イソトマの育て方

MENU
TOP>キキョウ科>イソトマ
スポンサードリンク

イソトマ(ローレンチア・ローレンティア)

イソトマ
科名キキョウ科
属名イソトマ属
学名Laurentia-axillaris
別名ローレンチア・ローレンティア
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

日当たりのいい場所に植えて、水やりは控えめに。肥料も控えめに。

日光が当たらないと花つきが悪くなりますので、しっかりと日の当たる場所に植えてください。夏の暑さに若干弱いので、半日陰に移動させるのが好ましいです(枯れる訳じゃないので一般的にはあまり気にしない)。

花が終わったら花ガラを摘みましょう。放置しておくと栄養が種を作ることに回って花つきが悪くなります。

水やりと肥料

乾燥気味の状態を好みますので、水をやり過ぎないように気をつけてください。土が乾くまでは水をやらないようにしましょう。水をやりすぎると過湿で葉っぱが蒸れて腐ったり、根が腐ったりします。

花が咲いている間に肥料をやるのですが、薄くていいです。濃い肥料をやると花が咲きづらくなります。

スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

赤玉土腐葉土3パーライト1などを混ぜた水はけの良い土で植え付けをします。市販されている花と野菜の土では水はけが悪いという人もいますが、もともとイソトマは非常に頑健ですので、生育に問題があるほどではありません。

一般的には春に苗を植えますが、挿し木・種蒔きは春だけでなく秋もします。種が小さく、風で簡単に飛んでいってしまうので、初心者には向きません。挿し木は簡単にできます。

管理場所・日当たり

春から秋の生育期間は日当たりのいい場所で管理します。日光が少ないと花つきが悪くなります。軒下など雨の当たらない場所で管理すると花持ちがよくなります。

冬越しする場合は冬は室内の日当たりへ移動させます。霜が降りない地域では戸外でも越冬が可能の場合があります。

スポンサードリンク

その他

5度以上で越冬できますので、越冬も可能ですが、二年目以降は花つきが悪く、株も小さくなりますので、別のものを植えたほうがいいでしょう。

特徴・由来・伝承

青紫や白の細い花びらを星型に広げる繊細なイメージのガーデニング植物。

別名のローレンティアは旧属名から。春~秋の非常に長い間、絶え間なく咲いてくれるし、挿し木で増えるので、挿し木になれている人は一苗買えば、庭中に咲かせることも出来ます。
イソトマは多年草で冬越しも可能ですが、二年目以降は株が弱り、花つきが悪くなるために、園芸上は一年草扱いです。

有毒植物で茎や葉っぱを折ったときに出る白い液汁が目に入ると失明すると言われているのですが、イソトマで失明した話を聞いたことが無いので、どこまで本当か不明。ですが、肌に触れるとカブれる人もいますので、作業のときは手袋を。ちなみに花言葉は「猛毒」
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

キキョウ科の仲間


キキョウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用