オキザリスの育て方

MENU
TOP>カタバミ科>オキザリス

オキザリス

オキザリス
科名カタバミ科
学名Oxallis
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


オキザリスは品種によって開花時期が全く違います。年中咲いているわけではありません。

球根の植物で、休眠期があるものもありますので、地上部が枯れたからと言って諦めないようにしましょう。

昼に咲き、夜は花が閉じます。
スポンサードリンク

水やりと肥料

球根で乾燥に強く、水はけのいい土を好みます。水をやり過ぎると傷みますので気をつけてください。
地上部がなくなる時期に水をやり忘れないよう
逆に休眠期は地上部が無くなるので、水やりを忘れてしまいます。庭植えの場合は、雨が当たるなら水はやらなくても、大丈夫ですが、鉢植えの場合は休眠期に水やりを忘れると枯れてしまいます。気をつけましょう。

植え付け・植えかえ・種蒔き

夏咲きオキザリス
夏咲きオキザリス=ラッキークローバーは、3月~4月に植えつけし、夏に花が咲いて冬には寒さで地上部が枯れてしまいます。ラッキークローバーは葉っぱが四葉のクローバーに似ていることからよく流通しています。耐寒性があるものが多く、そのまま冬も植えっぱなしです。
冬咲きオキザリス
秋~冬に咲くオキザリスは8月~9月に『球根』を植えるのですが、花屋さんに『苗』が出回るのは寒くなる9月~11月頃です。これが出たときに植えてください。冬の間に花が咲き、夏に休眠しますが、暑さで枯れてしまうことがほとんどです。翌年も楽しむならば、夏に掘り起こして秋に植えなおします。面倒です。

管理場所・日当たり

日光が大事です
日の当たる場所に植えましょう。日当たりが悪いと葉っぱが徒長して株が不恰好になります。またあまりに日光が少ないと葉っぱが黄色くなって落ちます。
晴れの日は開き、くもりは閉じる
日が当たると花が開きます。曇りの日は花が閉じっぱなしになります。やたらと日光に敏感です。

特徴・由来・伝承

オキザリスはギリシャ語の「すっぱい」から。葉や茎に酸味がある。

葉っぱの形も花の形も非常に多種なので、オキザリス愛好家は多いです。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

カタバミ科の仲間


カタバミ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用