ペーパーカスケードの育て方

MENU
TOP>キク科>ペーパーカスケード
スポンサードリンク

ペーパーカスケード(ヘリクリサム)

ペーパーカスケード
科名キク科
属名ヘリプテルム属
学名Helipterum anthemoides Paper Cascade
別名ヘリクリサム
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

宿根草ですが、夏越しが難しく一年草扱いの植物です。3月くらいから花屋さんやホームセンターで出回るようになります。甘い香りがして、ちょっとしたギフトに贈るにはピッタリです。
夏には枯れてしまう
夏の高温多湿で枯れてしまうと考えた方が気が楽です。寒冷地では夏越しが可能ですが、温暖な地域では夏に消えてしまいます。夏越しをする場合は、地上部を数センチほどにバッサリと切って、日陰の風通しの良いところで管理します。

水やりと肥料

土が乾いてから水やり
乾燥を好み、過湿に弱いので、土が乾いてから水をやってください。土が濡れている間は水をやらないでください。
とにかく多湿に弱い
ドライフラワーのような見た目で分かるように、乾燥に強く、多湿に弱いので、水をやりすぎないように気を付けてください。
肥料は不要です
ペーパーカスケードは肥料をほとんど必要としていません。肥料が多いと枯れてしまいます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

もしも庭植えする場合、庭の土が粘土質であまりに水はけが悪い場合は川砂を混ぜて水はけをよくしてから植え付けをします。肥料は緩効性の化成肥料を少量混ぜておきます。
鉢植えは
寒冷地だと夏を越し、冬も越し、春にまた花が咲く宿根そうで、年々株が大きくなります。鉢植えの場合は二年に一回は植え替えをしてください。植え替えをするときに根についた土は崩さず植え替えをしてください。

管理場所・日当たり

日当たりじゃないと花が咲かないかも
室内の日当たりでは無いところで管理しているとせっかくのつぼみが開かないままということもあります。必ず出来るだけ日当たりで管理してください。
寒さには強い。北海道でも越冬可能
寒さには強いので防寒などは必要ありません。北海道・東北では夏を越して毎年花を咲かせます。
でも店で買って来たばかりの鉢は寒さに弱い
本来は北海道でも越冬するほどの耐寒性があるのですが、早い時は2月にすでに店に出回っているペーパーカスケードは温室育ちで無理に咲かせているので耐寒性が低く、霜に当たっただけでシンナリとしてしまいます。いきなり戸外で管理せず、春までは室内の日当たりで管理して、暖かくなったら戸外に出してください。

特徴・由来・伝承

花かんざし(ハナカンザシ)と同じキク科で花もよく似ていますが、属の違う全くの別種です。ツボミの外側がピンク色で、白い花弁と中央が黄色い花が咲きます。花びらがカサカサしていて、ドライフラワーのようでもあります。ちなみに属名の「ヘリプテルム属」はギリシャ語で「太陽の翼」という意味です。
ヘリクリサムと言っていますが
ペーパーカスケードは流通する際には「ヘリクリサム・ペーパーカスケード」で出回ることがあり、「ヘリクリサム」の園芸品種とも言われますが、実際には「ヘリクリサム」ではなく「ヘリプテルム属(もしくはアクロクリニウム属)」です。ハナカンザシはペーパーカスケードの一種です。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用