ミョウガの育て方

MENU
TOP>ショウガ科>ミョウガ
スポンサードリンク

ミョウガ(茗荷)

ミョウガ
科名ショウガ科
属名ショウガ属
学名Zingiber mioga
別名茗荷
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


春に植えて、ニョキニョキと葉を生やし、ヨコへヨコへと広がって生きます。夏になるとタケノコのようにニョキニョキと花芽が地面から伸びてきますので、それを収穫して食べます。6月に苗を植えた場合は収穫は翌年の夏からになります。
育てるのは簡単!
ミョウガは毎年ニョキニョキと出てきますし、手を掛けなくても収穫は出来ます。問題は食べ方。どうやって食べるか?です。
ミョウガの食べ方
ミョウガの収穫について
茂った葉っぱの根元からツボミが出てきます。これを収穫して食べます。

食べる部分…ツボミは咲いてしまうと美味しくありませんので、それまで収穫しないといけないのですが、何せ(食べる部分は)背が低いので、普通に育てていると雑草と区別がつきません。そこで、植えつけるときにワラを敷き、雑草が生えてきたらマメに草取りをしておかなくてはいけません。
●開花しても食べられないわけではない。
●花は一日でしぼみ、すぐに腐り始める。早く収穫して食べるべき。
●収穫は6月から9月。
●一度植えると翌年以降もボコボコ生えてくる。
●買うと結構高いので、消費が多いならオススメ。
●4人家族なら一畳の畑で十分な収穫。
●夏の間、断続的に収穫できるのではなくて、一気に生育してドサっと収穫することになる(環境にもよる、おそらく水やりの加減で)。
スポンサードリンク

水やりと肥料

庭植えでも乾燥するときは水をやってください。
プランターで育てている場合は、毎日水をやってください。ミョウガは乾燥に弱く、水を好みます。かといって水のやりすぎは根腐れを招きます。といっても、ちゃんと毎日観察していれば、徐々にコツが分かってきます。
●水やりが少ないと収穫量が少ない。
●雨まかせにすると花芽=食べるところが生育せずに収穫できない。
●炎天下でも育てられるが、炎天下で育てる場合は周囲の土にマルチングをして蒸発を防ぎ、根焼けを防ぐ。

肥料をやると収穫アップ
6月~10月には化成肥料を一ヶ月に一回、もしくは液肥を一週間に一回程度やります。

それとは別に土に堆肥をやっておくとよく生育し、収穫が増える。ただし肥料が無くても収穫は出来るし生育に問題は無い。ミョウガは何年も収穫するもので、今年やる堆肥・肥料は来年以降の生育に大きく影響する。
ようは肥料や堆肥はやっておいたほうがいい、ってことです。
●肥料が多いと葉っぱが茂りすぎ、自分の重さで倒れてしまいます。肥料の加減を調節しましょう。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

二月前後に地下茎が、春にはミョウガの苗がホームセンターや園芸店で売られますので、それを植え付けします。株間は20cmから30cmほど空けましょう。
●植える時期が『6月まで』なのは収穫の兼ね合いから。ただ植えるだけなら9月まで大丈夫。ミョウガは苗を植えてから何年間も収穫するもの。遅くに植えたらその年の収穫は厳しいが、翌年以降の収穫には問題ない。

用土
土は選びません。市販されている普通の培養土で植え付けをします。庭に植える場合は、二週間か一ヶ月前に、庭の土に石灰を混ぜて中和させて起きましょう。
●ミョウガは葉っぱが密生します。春以降、徐々に葉っぱが茂ってくると、雑草すら生えなくなります。
●ミョウガは一度植えると、毎年出てくる簡単な植物。しかし、広がりすぎて隣の家の庭に侵食することもあります。植える前に考えましょう。

ミョウガは3年くらいで収穫できなくなる
ミョウガを一箇所に植えて続けていると数年で株が生育しなくなります。そこで3年か4年に一回は、掘り起こして株を分けて、別の場所、もしくは別の土で植え替えをします。これでまたミョウガの収穫に勢いが出ます。植え替えのときは肥料と堆肥をしっかりとやります。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

直射日光が当たらない場所。日差しが強いと葉焼けを起こして枯れてしまうこともあります。
●炎天下でも育てられるが、炎天下で育てる場合は周囲の土にマルチングをして蒸発を防ぎ、根焼けを防ぐ。

寒さに強い
ミョウガは寒さに強いです。冬は地上部が枯れて根で越す宿根草です。関東でも地植えできる。土が凍結する地域でも根付いていれば越冬は可能。出来れば株の上に腐葉土などを掛けて寒さは防いだほうがいいです。

その他

●おいしいミョウガには肥料と堆肥は必須。
●甘みが少なくエグいミョウガが出来たら、土にワラでマルチングをする。マルチングを暑くすることで乾燥が防げておいしくなる。

特徴・由来・伝承

名前の由来に関しては二つの説があります。
●大陸から「ショウガ」と共に「ミョウガ」が日本に渡来した際、香りの強いものを「兄香(セノカ)=ショウガ」、香りの弱いものを「妹香(メノカ)=ミョウガ」と呼んだ。

●ミョウガに関する物語として、釈迦の弟子チューラパンタカのお話があります。チューランパンタカは非常に頭が悪く、自分の名前も忘れてしまう。そこで釈迦はチューランパンタカの首に名札をつけました。ところが、彼は首に掛けた名札のことすら忘れてしまい、ついに死ぬまで自分の名前を覚えられなかった。彼が死んだ後に生えてきた植物に「名を荷う」という意味の「茗荷」という名前が付けられた。
釈迦の物語が広まり、ミョウガを食べると物忘れが激しくなるという俗説が広まりましたが、そういった成分は含まれて居ません。

ミョウガは5倍体の植物。つまり大陸からいくつかの株が持ち込まれて人の手で広がったと考えられます。雄花と雌花が咲きますが、これが受粉・受精して実をつけることはほとんどなく、繁殖は地下茎によるもののみ。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ミョウガの関連記事

ショウガ科の仲間


ショウガ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用