます。でも、肥料をあげすぎちゃうと、調子を崩しちゃうから気をつけてね。様子を見ながら、肥料の量を調節してくださいね。修正

ペルシャンチョコレートの植え替え・植え付け

時期・頻度

気温が20度以上の春か、気温が25度以下で涼しくなる秋に植え付けをするのがベストです。鉢植えは根がしっかりと張るから、毎年植え替えが必要になるんです。それが面倒くさいから、やっぱり庭植えがいいよね。修正

ペルシャンチョコレートの用土

一般的な花と野菜の培養土で植え付けます。自作する場合は赤玉土6腐葉土4に化成肥料を混ぜたものを使います。庭植えにする場合は庭土に腐葉土か堆肥を足して用土とします。極端な酸性土じゃないなら中和はしなくていいです。修正

鉢の植え付け・植え替えの手順は?

最初は6号〜8号の鉢に1つの苗を植えます。ハンギングバスケットに植える場合、フチから垂れてかっこいいです。

鉢底の水が抜ける穴を鉢底ネットで塞いでください。その上に鉢底石(軽石)を2〜3cm入れ、用土を少し入れ、株を置きます。株の土面が鉢のフチより1cm〜2cm下になるように調節します。この2cmは水やりの時に水が溜まるウォータースペースです。株と鉢の隙間に用土を入れていきます。最後にしっかりと水をやって完成です。

植え替えをする際は、鉢から株を取り出して、株についた古い土を3分の1ほど落として、同じ大きさの鉢かひと回り大きな鉢に植え替えましょう。株分けも可能で、適当にサックリと分けて、それぞれを植え直しましょう。修正

庭植えの手順は?

庭土を深さを20cm掘ります。大きな石があれば取り除いておきましょう。掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、庭土に対してよく混ぜます。水もちの良い土を好むので腐葉土堆肥は多めにしておきます。化成肥料の規定量を入れて、用土を作ります。できれば1週間寝かせて、土を馴染ませると根が広がりやすくなります。

穴に半分ほど土を戻して、株を入れます。隙間に用土を入れて、最後に水をやって完成です。株同士は20cm〜30cm以上空けて植えます。匍匐して広がるので、もっと空けて植えてもいずれは埋まります。修正

ペルシャンチョコレートの管理場所・日当たり

日当たりか半日陰で管理します。日当たりの方が開花が多いですが、半日陰でも十分開花します。

夏の暑さには強いのですが、夏の日当たりでは乾燥で枯れ込みますので、水やりを増やして対応しましょう。

冬の寒さには強いですので防寒は不要です。霜に当たると葉っぱが傷みますが、春になれば戻りますし、手間がかからないのが魅力なので防寒はしないのが通常です。あんまりに寒いと地上部が枯れることがありますが、それでも春になれば新芽が出てきます。修正

ペルシャンチョコレートの病害虫

アブラムシナメクジヨトウムシなどが発生することがあります。修正
スポンサーリンク
リシマキア属リシマキア・アレキサンダー
リシマキア・ペルシャンチョコレートのカテゴリ・タグ
庭植え 鉢植え 園芸品種 寒さに強い 常緑多年草 手間がかからない 匍匐 ハンギング
サクラソウ科
プリムラ・オブコニカマンリョウプリムラマラコイデス・ウィンティーウンナンサクラソウシクラメンシクラメン・ヘデリフォリウムプリムラシネンシスプリムラ・ビアリーシクラメン・セレナーディアプリムラポリアンサ
ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ


スポンサーリンク