ストロベリーフィールドの育て方

MENU
TOP>ヒユ科>ストロベリーフィールド
スポンサードリンク

ストロベリーフィールド

nophoto
科名ヒユ科
属名センニチコウ属
学名Gomphrena haageana
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

春に種を撒くか、苗を植えて、夏の間は花を楽しみ、秋には寒さで枯れてしまう一年草です。

真夏の暑さにも強く、乾燥にも強い。真夏に暑さのあまりに花が休む植物が多い中で、ポンポンと咲かせます。花がしぼむと種が出来ます。この種には風に乗って飛んでいくための「毛」がついています。

センニチコウの苗は春だけではなく夏も出回りますので、それを植えつけると良いです。種を撒く場合は気温が20度以上になってから撒かないと種が出ません。プランターなどに植えたり、限られた範囲に植えるのであれば苗を買ってきて植えたほうが楽です。

水やりと肥料

ストロベリーフィールドを庭植えした場合は、植え付け後根付くまではしっかりと水をやりますが、一旦根付いたら、日照りでもない限りは降雨だけでも十分です。乾燥に強いので水をやりすぎると逆に根が腐って枯れてしまいます。

鉢植えの場合は、土が乾いて居たら水をしっかりと与えます。

春から夏にかけて、花が咲いている時期は月に3回くらいの頻度で液体肥料をあげます。肥料が少ないと花つきが悪くなります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけの良い土が好ましいです。市販されている土に川砂を混ぜて水はけをよくしたもので植えつけます。
市販されている土でも大丈夫ですが、水のやりすぎに気をつけましょう。

管理場所・日当たり

日の当たる場所を好みます。出来るだけ日中は日が当たる場所で管理します。真夏の暑さや乾燥にも強く、半日陰に移動させる必要もありませんので、真夏にほかの植物だと弱ってしまうような場所に植えることが多いです。

特徴・由来・伝承

センニチコウの一種で、赤い色…紅色の花を咲かせます。一般的なセンニチコウはこのストロベリーフィールズ(ストロベリーフィールド)と考えて下さい。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ヒユ科の仲間


ヒユ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用