ヘリクリサム・ホワイトフェアリーの育て方

MENU
使い方
TOP>キク科>ヘリクリサム・ホワイトフェアリー
スポンサードリンク

ヘリクリサム・ホワイトフェアリー(ハナカンザシ)

ヘリクリサム・ホワイトフェアリー
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名キク科
属名ムギワラギク属
学名Helichrysum
別名ハナカンザシ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
生育最低気温-10度なので、よほどの寒冷地でなければ戸外で越冬可能です。
花が終わったら花ガラをこまめにつんでやれば、花が次々と咲きます。
梅雨以降の過湿と高温が苦手で寒冷地でないと夏越しは難しいです。暖地では春に植えて夏には消えるものと考えた方が気が楽です。といっても夏越しは不可能ではありません。

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
土が乾いていたら水をしっかりとやってください。乾燥気味を好みますので、あまり水をあげないようにしてください。水を葉っぱや花に掛らないようにしてください。土に水を注ぎます。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
日当たりのいい場所で、水はけのいい場所が好ましいです。夏越しに挑戦する場合は、夏は風通しのいい日陰へと移動し、葉っぱや茎が密集しているのであれば、間引いて風通しをよくします。

その他

この項目の修正・提案をする
二年目以降はがっちりとした木っぽくなります。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
葉っぱに白い毛が生えていて、銀色が人気のカラーリーフプラントです。
花はドライフラワーのようにカサカサでハナカンザシに似ています。ホワイトフェリーはツボミの状態が長くて、なかなかパックリと開きません。水をつぼみに掛らないようしないと、ツボミのままで痛んでしまいます。
ツボミが開くと中に黄色い顔が見えますので、それまで気長に待ってあげましょう。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用