リシマキア・アレキサンダーの育て方

TOP >サクラソウ科>リシマキア属>>管理

リシマキア・アレキサンダー(リシマキア・アレクサンドラ、ガーデンルーズストライフ)

リシマキア・アレキサンダー
科名サクラソウ科
属名オカトラノオ属
学名Lysimachia punctata 'Alexander'
別名リシマキア・アレクサンドラ、ガーデンルーズストライフ
耐寒マイナス15度〜マイナス25度
水やり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
剪定
スポンサーリンク

目次

  1. リシマキア・アレキサンダーの特徴は?
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え付け・植えかえ・種蒔き
  5. 管理場所・日当たり
  6. 剪定
  7. 病気・害虫
  8. 特徴・由来・伝承
  9. SNSボタン・関連記事

リシマキア・アレキサンダーの特徴は?

リシマキア・アレキサンダーの特徴は?
文章の修正リシマキア・アレキサンダーはヨーロッパ・西アジアに自生するサクラソウ科オカトラノオ属リシマキア属)の宿根草のリシマキア・プンクタタの斑入り品種のこと。リシマキア・アレキサンダーは日陰にも強く、育てやすく、地下茎で広がり、頑健です。ただ、緑葉のプンクタタに比べると生育は遅いですが、それが庭植えには都合が良く、広がりすぎず管理しやすいです。

春に芽吹き、春のころは斑入り部分が淡いピンクになっていて非常に綺麗です。夏には黄色い花が咲き、賑やかになります。花だけでなく、カラーリーフとしても綺麗で花が咲かない時期も賑やかです。冬になると地上部が枯れますが、寒さには強く春にはまた芽吹きます。

栽培していると先祖返りして緑葉が出ることがありますが、緑の方が性質が強く、放置していると斑入り葉を駆逐してしまうので、緑葉は早め摘むようにします。
樹高40cm〜60cm
30cm
スポンサーリンク

水やり

庭植えの水やり

文章の修正庭植えにした場合は自然に降る雨だけで十分。ただし、リシマキア・アレキサンダーは水を好み、夏の乾燥時期は水が不足するので、その頃だけ様子を見て、水をやってください。

鉢植えの水やり

文章の修正鉢の土が乾いていたら水をやるようにします。リシマキア・アレキサンダーは極端な乾燥が苦手で、鉢植えにした場合、乾燥しすぎないように気をつけます。夏は朝と夕方に水をやりますが、それでも水切れするかもしれません。その時は、日陰・半日陰に移動させて、蒸発を防いでください。

肥料

肥料
文章の修正春(4月)〜秋(10月)の間の真夏以外の時期に液体肥料を週に一回やるか、1ヶ月に一回化成肥料をやります。肥料を沢山やると繁茂して、草丈が高くなり、横風で倒れやすくなります。肥料を控えると抑えられますので、庭や鉢の事情によって、肥料の量は調整しましょう。

植え付け・植えかえ・種蒔き

時期・頻度

文章の修正春(3月)から秋(9月)あたりに植え付け・植え替えをします。鉢植えの場合は、毎年か2年に一回植え替えをします。

用土

文章の修正一般的な花と野菜の培養土か、赤玉土6、腐葉土3、軽石1を混ぜたものを利用します。庭植えの場合は庭土に腐葉土か堆肥を追加して、用土とします。

鉢植え

文章の修正鉢植えの底の穴を鉢底ネット(鉢底網)で塞いで、その上に鉢底石(軽石)を2cm〜3cm入れて、その上に用土を入れて、株を入れて、隙間に用土を入れて、最後に水をしっかりとやります。

植え替えをするときは古い土を3分の1ほど落として、同じ大きさの鉢かひと回り大きな鉢に植え替えます。株分けも可能で、ナイフなどで適当にサックリと分けて、それぞれを植え直しましょう。

庭植え

文章の修正深さ20cm〜30cmの穴を掘り、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、化成肥料を少量入れて、よく混ぜて用土とします。 穴に半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。水もちが良い土が好ましいので、水はけが良い場所は避けるか、堆肥の量を少し多めに入れて調節します。

複数株を植える場合は株同士は30cm〜40cm空けて植えてください。地下茎で広がるのですが、生育が遅く、他の植物を駆逐するほどではないんですが、根の仕切りで地下茎が広がりすぎないようにしておくといいです。
根の仕切りの購入はこちらから
Amazon
楽天市場
株が広がって、密生したら掘り上げて株分けして、植え直してもいいです。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
文章の修正日当たりを好みますが、半日陰でもちゃんと生育します。たくさん花を咲かせるためには日当たりじゃないとダメです。夏の暑さには強いですが、乾燥がちょっと苦手で、庭植えであれば半日陰に植え付けます。鉢植えにした場合は、春と秋は戸外の日当たり、夏は半日陰で明るい日陰で管理します。

越冬

文章の修正寒さには非常に強く、防寒は不要です。

剪定

文章の修正冬になって寒さで地上部が枯れたら、その枯れ枝を地際から刈って、取り除いておくといいです。

病気・害虫

文章の修正アブラムシナメクジヨトウムシなどが発生することがあります。

特徴・由来・伝承

文章の修正ヨーロッパ・コーカサスなどに自生するプンクタタ(プンクタータ)の園芸品種。切花としても鑑賞できるので開花後に長めに切って水揚げして飾るといいです。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

リシマキア・キリアタ
サクラソウ科オカトラノオ属

同じ科の植物

サクラソウ科
シクラメンネアポリタナム
サクラソウ科シクラメン属
シクラメン
サクラソウ科シクラメン属
シクラメン(簡略版)
サクラソウ科シクラメン属
プリムラジュリアン
サクラソウ科プリムラ属
プリムラシネンシス
サクラソウ科サクラソウ属
プリムラマラコイデス
サクラソウ科プリムラ属
バラ咲きジュリアン
サクラソウ科プリムラ属
ウンナンサクラソウ
サクラソウ科サクラソウ属

タグ

庭植え 鉢植え 園芸品種 カラーリーフ 斑入り 地下茎

タグ「庭植え」を持つ記事

ボタン
ボタン科ボタン属
アメリカフヨウ
アオイ科フヨウ属
コルムナリス・グラウカ
ヒノキ科ヒノキ属
ムーングロウ
ヒノキ科ビャクシン属
シレネ・ユニフローラ
ナデシコ科シレネ属

タグ「鉢植え」を持つ記事

マルバヒイラギ
モクセイ科モクセイ属
ゴムの木
クワ科フィカス属
ポーチュラカの鉢植え・庭植えの植え付けと挿し芽
栽培のコツ
イキシオリリオン
ヒガンバナ科イキシオリリオン属
ローズマリーの鉢植えの植え替えと地植えのまとめ
栽培のコツ

タグ「園芸品種」を持つ記事

サルフレア
ヒノキ科イトスギ属
スポンサーリンク