千日小坊・千紅花火の育て方

MENU
TOP>ヒユ科>千日小坊・千紅花火
スポンサードリンク

千日小坊・千紅花火

千日小坊・千紅花火
科名ヒユ科
属名アルテルナンテラ属
学名Alternanthera porrigens
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

短日植物で、自然な開花は日が短くなってからの10月。それ以前に咲いている苗は短日処理がしてあるため。
春に苗を植えたり、種を撒き、10月から12月に開花。暑さには強いですが、寒さには一定の耐性があるものの、耐寒温度は5度で、霜に当たれば枯れてしまいます。軒下で霜に当たらなければ関東以西では戸外の越冬が可能ともされています。枯れるか枯れないかは微妙。
暖地であれば戸外での越冬は可能。

水やりと肥料

鉢植えにした場合は、土が乾いていたら水をしっかりとやってください。土が濡れているようであれば水やりは控えて下さい。春や秋はほぼ毎日、夏は1日二回、水をやります。冬は水を控えて土が乾いてから数日たって水をやります。

庭植えの場合は、植え付け直後にしっかりと水をやったら、あとは日照りでもない限りは降雨だけで十分です。

暑さには強いものの、蒸れに弱く、真夏に茂りすぎたり水をやりすぎると立ち枯れしてしまいます。そこで、夏に切り戻しをします。切り戻しにはあきに花が咲いたときに、株を小さくまとめる目的もあります。

生育期・開花時期に液肥を2週間に一回程度やってください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている花と野菜の土で植え付けをします。

管理場所・日当たり

日当たりで管理します。日光が少ないと花つきが悪くなります。また蒸れにも弱いので、真夏は風通しが良い方がいいですが、これは刈り込むことで対処すれば大丈夫です。

千日小坊は短日植物です。植えつけている場所の近くに電灯などがあって夜間も光っていると、「昼が長いな」と思って花芽をつけないことがあります。出来るだけ、明かりが当たらない場所で管理しましょう。
といっても、全然咲かないのではなく、花が少なくなる程度です。「なんか花つきが悪いなぁ」と思ったら疑って下さい。

関東以西の寒くない地域で、軒下で霜を良ければ戸外でも越冬可能ですが、確実ではありません(地域によります)。どうしても越冬させたいのであれば室内で越冬させます。または千日小坊を夏の切り戻しの際に挿し木しておいて、小さな株を作り、それを室内で越冬させ、元の株をそのまま戸外で越冬させます。戸外の株が枯れたら、室内のものを春に植え付けます。ようは保険です。
スポンサードリンク

その他

春に植え、秋に咲きます。そのままにして育てていると80センチ前後と大きくなります。茎がしっかりとしているので支柱は必要ないのですが、花が小さくてかわいいので、草丈が大きいと、魅力が……そこで小さく仕上げる為に8月に切り戻しをして適当な草丈にまとめます。9月以降、日が短くなってから切ると花芽まで落としてしまい花が咲く期間が短くなりますので、8月に切り戻しを行います。

切り戻しをすることで脇芽が増え、穂先に花が咲くので花も増えます。

特徴・由来・伝承

ペルー、エクアドル原産のアルテルナンテラ・ポリゲンスの園芸品種。姿かたち・雰囲気も似ていますが、センニチコウとは全くの別種。センニチコウはヒユ科センニチコウ属(ゴンフレーナ属・原産地はアジア、アフリカ、オーストラリアの一年草)、千日小坊はヒユ科アルテルナンテラ属(ペルー、エクアドル原産の宿根草)。

センニチコウに似ているから、千日小坊という園芸品種名になったようです。センニチコウよりも花が小さく、可憐。日本の庭に合いますし、日本人の美意識にあっていることもあって、徐々に人気が出てきました。ただし、8月に切り戻しをして形を整えてやら無いと大きく育って、かわいくないです。

ところで千日紅・千紅花火(センコウハナビ)という苗がネットやホームセンターで出回っていますが、アレはアルテルナンテラ、つまり千日小坊です。どーしてセンニチコウとして売ってるのか分かりません。開花時期や性質が違うので気をつけましょう。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

千日小坊・千紅花火の日記

ヒユ科の仲間


ヒユ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用