ヤグルマギクの育て方

MENU
TOP>キク科>ヤグルマギク
スポンサードリンク

ヤグルマギク(矢車菊・矢車草・ヤグルマソウ・コーンフラワー)

ヤグルマギク
科名キク科
属名ヤグルマギク属
学名Centaurea cyanus
別名矢車菊・矢車草・ヤグルマソウ・コーンフラワー
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

秋に植え付け、春に咲いて梅雨前後に枯れてしまいます。一年草です。苗は秋から冬にかけて出回りますので、これを植えてください。これが冬を越して春に咲きます。

水やりと肥料

水が切れるとしおれるのですが、水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。土が濡れていたら水をやってください。土を指で触ってみて、濡れているようでしたら、水は控えてください。

どちらかというと乾燥気味の管理を好みますが、意外と水切れも起きやすいです。

肥料をやると大きく育ちます。大きく育つといいような気がしますが、風に当たって茎が折れて倒れやすくなりますので、生育期間に適度な液肥をやって調整してください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい土を好みます。庭植えする場合、土が粘土質だと水はけが悪く、根が腐ってしまいます。そこで川砂を足して、水はけをよくしてから植え付けをします。

鉢植えの場合は、赤玉土6腐葉土3川砂1を混ぜたものか、市販の花と野菜の土に川砂を混ぜるか、ハーブ用の土で植え付けをします。

植え付け・植え替えは秋に行います。秋の早い時期に植えることで根をしっかりと張らせると、冬の寒さに耐性がつきます。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりのよい場所で管理します。過湿によわく、風通しが悪いと枯れてしまいますので、風通しのよい場所で管理してください。寒さには強く、霜に当たったくらいでは枯れませんが、強い寒風に当たると傷んでしまいます。

特徴・由来・伝承

ヤグルマギクはヤグルマソウとも呼ばれますが、ユキノシタ科にヤグルマソウという名前の植物があって、混同しやすいです。見た目も性質も全く違います。混同を避けるためにヤグルマギクと呼ばれます。

本来は青い花。麦畑に生える雑草でしたが、改良されて色んな花色のヤグルマギクがあります。ドイツ、エストニア、マルタの国花です。

矢車とは鯉のぼりのてっぺんについているアレです。

属名のケンタウレアは半身半馬のケンタウロス族のケイロンが足の傷をこのヤグルマギクで治したという伝承から。

ツタンカーメンの墓の中にヤグルマギクの花束があった。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用