帝王貝細工の育て方

MENU
使い方 TOP

帝王貝細工(ムギワラギク)

帝王貝細工
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名キク科
属名ムギワラギク属
学名Helichrysum bracteatum
別名ムギワラギク
みずやり乾かし気味に
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
帝王貝細工(ヘリクリサム)は半耐寒性一年草。東京以西では秋に種を撒いて越冬させて春から夏に掛けて花を楽しむのですが、発芽率がよいので、それほど広い庭が無いのであれば春に苗を植えて夏まで花を楽しみます。冬までには寒さで枯れてしまいます。夏の多湿でも腐りやすいので、どちらにしても一年草扱いです(本来は多年草宿根草)。
花ガラを摘んでください
花が終わって変色してきたら、早めに摘みましょう。花ガラを摘むことで次の花が咲きやすくなりますし、帝王貝細工の場合は、花が腐って病気の元になることがあります。
草丈40cmから80cm
まとめ
●過湿に弱く、乾燥に強い。水やりは控えめがコツ。
中間地・寒冷地では冬までには枯れる一年草扱い。
暖地では夏に過湿で枯れる一年草扱い…どちらにしても一年草扱い。
肥料は追肥しないが、不足しているようなら薄い液体肥料をやる。
●ドライフワラーにも。
●庭植えする前には苦土石灰を。
摘芯は随時行う。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水やりと肥料
この項目の修正・提案をする
鉢植えの場合は土が乾いていたら
土が乾いていたら水をしっかりとやってください。過湿に弱く、水をやりすぎると腐って枯れてしまいます。土が濡れているうちは水をやらないようにしてください。とにかく乾燥気味の水やりがコツ。出来れば鉢を持ち上げて土中の水分量を測れるようになっておくと水切れ・水のやりすぎを避けられます。
●花には水がかからないようにする。花に水がかかると花がしぼむだけじゃなくて、花が腐ってしまう、かも。それが病気の原因になる。避けるのであれば土に水を注ぐようにする。
●ただし、葉っぱに水を掛けることでハダニ予防になる。水をやるときに葉っぱの裏に水をかけるようにするとよい。なので、花はしぼんだら早めに摘むようにすれば水をかけてもいい。

庭植えは楽です
庭植えにした場合、植え付け直後二週間ほど根付くまで水をやりますが、その後は降雨だけで十分です。
肥料
肥料は追加しない。植え付けのときに肥料をやったらそれで十分です。ただし、どうにも肥料不足が疑われる場合は6月から9月に薄い液体肥料を二週に一回ほどやる。

植え付け

この項目の修正・提案をする
植え付け時期は春か秋
発芽温度が20度なので春に種まきして夏まで育てるか、秋に種まきして冬を越して夏まで育てる。秋まきして冬を越したほうが苗が大きくなり、開花も多くなる。ただ、帝王貝細工は寒さに弱いので(霜に当たると枯れる)ので、暖地以外では普通は春蒔き・春植えにする。
●苗はあまり流通していない(という印象)。発芽率が良いので種から育てることが多い(という印象)。

用土
植え付けする一週間前に苦土石灰を混ぜておきます。一週間後に腐葉土堆肥を2割ほどまぜて、緩効性化成肥料を少しやります。腐葉土・堆肥は水持ちを良くするものです。あまりに水はけが悪い場合は川砂を混ぜて水はけを良くします。
鉢植えにする場合は市販の培養土を利用します。もしくは市販の培養土に赤玉土を2割ほど足すといいです。
鉢植えの手順
鉢底の穴に網を敷いて、穴を塞ぎます。その上に軽石を3センチほど敷きます。網も軽石もホームセンターなどで売ってます。軽石の上に用土を入れ、苗を置いて隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。
●鉢の大きさは5号で1苗。65cmのプランターなら3個から5個。
矮性種でない、草丈が高くなるタイプは支柱をする。

庭植えの手順
15cmか20cmほど掘り返して、苦土石灰を混ぜておきます。混ぜてから一週間から二週間ほど経ってから、腐葉土か堆肥を2割ほど入れて、緩効性化成肥料をよくよく混ぜて、苗を植えていきます。株間は20cmから30cm。
少し高植え・高畝にすると水はけがよくなってよいです。
●草丈が高くなるタイプは支柱をするとよい。
●植え付け時の肥料は窒素の少ないものがよい。窒素が多いと花がさきづらくなる。

種蒔き

この項目の修正・提案をする
発芽温度は20度。4月5月に種を蒔くか、9月10月に種まきをする。種苗箱に赤玉土小粒単用を敷き、種を撒いて2mmほど土をかぶせる。ほとんど土は被せないってことです。あとは乾燥しないように日陰で管理する。発芽までは一週間か二週間。
発芽して本葉が2枚か3枚になったら小さな鉢やポットに植え替え、本葉が8枚になったら庭植えする。
●上には種まきの用土を「赤玉土小粒単用」と書いたがそんな丁寧にする必要はない。一般的な培養土で十分。というか庭にパラっと撒いてても発芽はする。
●芽が出たら日当たりに移動させて薄い液体肥料をやると生育が良い。
●発芽したら間引いていく。
●発芽率がよい。ほぼ発芽する。
●気温が高いと発芽しやすい。5月以降がよい。関東では4月下旬でも霜が降りつことがあるため。
●乾燥しないようにするが、ビチャビチャだと種子が腐ることがある。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
日当たりを好む
日当たりで管理。日光が少ないと生育が悪く、花が少なくなる。半日陰は避けたほうが良い。多湿に弱いので風通しの良い場所で管理する。夏の暑さと乾燥には強い。暑さには強いが、日本の多湿な夏は厳しい。
秋蒔きの場合の冬の管理
秋に種を撒いた場合、冬は霜に当たると枯れてしまいますので、霜よけをします。霜が降りない暖地であれば、戸外で越冬可能です。
●霜除けすれば、中間地でも越冬するらしい。

病害虫

この項目の修正・提案をする
病害虫・ハダニ
ハダニが発生する。ハダニは蜘蛛の仲間でとても小さい。目には見えない位小さい。乾燥すると発生するので、葉っぱに水をかけるとよい。ハダニは葉っぱの裏から葉の汁を吸うので、葉っぱの裏にも水をかけると予防できる。
ただ、帝王貝細工(ヘリクリサム)は乾燥気味に管理するものなので、ある程度の頻度では発生する。発生したら、薬剤を散布して駆除する。
病害虫・アブラムシ
アブラムシも発生する。新芽にまとわりついて汁を吸い、生育が著しく阻害されるので、早めに駆除する。薬剤を散布するか、前もってオルトラン粒剤を撒く。ただし、アブラムシは耐性がつきやすいので、オルトランを撒いても効かないときは効かない。複数の薬剤を併用するといい。

花ガラ摘み・摘芯

この項目の修正・提案をする
花ガラ摘み
帝王貝細工の花の色が霞んできたら早めに切り取る。古い花を取り除くことで、次の花が咲きやすくなる。
摘芯
芽の先を切ると、その下から新芽が出ます。それで枝が増えて花が増えます。これを摘芯といいます。摘芯は春から夏の間、定期的に行います(二週間に一回とか)。花ガラ摘みも摘芯の効果を狙っています。
●他の植物のように、大きく切り戻さないでいい。
●摘芯することでコンモリと仕上がりやすく、草丈も小さくなる。茎もしっかりとする。
●矮性種は摘芯しなくてもコンモリとなり小さくまとまる。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
帝王貝細工とはムギワラギク(ヘリクリサム)のことです。オーストラリア原産。帝王貝細工はキク科の一年草扱い植物。カサカサした油取り紙のような花びらが何重にも重なる変わった花を咲かせます。ドライフラワーにすぐに出来ます。本来は多年草ですが、高温多湿に弱いために、日本では春から夏にかけて花を楽しむ一年草扱いです。
ヘリクリサムの仲間
ヘリクリサムやハナカンザシかんざし姫などの仲間です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用