シンフォリカルポスの育て方

MENU
TOP>スイカズラ科>シンフォリカルポス

シンフォリカルポス(雪晃木・スノーベリー)

nophoto
科名スイカズラ科
属名シンフォリカルポス属
学名Symphoricarpos albus
別名雪晃木・スノーベリー
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

花が7月から9月。その後実が9月から12月まで楽しめます。寒さに強く乾燥に弱い。冬になると落葉するのですが、それでもあの丸い果実が残ります。
スポンサードリンク

水やりと肥料

涼しくて湿潤な環境を好みます。乾燥に弱く、乾燥するとすぐに葉っぱがシワシワになってしまいますので、水が切れないようにしてください。
乾燥に弱いが、過湿にも弱い
水が切れると葉っぱがカリカリになります。でも長期間土が濡れている状態が続くのも根腐れの原因になります。
春と秋に緩効性肥料
これから出る新芽のために春に緩効性肥料を根本にやります。実が付いた後、お礼肥として秋に緩効性肥料をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢植えするときは市販の培養で植え付けてください。
庭植えする場合は、腐葉土を混ぜます。極端に水はけが悪い粘土質ならば川砂を混ぜてから植え付けてください。
挿木・種蒔きで
種子を撒いていると芽が出て来ますが、発芽率が悪いので挿木の方がよく増えます。

管理場所・日当たり

シンフォリカルポスは耐暑性があるのですが、乾燥に弱く、気温が高くなると蒸発が激しくなり、庭植えにしていても水切れが起きます。鉢植えの場合は夏は半日陰に移動するか、根本に腐葉土を敷く(マルチング)かグランドカバーの植物を植えて蒸発を防ぎます。
冬の寒さに強い
高冷地でも越冬します。寒さには強いです。冬は落葉します。

特徴・由来・伝承

北アメリカ原産の花木。切花として輸入されていましたが、現在は国産のシンフォリカルポスも出荷しているところを見ると日本でも生育可能なんでしょうね。丸いみずみずしそうな実が魅力。ピンクに染まったものもかわいらしくフラワーアレンジメントに使われます。特にブライダルブーケ・ブライダルアレンジにはその柔らかで澄んだ色合いがピッタリ。切花の場合、葉っぱがすぐにしおれるのがちょっと。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

スイカズラ科の仲間


スイカズラ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用