スーパーアリッサム・フロスティーナイトの育て方

MENU
TOP>アブラナ科>スーパーアリッサム・フロスティーナイト
スポンサードリンク

スーパーアリッサム・フロスティーナイト(斑入りスイートアリッサム)

スーパーアリッサム・フロスティーナイト
科名アブラナ科
属名ミヤマナズナ属
学名Lobularia hybrid
別名斑入りスイートアリッサム
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

育て方の詳細は「スーパーアリッサム」を参考にしてください。スーパーアリッサム・フロスティーナイトは既存のスーパーアリッサムよりも、繁茂の速度が抑えられていて、扱いやすい品種です。普通のアリッサムより耐暑性があり、夏越しも可能。
まとめ
水やりは乾燥気味に。
●でも、生育期は水切れしないように。
●開花しているときは液体肥料をやる。
●虫が発生しやすいので注意。
●開花がひと段落したら刈り込む。刈り込むことで脇芽が出て株が大きくなる。
●梅雨前に刈り込むことで夏の高温多湿対策になる。
●日当たりを好む。
●冬は霜に当てない。

水やりと肥料

土が乾いたら水をやります。濡れているうちに水をやらないでください。乾燥気味に管理するのがコツです。過湿にすると葉っぱが腐って枯れ込んできます。受け皿の水は捨てるようにしてください。
肥料
開花している時期は一週間に一回液体肥料をやるようにします。肥料が切れると開花が鈍くなります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土は一般的な「花と野菜の培養土」を利用するか、赤玉土腐葉土3を混ぜたものを利用します。庭植えでも鉢植えでも問題ありません。スーパーアリッサム・フロスティーナイトの場合は繁茂が抑えられているので、他の植物と一緒に植える「寄せ植え」も可能です。

管理場所・日当たり

日当たりの良い場所で管理します。日光が不足すると開花が鈍くなるので、できるだけ日に当てます。ただし、真夏は風通しの良い半日陰(木漏れ日)で管理してください。冬は霜が当たらない場所…軒下などで管理してください。

その他

アブラムシやその他の虫が発生しやすいです。アブラナ科は美味しいのか虫が出ます。見つけ次第、薬剤を散布して対処します。早めに対応しないと葉っぱが無くなります。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

栄養系アリッサムの斑入り品種。葉っぱだけでも結構綺麗です。白い花が開花し、繁茂が抑えられていて扱いやすく、アリッサムよりも耐暑性があり、複数年育てることも可能。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

アブラナ科の仲間


アブラナ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用