アルペンブルーの育て方

MENU
TOP>キキョウ科>アルペンブルー
スポンサードリンク

アルペンブルー(カンパニュラ)

nophoto
科名キキョウ科
属名ホタルブクロ属
学名Campanula poscharskyana
別名カンパニュラ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

垂れ下がって咲きます。庭植えすると花壇からはみ出してブロックの上に這い出したり、壁から垂れ下がるように繁茂します。絵に描いたような星型の花。まるで子供が描く「花」のようです。涼しげな透明感のある花が半日陰でも結構たくさん咲きます。這性で草丈が低い(20センチか30センチ)のでグランドカバーにも。ただし踏みつけには弱いですから、土を隠す程度です。
常緑で越冬する宿根草
花ガラを摘むのが理想
花ガラを摘むことで次の花が咲きやすくなりますし、花ガラが腐って病気になるリスクを減らすことも出来ます。ですが、まー、一旦広がるとよく咲き、花ガラを摘むだけで身体を壊しそうなので、ほどほどに。
ナメクジとカタツムリを早めに駆除
ナメクジとカタツムリが葉っぱと花をムシャムシャと食べます。見つけ次第捕殺、もしくは薬剤をまいて早めに駆除しましょう。
スポンサードリンク

水やりと肥料

乾燥気味を心がけます。水を欲しがり決して乾燥に強いわけではないですが、水をやりすぎたり、風通しが悪いなどして蒸れて腐って枯れるケースが多いので、土が乾くまでは決して水をやらないようにします。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている花と野菜の土で植え付けをします。
植え付け・植え替え時期
この時期じゃないと枯れるというわけではありません。真夏と真冬を避ければいつでもOK。直根性ではないので根を崩しても大丈夫です。古い根をさばいて植え替えて下さい。
こぼれダネでも増える
宿根草で夏の過湿に気をつければ消えることなく年々増えていきます。こぼれダネで勝手に増えます。鉢植えにしてても種がはじけて、外へと飛び出すこともあります。挿し芽でも増えるらしいですが、そこまでする必要は無いです。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

真夏の多湿に注意!
高温多湿に若干弱い。半日陰でもしっかりと花は咲くので、日当たりが良すぎて夏に傷むようならば最初から半日陰の場所に植えつけます。でも他のカンパニュラ仲間に比べると、西日にも強いです。
寒さに強い
雪や霜にも負けません。寒冷地では不明。関東では戸外で越冬。ただし寒さで葉っぱが茶色く変色したり、枯れ混むこともあります。ですが春には新芽が出て旺盛に広がり始めます。

特徴・由来・伝承

キキョウ科の植物でホタルブクロ属(カンパニュラ属)。原産地がバルカン諸国(ユーゴスラビア)・セルビアであることから「セルビアン・ベルフラワー」という呼称も。ベルフラワーはカンパニュラの通俗名。
学名から「ポスカスキアーナ」とか「ポシャルスキャナ」とか呼ばれますが、ややこしいので分かりやすい「カンパニュラ・アルペンブルー」が一般的。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

キキョウ科の仲間


キキョウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用