センニチコウ・ラブラブラブの育て方

TOP > ヒユ科 > センニチコウ
センニチコウ・ラブラブラブセンニチコウ・ラブラブラブの基礎データ
最終更新画像投稿
センニチコウ・ラブラブラブ
科名
ヒユ科
属名
センニチコウ属
学名
Gomphrena pulchella
水やり
水控え目
場所
外の日なた
難易度
初心者向け
センニチコウ・ラブラブラブの開花時期…植え付け・植え替え時期…肥料時期…月別スケジュールです。
スポンサーリンク

育て方:センニチコウ・ラブラブラブってこんな植物です

センニチコウ・ラブラブラブはヒユ科センニチコウ属(ゴンフレナ属)のパナマ・グアテマラ原産の多年草のゴンフレナ・プルケラの園芸品種。ファイヤーワークスによく似た花を咲かせますが、色合いが濃く、なによりファイヤーワークスより枝分かれしやすく、花が多い。花が最初からカサカサというか乾燥していてドライフラワーにしやすいのですが、見た感じ、みずみずしくない。ここに不満がないなら素晴らしいガーデニング材です。

夏の暑さに強く、直射日光にも強く、開花時期が長く、そだてやすくて初心者向きの手間のいらない植物です。
草丈50cm〜80cm
ゴンフレナラブラブラブの商品画像
ゴンフレナラブラブラブの購入はこちら
Amazon
楽天市場
スポンサーリンク

管理場所

日当たりのよいところで管理します。日当たりが悪いとどうしても花が少なくなりますし、夏の暑さ・直射日光に強いので、夏の暑さで他の植物が枯れるような場所ころ、植えて花を咲かせたいです。

越冬

ラブラブラブの耐寒温度は0度くらい。土が凍結すると枯れてしまいます。暖地であれば戸外で越冬。中間地でも強い寒波が来なければ、防寒なしに越冬も可能ですが、念の為に冬の前に地上部を刈り込んでワラや腐葉土をかぶせて、マルチングして凍結を防ぎましょう。寒冷地では鉢植えを室内に取り込みます。

水やり

庭植えの場合は、自然に降る雨だけでほぼ大丈夫。あまりに日照りが続くなら水やりをしてあげてください。

鉢植えの場合は、土が乾いたら水をやります。乾燥気味に管理し、土が濡れているうちは水やりをしないでください。長期間土が濡れていると根腐れします。

肥料

開花している時期…5月〜11月あたりは液体肥料を週に1回やるか、1ヶ月に一回緩効性固形肥料(化成肥料)をやります。

液体肥料の商品画像
液体肥料の購入はこちら
Amazon
楽天市場
化成肥料の商品画像
化成肥料の購入はこちら
Amazon
楽天市場

植え替え・植え付け

5月から苗が流通するのでこれを植え付けます。真夏でなければ植え付け・植え替えは可能です。越冬したら、土を落とさず、ひとまわり大きな鉢に植え替えましょう。

用土

一般的な花と野菜の培養土で植え付けます。もしくはここにパーライトを1割ほど入れて水はけをよくして植え付けます。自作する場合は赤玉土7腐葉土3を混ぜたものを使います。

鉢植え

最初は6号〜8号鉢に1苗を植えます。

鉢の底の穴を鉢底ネット(鉢底網)で塞いで、鉢底石(軽石)を2cmほど敷き、その上に用土を入れ、株を入れて、隙間に用土を入れて、最後に水をやって完成です。水は鉢底から出てくるくらいにしっかりとやってください。

苗の土は落とさず、根は崩さないでください。

庭植え

庭土を深さ30cmほど掘って、その土に腐葉土か堆肥を2割ほど入れ、化成肥料を規定量入れ、用土とします。穴に半分ほど土を戻して、株間25cmで植えていきます。最後に水をやってください。

草丈はほどほどなので支柱はなくていいです。
詳細は以下のページを参考にしてください。

剪定・切り戻し・収穫

ラブラブラブは自然に分枝(枝分かれ)はするのですが、切り戻すことで、より枝が増えて花が増えますので、やらなくてもいいですが、できれば切り戻し摘芯)をしましょう。摘芯とはツル先を切ることで、下の葉の根元から脇枝を出すことで、園芸ではよく使われるテクニックです。
また、切り戻し・摘芯・花ガラ摘みを兼ねて収穫をしましょう。ラブラブラブを適当な長さに切って、葉っぱをむしって、束ねて風通しの良いところに吊るしておくと、色落ちの少ない綺麗なドライフラワーになります。

病害虫

ナメクジハダニアブラムシなどが発生しますが、甚大な被害を受けることはあまりないです。
スポンサーリンク
記事が気に入ったら拡散をお願いします。
はてブ LINE

ヒユ科

スポンサーリンク