グリーンアイスの育て方

MENU
TOP>バラ科>グリーンアイス
スポンサードリンク

グリーンアイス(ミニバラ)

グリーンアイス
科名バラ科
別名ミニバラ
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

まずツボミが淡いピンク色。ツボミが開くと真っ白なポンポン咲き。時折花びらの縁にピンクが入っています。ピンクの模様が入るのは氷点下で育ったため。それが時間経過と共にグリーンへと変化します。こぼれるように大量に何輪も咲きます。花色も白いといってもオフホワイト気味とはいえ鮮やかな白。グリーンも鮮やかです。つる性で仕立ても楽です。性質は四季咲き。

育て方は一般的なミニバラと同じです。

水やりと肥料

土が乾いて居たら水をしっかりとやります。バラは水を好みますが、多湿を嫌います。土が濡れているようであれば水をやりません。

水切れを避けるコツ
グリーンアイスを鉢で育てているならば、鉢を毎日持ち上げてみて重さを覚えておいて、「軽いな」と思ったら水をやるようにします。春や夏は水が切れたのは、葉っぱがしなびてすぐにわかるのですが、冬は水が切れたのかどうか分かりにくいです。鉢の重さを覚えていると失敗が少なくなります。

肥料
春に花が咲いて一休みする6月7月くらいに油粕と牛フンか、バラ用の固形肥料などをやります。また秋に花が咲き終わった10月11月くらいに同じように油粕と牛フンかバラ用固形肥料をやります。それとは別に生育期に二週間に一回程度液肥をやります。

バラは肥料食い
ミニバラは肥料を喰います。肥料が切れると花も咲きませんし成長もしません。夏にやった肥料にウジが湧くこともあります。見たくないときは、肥料を土に穴を作ってそこに入れて埋めておきます。その時にバラの根っこに当たらないようにします。根っこにあたると肥料焼けを起こしてバラが弱ります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

花と野菜の土か、バラの専用土で植え付けをします。

管理場所・日当たり

出来るだけ日当たりがいいほうがいいですが、半日陰の場所……極端な話ですが一日3時間程度しかあたらないような場所でも花は咲きます。ただし、日光が少ないと花は少なくなります。

戸外で
グリーンアイスは寒さにも強く、病害虫にも強いので戸外で管理します。室内だと徐々に弱って枯れていくことが多いです。

葉っぱがポロポロ落ちる
場所が変わり、急に日が当たるようになったり、その逆に日光が少なくなったりすると葉っぱが入れ替わろうと、変色してポロポロと落ちていきます。これは致し方の無いことなので、いつも通りの手入れを続けます。あせってちょくちょく場所を変える方がグリーンアイスにはストレスです。

虫や病気予防を

グリーンアイスが病害虫に強いといっても、病気にもなりますし、虫もつきます。ウドンコ病は多湿になるとなりやすいです。アブラムシは新芽にくらいついて成長しなくなります。

一番の予防法は
病気も害虫も、木酢液を撒いて予防出来ますが、一番いいのは「毎日チェックすること」です。とにかく毎日チェックして病気部分は切除、害虫はすぐに補殺します。

特徴・由来・伝承

グリーンアイスはつる性のミニバラで非常に愛らしい人気品種です。バラ、特にミニバラというと病気と害虫の温床となるのですが、グリーンアイスは病害虫に比較的強く、花つきがよいのも人気の理由です。比較的強いだけで病気にかからないわけじゃないんですよ。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

バラ科の仲間


バラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用