リシマキア・バリエガータの育て方

MENU
使い方
TOP>サクラソウ科>リシマキア・バリエガータ
スポンサードリンク

リシマキア・バリエガータ

リシマキア・バリエガータ
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名サクラソウ科
属名オカトラノオ属
学名Lysimachia Variegata
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
リシマキアはオカトラノオ属のこと。このバリエガータは「リシマキア・コンゲスティフロラ」か「リシマキア・キリアタ」のどちらか、ちょっとよくわからないですが、どちらにしてもリシマキアの育て方は同じです。リシマキアは育てやすく、頑健です。育て方の詳細は「リシマキア」を参考にしてください。ここでは簡単な育て方をまとめています。
バリエガータ
バリエガータは斑入りのことで、バリエガータという名前はいろんな品種に見られる名前です。
まとめ
●草丈が70センチから80センチ。肥料が多いと草丈が高くなり、梅雨や強風で倒れる。
●乾燥しすぎないように。
●夏、鉢植えは日陰に移動させる。
●冬は地上部が枯れることがあるが、水やりはする。

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
庭植え
庭植えにした場合は自然に降る雨だけで十分。ただし、夏の感想時期は水が不足するので、その頃だけ水をやってください。熱射病に気をつけてください。
鉢植え
土が乾いていたら水をやるようにします。ただしリシマキアは極端な乾燥が苦手で、鉢植えにした場合、乾燥しすぎないように気をつけます。夏は朝と夕方に水をやりますが、それでも水切れするかもしれません。その時は、日陰に移動させます。
肥料
肥料を沢山やると繁茂して、肥料を控えると抑えられます。庭や鉢の事情によって、肥料の量は調整しましょう。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
用土
一般的な花と野菜の培養土か、赤玉土6、腐葉土3、軽石1を混ぜたものを利用します。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
日当たりを好みますが、半日陰でもちゃんと生育します。
花を咲かせるためには日当たりじゃないとダメです。

その他

この項目の修正・提案をする
病害虫はほとんどないです。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
リシマキアは「オカトラノオ属」のことで、「リシマキア」と名のつく植物はリシマキア・ヌンムラリア、リシマキア・コンゲスティフロラ、リシマキア・プンクタタ、リシマキア・アトロプルプレア、オカトラノオなど。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

サクラソウ科の仲間


サクラソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用