ロータスブリムストーンの育て方

MENU
TOP>マメ科>ロータスブリムストーン
スポンサードリンク

ロータスブリムストーン

ロータスブリムストーン
科名マメ科
属名ミヤコグサ属
学名Lotus Hirsutus"Brimsutone"
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

新芽は若々しいライムグリーン、それが成長とともに、色が変化していきます。この色合いを楽しむためには適宜、切り戻しをしてください。

フワフワでかわいい姿で弱そうなのですが、寒さ、暑さに強い。特にマイナス10度まで耐えるカラーリーフってなかなかありません。

ロータスの仲間で「ロータス・クレティクス」という銀葉種類があります。これはロータス・ブリムストーンより寒さに弱いです。

水やりと肥料

やや乾燥気味を好みます。

鉢植えの場合は、水のやりすぎに注意します。水切れにも弱いのですが、どちらかというと水のやりすぎに注意して下さい。水をやりすぎると、蒸れて腐って枯れてしまいます。特に夏場は蒸れやすくなります。

庭植えの場合は、植え付け直後にしっかりと水をやった後は、降雨だけで十分です。ただし、日照りのときは水をやってください。

春と秋に根本に骨粉入りの油粕などを置くか、生育期間に液肥を二週に一回程度やります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている花と野菜の土で植えるか、赤玉土腐葉土4を混ぜたもので植え付けをします。

管理場所・日当たり

日光を好み、日光が不足してくると、葉色が鈍くなりますので、出来るだけ日にあててあげます。といっても半日陰でも十分育ちます。耐陰性がそこそこあります。寒さに当たると葉っぱが紅葉します。

鉢植えの場合…春は日に当ててあげます。梅雨の長雨に晒されると腐ってきますので、梅雨は軒下など雨が当たらない場所に移動したほうが良いです。

夏の直射日光に当たると葉っぱが焼けてしまいますので、半日陰に移動させます。何かで遮光すればよいです。

秋になったら、また日に当てて下さい。

冬も日当たりで管理します。ロータスブリムストーンは寒さに強くマイナス10度まで耐えます。葉っぱは常緑で冬を越すので、カラーリーフとして非常に優秀です。

庭植えの場合…半日陰に植えてください。夏の直射日光でカラカラになるのを避けるために風通しの良い場所にします。

特徴・由来・伝承

ロータスというと、「ハス」という意味ですが、関係あるのでしょうか??マメ科植物のギリシャ名「ロトス(Lotos)」が由来らしいので関係ないみたいです。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

マメ科の仲間


マメ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用