シッサスシュガーバインの育て方

MENU
TOP>ブドウ科>シッサスシュガーバイン

シッサスシュガーバイン

シッサスシュガーバイン
科名ブドウ科
みずやり水控え目
場所日の当たる室内
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

一年を通して室内で管理すると思ってください。耐寒温度が5度なので温かくなったら戸外でも大丈夫です。

ある程度の日陰に耐えられますが、窓辺などの明るい場所が適しています。真夏に、窓辺に置いていて葉っぱが変色するようであれば、直射日光の当たりすぎで葉やけしていると思いますので、そのときは日が当たらない場所に移動させてください。

水やりと肥料

土が乾いていたら、水をやってください。室内で管理することが多いので、蒸発しにくいために水を頻繁にやると根が傷みます。土が乾いてたら水をやる程度にしてください。
乾燥で葉っぱがシワシワになるようでしたら、霧吹きで葉っぱに水をかけてやってください。特に冬は空気が乾燥するのですが、成長が鈍くなかなか土が乾かないのに、葉っぱから水分が蒸発していきます。葉っぱに霧吹きを掛けてください。

春から秋にかけての成長期に液体肥料を月に二回か三回ほどあげます。肥料が少なくて枯れるということはありません。春から秋以外の季節に肥料を上げると根が傷みますので気を付けてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替え時期は5月か6月が理想的ですが、前後してもさほど問題はありません。土は市販されている「観葉植物の土」か、赤玉土6腐葉土3川砂1を混ぜたものを利用しましょう。市販の土はすでに肥料も含まれていて、大抵の植物を育てるのに適しています。一度植えた後の土を再利用すると病気の原因に成ったり、栄養不足で傷んだりします。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日光が強い場所では葉っぱが焼けてしまいますので、直射日光が当たらないか、当たっても緩やかな光の場所が適しています。あまりに日光が足りないと株が弱って枯れてしまいますが、耐陰性があり、育てやすい植物です。

<春>室内の明るい場所か戸外の半日陰か日陰
<夏>室内の明るい場所か戸外の日陰
<秋>室内の明るい場所か戸外の半日陰か日陰
<冬>室内の明るい場所

特徴・由来・伝承


オランダで品種改良されたブドウ科の植物です。葉っぱの裏に白い樹液の固まったものが付着するために「砂糖(シュガー)つる(バイン)」と呼ばれています。

小さな葉っぱが五枚で一組になり、柔らかなツルで垂れ下がったり、支柱や格子状の小さなラティスなどに引っ掛けたりします。

観葉植物としては寒さに強いほうで、0度以下にならなければ越冬も充分可能です。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ブドウ科の仲間


ブドウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用