ブライダルブーケ(センペルヴィレンス)の育て方…地植えで楽しめます

TOP > アブラナ科 > イベリス最終更新画像投稿

ブライダルブーケの基礎データ

ブライダルブーケ
科名
アブラナ科
属名
イベリス属
学名
Iberis sempervirens
別名
宿根イベリス・キャンディタフト
耐寒
マイナス15度
水やり
水を好む
場所
外の日なた
難易度
初心者向け
ブライダルブーケの開花時期…植え付け・植え替え時期…肥料時期…剪定時期…月別スケジュールです。

ブライダルブーケとは?

ブライダルブーケ:ブライダルブーケとは?
ブライダルブーケ(トキワナガリバナ、イベリスセンパビレンス)はヨーロッパ・北アメリカに自生するアブラナ科イベリス属の常緑の宿根草多年草)で、学名ではイベリス・センペルヴィレンス。鮮やかな真っ白な花が集まって半球になって開花します。

花嫁が持つブーケのように真っ白でこぼれるように花が咲きます。草丈が20cm前後と低く、寒さに強いので、地植えも鉢植えも可能で、冬のガーデニングのグランドカバーや、寄せ植えの前景によく使われます。

耐寒温度マイナス15度と、かなり寒さに強く、秋か冬に苗を植えて、それが春から初夏まで咲きます。夏の高温多湿で枯れることもありますが、夏越しも十分可能です。宿根なので、夏を越せばまた翌年の春に花を咲かせます。本来は亜低木です。

花がしぼんだら、こまめに摘んでやるのが、長く綺麗に花を楽しむコツです。
草丈20cm
イベリス ブライダルブーケの商品画像
イベリス ブライダルブーケの購入はこちら
Amazon
楽天市場

植え付け・植えかえ・種蒔き

時期・頻度

秋(9月)〜冬(2月)に苗を植え付けます。鉢植えで夏越しした場合は、同様に9月〜2月に植え替えをするといいです。

宿根イベリスのブライダルブーケに限らず、イベリスは移植を嫌います。一旦植えたら、別の場所に移動は出来ないと考えて、どこに植えるか決めましょう

用土

水はけのよい土を好みます。

鉢植えにする場合は、市販されている花と野菜の土で植え付けをします。もしくは市販の土に川砂かパーライトを混ぜてから植えます。市販の土はすでに中和してありますので、苦土石灰を混ぜる必要はありません。

庭植えの場合は、庭の土に苦土石灰を混ぜて中和させてから、腐葉土堆肥を入れて用土とします。水はけのよい土を好みますので、庭の土が粘土質な場合は、土に川砂かパーライトを混ぜて、水はけを良くしてください。

鉢植えの手順は?

6号〜8号鉢に1苗を植えるといいです。プランターなら3苗です。

鉢植えの底の穴を鉢底ネット(鉢底網)で塞いで、その上に鉢底石(軽石)を2cm〜3cm入れて、その上に用土を入れて、株を入れて、隙間に用土を入れて、最後に鉢底から水が出るまで水をやってください。

植え替える場合は、土を落とさないでひと回り大きな鉢に、新しい土を足して植え替えます。

地植え(庭植え)の手順は?

庭土を深さ20cmほど掘り返し、苦土石灰を1平方mあたり100gほどまいて中和させます。中和には1週間〜10日かかるので、中和反応があらかた終わったら、その土に腐葉土か堆肥を元の土に対して2割ほど追加して、化成肥料を説明書きの規定量の半分ほど入れて、よく混ぜて用土とします。

庭土が粘土質で水はけが悪いのであれば川砂・軽石・パーライトなどを混ぜて水はけをよくしておきます。

穴に半分用土を戻して、苗を株間20cm〜25cmほど空けて配置し、隙間に用土を入れて、最後にしっかりと水をやってください。 これで完成です。

挿木で増やすこともできます

開花が終わって、株全体を刈り込んだ時に出た茎を、7cm〜10cmほど取って、水揚げをします。水揚げはコップなどに水を入れて、切り口を30分〜1時間ほど水につけて葉っぱの先まで水を行き渡らせる作業です。

あとは赤玉土小粒を入れた挿し床を用意して、ここに挿木を刺して、乾燥しないように水やりをして、明るい日陰で管理していると発根します。発根して、新葉が見られるようになったら、鉢や庭に植え付けます。

管理場所・日当たり

日光にしっかりと当ててください。日光が少ないとうまく育たず、花つきが悪くなり、茎がひょろ長く伸びて株が弱くなってしまいます。

夏越しのコツは?

夏の多湿に弱く、風通しが悪いと蒸れて枯れてしまいます。そこで花が一休みする6月に刈り込んでしまいましょう。刈り込むことで、次の花も咲きやすくなります。

地域や環境によって涼しくなってから…9月以降にまた咲くことがあります。

越冬・冬の管理は?

冬の寒さには強く、マイナス15度まで耐えます。防寒は不要です。

水やり

土が乾いたら、水をやります。宿根イベリス・ブライダルブーケは過湿に弱く、水をやり過ぎると蒸れて、根が腐ってしまいます。夏は特に蒸れやすいです。冬でも水をやり過ぎると、株が弱り、生育不良を起こしたり、根が腐ってしまいます。

水やりの基本は「土が乾いていたら、たっぷりやる」です。水をやるときは、鉢底から染み出すくらいにしっかりとやりますが、土に触ってみて、濡れているようであれば、水はやらないでください。

肥料

春の開花時期に一週間に一回程度、秋は月に一回か二回程度、液肥をあげます。肥料はさほど必要としておらず、肥料が多いと徒長(ひょろ長くなること)して間延びします。様子を見て、生育が悪い・花が少ないと思ったら、追肥する程度でいいです。

剪定・切り戻し

ブライダルブーケ:剪定・切り戻し
開花が一段落したら、株全体を半分〜3分の2の高さに刈り込んでやると脇芽が出て大きくなって、もう一回開花することもあります。それに、蒸れに弱いので刈り込んで風通しをよくした方がいいです。蒸れると枯れ込んできます。

蒸れ対策としては5月〜7月に刈り込んでおくといいです。その際に傷んだ葉っぱをむしって清潔にしておきましょう。

病気・害虫

アブラムシヨトウムシ
スポンサーリンク
記事が気に入ったら拡散をお願いします。
はてブ LINE

ブライダルブーケのカテゴリ・タグ

鉢植え寒さに強いグランドカバー宿根草夏越し蒸れに弱い北アメリカ

アブラナ科

スポンサーリンク