プラティアの育て方

MENU
TOP>キキョウ科>プラティア
スポンサードリンク

プラティア(スターラベンダー・エクボ草)

プラティア
科名キキョウ科
学名Pratia
別名スターラベンダー・エクボ草
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


草丈の低いグランドカバー向きの植物。環境が合えば匍匐してドンドンと増えていきます。

プラティアの下葉が黄色く変色して枯れてくるかもしれません。プラティアの上部に栄養が回り、下部分に栄養が行っていないか、風通しが悪くなっています。そこで、黄色くなる前に、上部分を刈りこんで風通しを良くします。
刈込は春か秋に行ってください。夏と冬は成長が鈍っていますので新芽が出て来ません。

水やりと肥料

水のやりすぎに注意
土が乾燥していたら水をしっかりとやってください。鉢植えでも庭上でも水をやりすぎると枯れてしまいますので、土が乾いていないうちに水をやりすぎないように気を付けてください。

生育期間…気温は15度~30度になる真夏以外の春から秋まで、月に2回程度液肥をあげてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている土で植え付けます。

管理場所・日当たり

日光を好みますが、真夏の直射に注意
日光を好みますので、日当たりのいい場所に植えます。1日4時間程度日が当たれば生育しますので、半日陰でも大丈夫です。
真夏の直射日光を浴びると葉焼けするなどして弱ってしまいます。真夏は半日陰になるような場所で管理するか、鉢植えの場合は真夏は半日陰に移動させてください。

耐寒性もあり!
マイナス3度までは耐えられますので、霜が降りる地域でも土が凍るほど寒くなければ戸外で越冬可能です。マイナス3度以下の地域では冬は葉っぱや茎といった地上部は枯れてしまいますが、根は残ります。春になると芽が出ますので捨てずに残しておいてください。

寒い地域では室内に取り込んでください。

特徴・由来・伝承

プラティアは小さな星状の花を咲かせるキキョウ科の植物です。ベルフラワーやカンパニュラといったキキョウ科の植物と同じ感じの育て方だと考えてください。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

キキョウ科の仲間


キキョウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用