コロロの育て方

MENU
使い方
TOP>キク科>コロロ
スポンサードリンク

コロロ

nophoto
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名キク科
属名ムギワラギク属
学名Helichrysum
みずやり水控え目
場所季節による
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
花がカサカサでドライフラワーのようで一度咲くと長い。一定の寒さには強いが霜・雪には弱い。夏の暑さにも弱いが、乗り越えると秋に開花する。
大きさ・草丈・樹高
草丈20cmから30cm、幅25cmから30cm
まとめ
夏越しにこだわらなければ初心者向け。
水やりは乾燥気味に。
肥料が切れると花が止まるので肥料はやる。
●花が終わったら摘む。
●日当たりで管理する。ただし霜・雪に弱いので冬は軒下の日当たりか、室内の日当たり。真夏は暑さに弱いのでできるだけ涼しい半日陰(か日陰)で管理する。

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やりのコツ
土が乾いたら水をやる。コロロは乾燥気味に管理してください。また、水をやるときは花に水をかけないようにします。土に水を注ぐようにします。水切れすると花がしおれてしまいますが、基本的には乾燥気味に。
夏の水やり
夏の暑さで弱っているので水やりは控えめに。
冬の水やり
秋以降は水やりを春と同様にします(乾燥気味に水切れしないように)。気温が下がると生育が鈍くなるのでさらに乾燥気味で管理します。
肥料
生育するときに緩効性固形肥料を月に一回やるか、二週に一回液体肥料をやります。春以降は週に一回。肥料が切れると花が止まります。調整ができる液体肥料が便利。真冬(12月から1月)は生育が鈍いので肥料をやってもいいが控えめにする。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
植え替え・植え付け時期
10月ごろと春先に苗が出るのでそれを植える。
用土
水はけの良い土。一般的な花と野菜の培養土で植え付けをします。
植え付け方法
30センチの10号鉢で苗1個から3個。65センチのプランターで苗2個か3個。
鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。
●夏越しを考えないなら庭植えも可。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
日当たりで育てる
日当たりを好む。半日陰でも育ちますが、日当たりの方が花が多くなりますので、できるだけ日当たりで育てます。関東以西なら戸外で越冬。ただし霜や雪には当てない。暖地であれば戸外で越冬が可能。ただし、暖地では夏越しがむつかしい。
霜・雪
耐寒温度は0度くらい。なんですが、霜や雪にあたると傷んでしまい枯れることもありますので、冬は軒下など霜や雪の当たらない場所で管理するか、室内で管理します。冬に室内で管理して春になって戸外にいきなり出すとしおれてしまいます。最初は昼間だけ戸外で日に当てて徐々に慣らすようにします。
●室内で管理するときは暖房の風に当てないようにする。
●室内の日当たりで管理する。昼間に暖房をかけている部屋では夜中でも氷点下まではいかない。窓の近くは夜中に氷点下以下になることがあるので寒波が来るときは夜だけ部屋の中央に移動させる。
夏越し
夏の高温多湿に弱いので夏は半日陰か明るい日陰の涼しいところに移動させます。

その他

この項目の修正・提案をする
剪定
花が終わった梅雨前か夏前に全体を半分から三分の一ほど切り戻し、黄色い葉っぱをむしっておくと、夏越ししやすい。
花ガラ摘み
花が終わったら詰んでください。コロロは花が特に放置していると花が水を吸って腐って病気の元になりやすい。たくさん開花するので面倒ですが摘んであげましょう。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
サントリーが開発したヘリクリサム(ムギワラソウ)の園芸品種。というよりは「帝王貝細工」の園芸品種といった方がシックリ来る。帝王貝細工は昔はよく流通していたんですよね。ドライフラワーのような質感の花ですが色は鮮やか。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用