ヒュウガミズキの育て方

MENU
TOP>マンサク科>ヒュウガミズキ
スポンサードリンク

ヒュウガミズキ(日向水木)

ヒュウガミズキ
科名マンサク科
属名トサミズキ属
学名Corylopsis pauciflora
別名日向水木
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


春に黄色い花を咲かせる。樹高は2-3m。葉っぱは柔らかな印象で、新芽は赤く、それも綺麗。冬は落葉し、春にまず花が咲いて、後に花が出てくる。落葉低木。葉っぱにシワが寄る。
●生垣に使うこともある。
●全体的に地味。野趣があるとかいうけど、地味。
●根元から何本を幹を出すタイプ。
●庭木としては移植(植え替え・植え付け)が簡単なほう。
●寒さには若干弱い。東北では庭植え不可。
花の根もとから新芽が出る
花の根元から新芽が出てきます。なので花が萎んできたからと花ガラ摘みをすると新芽まで千切ってしまいます。花がしぼんでもそのままにしておきます。

水やりと肥料

庭植えするもので、一旦植えつけて根付いてしまえば、水やりはよほどの日照りでない限りは降雨で十分です。
●といっても強い乾燥には弱い。水切れが多いと生育不良を起こします。特に西日が当たる場所は注意。そういうところでは根元にグランドカバーを植えたり、マルチングとしてワラを敷くなどします。
肥料
2月に寒肥として緩効性肥料をやります。堆肥と鶏糞と油粕を周囲の土に混ぜてやります。根に触れると痛みますので注意。寒肥があったほうが生育が良く、花もよく咲きますが、ないからといって枯れることもないです。花が少ないな、と思ったら肥料をやるくらいで十分です。
●5月にも肥料をやります。油粕が良いです。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替え・植え付けは落葉時期に。11月から2月にあたる。葉っぱがある時期に植えつけると枯れる。
●ヒュウガミズキは高くとも2-3m程度の低木です。その割りに横へと枝が伸びますので、横幅も余裕を持って2m弱は取っておきます。
●植えつけるときは枝を切り詰めます。地上部が多いと根の負担になります。枝を切ることで、根への負担を減らし、根付きやすくなります。
用土
用土は肥沃で、水はけ・水もちがいいもの、つまり「普通の土」です。常識的な範囲の土であれば、問題ありません。

管理場所・日当たり

日当たりがよい場所を好みます。でも半日陰でも十分花が咲きます。もちろん日当たりの方が花は多いです。

その他

剪定
自然な樹形が美しいので、整えるような剪定はしません。枝が込み合って風通しが悪いなら、短い枝をさばいてやります。風通しが悪いと病害虫が発生しやすくなります。また枝を適当にさばいて、鳥が停まりやすくすることで虫を食べてくれます。
●切っても芽が出やすいので、多少剪定に失敗しても大丈夫です。
●枝が横に伸びる。
●成長してくると長い枝にも花はつくが植えてしばらくは、短い枝のほうが花がつく。だからやたらと剪定はしないほうがいい。剪定は最低限にする。

選定時期は?
ヒュウガミズキの花芽形成は夏。夏に翌年の春の花の元が作られています。なので剪定の理想は花の後。5月~6月です。もしくは落葉時期の1月~2月でも可。

花付が悪くなったら
ヒュウガミズキは何年か同じ枝に花が咲くと、徐々に花付が悪くなります。そこで古い枝を切り詰めて脇枝を出して株全体を若返らせることが出来ます。古い枝は切り戻しましょう。

幹をしぼるのもコツ
ヒュウガミズキは根元から何本も枝が出てくるタイプです。これをそのままに生やしているとゴチャゴチャします。この幹を何本か絞って、あとは切ってしまいます。すると全体がすっきりして綺麗になります。これは見た目のコツで株が元気になるとか花が咲くというコツではありません。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承


マンサク科トサミズキ属。ミズキ科ミズキ属の「ミズキ」とは全くの別種。日向とは現在の宮崎のこと…これがヒュウガミズキの日向の由来かは不明。京都の明智日向守光秀の所領に植えてあったから、とも、トサミズキより小さいので「ヒメミズキ」と呼ばれていたものがなまったとも。

トサミズキより小さい。扱いやすく、管理も楽。生け花の材料としてもよく利用される。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

マンサク科の仲間


マンサク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用