オーブリエチアの育て方

MENU
TOP>アブラナ科>オーブリエチア
スポンサードリンク

オーブリエチア

オーブリエチア
科名アブラナ科
学名Aubrieta
みずやり水控え目
場所季節による
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

高温多湿に弱く、一年草扱い
オーブリエチアは秋に種を撒いて、冬を越し春から花を咲かせます。本来は夏を越し、冬を越し、毎年春に花を咲かせる多年草ですが、日本では夏の高温多湿に負けて枯れてします。
春に苗が出回ります
春に苗や鉢が出回り、それを鉢のままか庭植えます。
夏越しはあきらめた方が
寒冷地であれば、夏越しは可能ですが、暖地ではほとんど不可能。風通しのよい半日陰で管理していてもなかなか難しいです。
本来は霜に強いのですが
オーブリエチアは少々の霜では枯れることがないのですが、本来まだ咲いていない時期――2月とか3月に出回るオーブリエチアは温室で育てられていて、寒さに弱いので、暖かくなるまで室内で管理しましょう。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いて居たら水をやります。オーブリエチアは乾燥に強いので、乾燥気味に管理します。逆に過湿に弱いので、水のやりすぎに注意します。

植え付け・植えかえ・種蒔き

本来は秋に種を撒くか、冬に苗を植えるかして、春に花が咲き、夏に高温多湿で枯れるというパターンですが、ホームセンターや花屋さんで冬に苗を見ることはほとんど無いです。真冬に花が咲いているオーブリエチアを見かけたとしたら、それは温室で相当暖めて育てているので、戸外に出すと寒さで枯れます。
市販の土で植え替えを
花が終わったら、植え替えをして刈り込んで夏越しに備えます。土は市販の土に川砂を混ぜたものが良いです。

管理場所・日当たり

霜に注意
霜に当たっただけでは枯れませんが、マイナス5度以下になるような強い下に当たると、枯れてしまいます。冬の間は霜に当たらない軒下で管理するのが無難です。
出来るだけ日当たりで
出来るだけ日当たりで管理します。真夏は風通しのよい半日陰に移動して夏越しさせます。

特徴・由来・伝承

アブラナ科の植物で、草丈15センチ程度と低い。地中海沿岸からイランでは毎年花が咲く多年草・宿根草ですが、日本では夏の暑さで姿を消すことがほとんどで、一年草扱いです。

満開になると花の絨毯(ジュウタン)のよう。
オーブリエチアと言う名前はフランスの植物画家クロード・オーブリエから。しかしこのオーブリエさんは本当に有名な画家さんなんだろうか……推測が多いですが、おそらく……17世紀から19世紀にヨーロッパで起きたガーデニングブームの中で園芸植物を集める貴族に対していくつかの「植物雑誌」が発刊されていました。当時は写真なんていうものがありませんでしたから、植物の挿絵が入っていました。これがカラーの挿絵で、今見ても精密、美しいものです。この挿絵を描いていた一人がクロード・オーブリエさん。ちなみに日本に来たペリーの黒船にも挿絵を描く絵師が乗船していました。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

アブラナ科の仲間


アブラナ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用