キバナセンニチコウ(黄花千日紅)の育て方

TOP >ヒユ科>センニチコウ>>管理

キバナセンニチコウ(黄花千日草・アメリカセンニチコウ)

キバナセンニチコウ
科名ヒユ科
属名センニチコウ属
学名Gomphrena haageana
別名黄花千日草・アメリカセンニチコウ
水やり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. キバナセンニチコウとは?
  2. 品種
  3. 水やり
  4. 肥料
  5. 植え替え・種まき
  6. 管理場所・日当たり
  7. 剪定・摘芯
  8. 病気・害虫
  9. SNSボタン・関連記事

キバナセンニチコウとは?

文章の修正キバナセンニチコウとはヒユ科センニチコウ属のアメリカ原産の地下に球根を作って増える多年草です。冬の寒さに弱いため日本では一年草扱いとされることが多いですが越冬は可能です。キバナとあるように、本来は樺色のパッとしない色合いだったが赤いストロベリーフィールドなどが開発されたことで、ガーデニング材としてだけでなく、切り花としてもよく流通しています。

栽培はセンニチコウと同じで、初心者向きで容易です。
スポンサーリンク

品種

ストロベリーフィールド

品種
文章の修正キバナセンニチコウの代表的な品種で、なんならセンニチコウということコレ!ってことが多いかもしれない。名前と形状が似ている「ストロベリーキャンドル」とごっちゃになりがちですが、キャンドルの方はマメ科で全く違う植物です。
ストロベリーフィールド
ヒユ科センニチコウ属omphrena haageana ‘Strawberry Fields’

ファイヤーワークス

文章の修正ファイヤーワークスとは花火のこと。名前の通りに花火のような花が咲く。土が完全に凍結しなければ、戸外での越冬も可能なほど寒さに強い。キバナセンニチコウ(Gomphrena haageana)ではなく、ゴンフレナ・プルケラの園芸品種ですが、同じ扱いになっています。
センニチコウ・ファイヤーワークス
ヒユ科センニチコウ属Gomphrena pulchella ‘Fireworks’

ラブラブラブ

文章の修正ゴンフレナ・プルケラの園芸品種で、ファイヤーワークスとよく似ていますが、枝分かれをよくし、花が非常に多いセンニチコウ。
センニチコウ・ラブラブラブ
ヒユ科センニチコウ属Gomphrena pulchella

水やり

水やり
文章の修正庭植えの場合は、植え付けして二週間は水やりをしますが、あとは自然の雨だけで穂b大丈夫です。

鉢植えの場合は通常の鉢植えの水やりと同様に土が乾いたら水をやります。

肥料

肥料
文章の修正開花期間が長く、その間に肥料が切れると開花が鈍くなるので、開花時期は液体肥料を週に一回か、緩効性固形肥料(化成肥料)を月に一回やります。

植え替え・種まき

文章の修正春から夏にかけて苗が見られるのでこれを植え付けします。
土は一般的な花と野菜の培養土でいいです。7号〜8号に1苗、庭植えの場合は株間25cmを空けて植えてください。

植え付け手順は他の植物と同じですが、直根性で苗の土を崩すと生育不良を起こすので、植え付けのときは根をいじらないように植えてください。その他の詳細の手順は以下のページを参考にしてください。
センニチコウの植えかえ、種まき
栽培のコツコツや手順と注意事項

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりを好み、日光が不足すると開花が減るので、とにかく日当たりで管理します。夏の暑さに強く、水切れしなければ夏の直射日光がガンガンあたる環境でも負けません。半日陰でなく、日当たりで管理しましょう。

キバナセンニチコウの耐寒温度は3度程度と、寒さには強い方で、越冬させれば来年も花を咲かせることも可能です。霜に当たると枯れるので、室内の日当たりで管理します。窓の近くは外気に近く、強い寒波が来ると枯れることがあるので、寒波が来る夜は窓から離して、朝になって気温が上がったらまた窓で日光に当てるように管理します。

ただし、苗も安いので普通は冬越しさせず、春に苗を買い替えます。

剪定・摘芯

文章の修正草丈が20cmくらいになったら、ツルの先を切ります。すると脇枝が出て開花が増えます。これを摘芯といいます。摘芯作業はできれば早いうちから繰り返し、株を大きくしていきます。
摘芯
園芸用語ガーデニングテクニック

病気・害虫

文章の修正ナメクジ
梅雨から夏にかけて、葉っぱを食害するナメクジが発生する。春から何度か誘引駆除材を散布することで、かなり被害と出会いを抑えられます。
ナメクジ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ

ハダニ
乾燥高温時期に見られる小さなダニで、水やりを控えるキバナセンニチコウでは夏によく見かけることになる。葉っぱの裏に水をかけることで予防できます。発生したら早めに薬剤で駆除する。前もってオルトランを使っておくといいです。
ハダニ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ

アブラムシ
新芽やツボミの柔らかい部分に集まって汁を吸い、生育不良を起こす。ハダニと同様で、葉っぱに水をかけたり、オルトランで予防するといいです。
アブラムシ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

ヒユ科
アキランサス
ヒユ科アルテナンセラ属
ハゲイトウ
ヒユ科ヒユ属
ホワイトソルトブッシュ
ヒユ科エイナディア属
レッドフラッシュ
ヒユ科アルテルナンテラ属
千日小坊・千紅花火
ヒユ科アルテルナンテラ属
ポリゴノイデス
ヒユ科アルテルナンテラ属
イレシネ
ヒユ科イレシネ属
ケイトウ
ヒユ科ケイトウ属
スポンサーリンク