コバノランタナの育て方

MENU
TOP>クマツヅラ科>コバノランタナ
スポンサードリンク

コバノランタナ(小葉のランタナ・モンテビデンシス)

コバノランタナ
科名クマツヅラ科
属名ランタナ属
学名Lantana montevidensis
別名小葉のランタナ・モンテビデンシス
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

通常のランタナとは別種。ランタナよりも寒さに強い、常緑・匍匐性のツタ性ランタナ。ランタナが時間経過に伴って色合いを変えるのに対して、コバノランタナは単色。
つた性なので、ハンギングで垂らしたり、塀に這わせたりでき、なおかつランタナほどではないもの、非常に花つきもいい。
また香りもあり、寒さに当たると紅葉もする。ただし霜に当たると枝が枯れます。枯れますが春には新芽が芽吹き、また春から秋まで咲きます。
花の時期は長いですが、もっともキレイにたくさん咲くのは秋。

コバノランタナは花が終わったら、その枝をどんどん切り戻す。こうすると花芽が増える。よくいう摘芯ですが、ランタナの場合はkの切り戻しをしないと、伸び放題に伸びて樹形が乱れ、その上、花が減る。切り戻しはコバノランタナを育てる上で必要な作業です。切った枝はその辺に挿しておけば根が出てきます。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いていたら水をしっかりとやります。
コバノランタナは乾燥気味の痩せ地を好み、水は土が乾いてからやるようにしてください。土が濡れているうちに水をやっていると根が腐って枯れてしまいます。

生育期に肥料をあげます。
月に一回、液体肥料を挙げる程度です。肥料が多いと花つきが悪くなります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販の花と野菜の土で植え付けをするか、花と野菜の土に赤玉土か川砂を混ぜて水はけをよくしたものか、赤玉土6腐葉土2川砂1を混ぜたもので植え付けをします。

水はけのよい、痩せた土を好みます。

管理場所・日当たり

日当たりで管理します。暑さには耐性があり、寒さにもある程度の耐性があります。5度を下回ると、葉が落ち、霜に当たると枝まで枯れてしまいます。しかし、春になるとまた芽吹きますので、そのまま管理してください。
さすがに寒冷地だと完全に枯死しますので冬は室内で管理します。

真夏は暑さのあまり花が休むことがあります。

特徴・由来・伝承

ランタナは上へ上へと伸びる立性。コバノランタナは地を這って伸びる匍匐性。ランタナよりも葉っぱが小さいことからコバノランタナと呼ばれるように。
コバノランタナは繁殖力旺盛で、非常に広がるので、広がりすぎないよう気をつけましょう。
また性質が違うにも関わらず、ホームセンターや花屋さんがこの性質の違いを把握していないために、通常のランタナとして売られることがあり、何も知らずに買ってしまうと、困るかも。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

クマツヅラ科の仲間


クマツヅラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用