モントブレチアの育て方

TOP >アヤメ科>>管理

モントブレチア(コロコスミア・ヒメヒオウギズイセン・姫檜扇水仙)

モントブレチア
科名アヤメ科
属名クロコスミア属
学名Crocosmia
別名コロコスミア・ヒメヒオウギズイセン・姫檜扇水仙
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

モントブレチアの育て方

モントブレチアの育て方
文章の修正栽培が禁止されている地域もある
球根。性質は頑健。繁殖力が旺盛で、野生化することがあり、周辺の生態系を破壊することがあります。栽培が禁止されている地域もあるので、植える前に調べるべきです。
手間のかからないガーデニング材
球根にありがちな、「掘り起こす」ということもなく、植えっぱなしで、地上部が枯れたら(花が終わったら)、刈り込むくらいで、庭植えならば、水やりは日照りがある時くらいのもの。それでいて、存在感のある花を咲かせ、かと言って暑苦しいというほどでもない(品種にもよるけど)。
それだけ便利なのに流通量が少ないのは、結局、育てるのが簡単すぎるからです。一回、庭に植えると二度と買ってくれないから、農家が作らないんですね。儲かりませんから。
まとめ
●育てるのは簡単。
●繁殖力旺盛で他の植物を駆逐し、駆除するのが難しくなることも。
●植えっぱなしでOK。
●冬は休眠する。
●冬は土が凍ると枯れるので、土が凍らない地域では防寒が必要。
●開花後に種子ができて勝手に増えることも。
スポンサーリンク

水やりと肥料

文章の修正鉢植えの場合は、一般的な「水やり」をします。土が乾いてから水をやる程度です。土が濡れているうちは水をやらず、水をやる時は鉢の底の穴から水がしみ出すくらいにしっかりとやってください。
庭植えにした場合は、日照りでもない限りは水やりは不要で、自然にふる雨で十分です。庭植えが便利ですね。
●花に水がかかるとしぼむので、花に水がかからないようにします。
ハダニ予防のために葉っぱに水をかけると良い。
●夏は乾燥しきらないようにします。
●土が乾いてから水をやるけど、乾燥しきらないように。ややこしいけど、まぁ、普通の水やりです。乾燥仕切るってのはよっぽどです。

冬の水やり
冬は休眠していますから、水をやらないようにします。
肥料
モントブレチアは少量の肥料をシッカリと吸収するので、大量に肥料をあげる必要はありません。植え付け時に緩効性肥料を混ぜ込んでやって、あとは様子を見て一ヶ月に一回、固形肥料を根元にやるか、二週に一回程度、液体肥料をやります。
●肥料が多いと葉っぱばかりが茂り、株が大きく育ちすぎて、倒れることがあります。肥料はゼロでも十分に育つので、「あまりに生育が鈍いな」と思った時に肥料をやる程度だと思ってください。
●肥料は4月・5月くらいまで。それ以降は意味がないです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正用土
市販されている培養土か、自作する場合は赤玉土腐葉土4に緩効性肥料を少量混ぜたものを使います。市販されている培養土には最初から適切な肥料が入っているので追加しないようにしてください。
●モントブレチアは土をあまり選びませんので、水はけがよければ問題ないです。

植える時は株と株の間は20センチ空けます。5センチほどの深さに植えます。
モントブレチアは毎年、分球して球根が増えますから、徐々に株が大きくなります。放置していると混み合って生育不良を起こしてしまいます(花が減る)。だから毎年か2年に一回は分球のために植え替えをしないといけません。そこで株間を30センチにしておけば、植え替え頻度を減らせます(三年に一回)。まぁ、株間が30センチだと見た目がスカスカになるので、できれば20センチがいいけど。
●掘り上げるとしたら、休眠中。地上部が枯れる冬。
●掘りあげたら、風通しの良い、凍結しない場所で管理する。
●植え付けは春。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりを好む
日当たりを好み、日光が不足すると花付きが悪くなります。ですが、半日陰でも十分に生育し、花が咲きます。
冬も植えっぱなしだけど・・・
夏に花が咲いて冬までには地上部が枯れます。冬は休眠状態で越しますが、冬の寒さに多少弱くて、土が凍ると球根が枯死します。土が凍るような地域(マイナス五度以下になることがある)では球根の上に腐葉土をかけたり、ワラをかけて防寒しますが、まー、そういう地域では別の植物を植えた方がいいと思います。もしくは鉢植えにして軒下や室内で管理します。
土が凍らないような中間地暖地では非常に便利なガーデニング材です。
夏の暑さに強い
強い。夏の暑さ・直射日光に強い。ただし、鉢植えにして鉢植えにガンガン日光が当たっていると、水をやってもやっても蒸発して追いつかないことがあるので、その場合は、半日陰に移動させます。庭植えにしてる限りは夏は問題ない。

その他

文章の修正切花としても
見た目がフリージアっぽいし、切花にしても持ちがいいので、完全に開花する前に、切花として室内に飾ると良いですよ。
ハダニが発生
ハダニは乾燥すると発生するので、水をやる時に葉っぱにも水をかけてやると予防できます。ハダニは蜘蛛の仲間で白い糸を出します。葉っぱに白い糸が絡んでいたらハダニを疑います。

特徴・由来・伝承

文章の修正モントブレチアは実は旧属名で、現在はクロコスミア。正式はクロコスミアで読んだ方が正しいので、いずれはクロコスミアになっちゃうのかもしれない。和名はヒメヒオウギズイセン。
スポンサードリンク

関連記事

グラジオラス
グラジオラスは夏咲きと春咲きがあります。一般的にグラジオラスというと夏咲きのことを指します。春咲きの場合は「春咲きグラジオラス」とか「早咲きグラジオラス」と呼びます。春咲きはあまり植えません。ここで…
アイリス
[+[まとめ] ●日当たりのいい乾燥気味の広い場所に植える。 ●庭植えの場合、水やりほぼ不要。 ●花茎が伸びたら支柱で支える。 ●終わった花は摘む。 ●子株はせっせと切り離して親株の肥大に努める。-] 日当りの…
ヒメヒオウギ
[育て方の概要] 半耐寒性秋植え球根。黒い種子を秋に撒くと春には開花する。朱色が一般的ですが、白・ピンク・白赤・藤色・みどり・赤と結構多色ある。 [草丈] 20cm [ヒオウギとは違って寒さに若干弱い] 植え…
シシリンチューム
[育て方の概要] 耐寒性常緑多年草(要再調査)。冬も葉っぱが残る。黄色や青の花が咲く。暑さ寒さには強い。こぼれダネでも増える。日当たり必須。水はけが良い土で植える。草丈の高い植物や強い植物に駆逐されて…
ハナショウブ
[育て方] ショウブと名前にありますがアヤメ科アヤメ属で本来のショウブ科ショウブ属のショウブとは全く違うのですが世間一般ではハナショウブが「ショウブ」になっている。カキツバタが水辺の生え、ハナショウブ…
クロッカス
秋に植え付け、冬を戸外で過ごし春になると花を咲かせます。花が終わっても、すぐには休眠に入りません。残った葉っぱで翌年の栄養を蓄えます。葉っぱが枯れたら、掘り起こし風通しのいい日陰で夏を越えさせます。…
ダッチアイリス
[育て方の概要] 球根植物。育つ環境は「普通の土」。よく似た花の「ショウブ」「カキツバタ」のように湿地帯では育たず腐ってしまうので注意。秋に植え、冬を越して、春に開花し、夏は地上部が枯れて休眠する。庭…
アヤメ
花がしおれたら、花を摘んでください。そのままにしておくと種を作り、栄養をそちらに回すので、株が弱くなるだけでなく、腐った茎が根元まで腐らせて、枯らせることもあります。 [+[まとめ] ●水やりは普通。土が…
アシダンセラ
1m前後になる大きな植物。グラジオラスの仲間なので育て方は近いです。グラジオラスよりは花が少なく色合いも薄いですが香りがあります。 [[秋になると葉が枯れて休眠します。寒さに弱いので植えっぱなしにして…
フリージア
晩秋に球根を植えて、冬を越して、春に花を楽しむ植物です。にもかかわらず、霜に当たったり、氷点下になると葉っぱが真っ黒に変色してしまいますので、氷点下になる地域は鉢植えにして、夜は室内に取り込んでくだ…

人気記事

ミント
ミントはシソ科の宿根草。一度植えると、冬に霜に当たっても根は残り、春になると新芽を芽吹いてくる宿根草、冬越しするハーブです。香がよく、葉っぱも鮮やかな緑なのでとてもキレイです。 半日陰・日当たりでも…
ポーチュラカ
ポーチュラカは真夏の炎天下もなんのその。乾燥に強く、直射日光にもなんともない初心者向きの園芸品種です。多肉植物でもある。寒さに弱く霜が降りる頃には枯れる一年草。室内で管理すると越冬することがあります…
摘芯
一定の大きさに成長した植物の芽の先を切り落とすことで、脇芽を増やし、結果大きな株に成長します。アサガオやニチニチソウなど、非常に多くの植物で有効な方法です。 [脇芽が出にくいものもありますから] 中に…
クラピア
[概要] クラピアはイワダレソウとヒメイワダレソウを交配させた園芸品種。イワダレソウがそもそも日本に自生している植物なので、育てるのは簡単。冬は地上部がなくなるが、春に芽吹いて開花する。グランドカバー…
食べた果物の種から育てられる植物
[種子から育てる] スーパーや八百屋で売っている果物や野菜を食べた後の種子は発芽するものが多いです。ですが、輸入品の果物は日本では栽培できないものが多く、発芽しても収穫までは到底不可能です。また、種子…