メギ・ハーレクインの育て方

MENU
TOP>メギ科>メギ・ハーレクイン
スポンサードリンク

メギ・ハーレクイン

メギ・ハーレクイン
科名メギ科
属名バーベリス属
学名Berberis thunbergii ‘Harlequin’
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


耐寒性落葉低木。トゲがある。樹高1m。ハーレクインは葉っぱが斑入りです。4月5月に黄色い花が咲き、その後、結実し、秋には紅葉する。花・実・紅葉と春から秋にかけて鑑賞価値があり、葉っぱ自体も綺麗。樹高を低く抑えることもできて、日本の庭植えには便利。トゲがあるので、そこを考慮して植えるかどうか決めてください。
まとめ
●庭植えなら自然雨だけでほぼ足りる。ただし乾燥時期は水をやる。
●鉢植えの場合は、土が乾いていたら水をやる。
●2月に寒肥、開花後の6月か7月に肥料。ただし、絶対必要なものではない。
●日当たりで育てる。半日陰でも可能。

水やりと肥料

庭植えの水やり
庭植えの場合は、自然に降る雨でほぼ間に合いますが、乾燥する時期(夏など)は水をやってください。
鉢植えの水やり
鉢植えの場合は、土が乾いていたら水をしっかりとやります。土が濡れているなら水はやらないようにします。土が乾いたら満遍なく水を注ぎ、鉢の底の穴から水が染み出すくらいにしっかりとやります。受け皿に水が溜まっているのであれば、水は捨ててください。放置しておくと根腐れの原因になります。
春と秋は晴れた日は毎日水をやります。夏は土の乾燥具合を見て、朝と夕方の二回、水をやります。冬は土が乾いてから数日経って水をやるようにします。
肥料
2月に寒肥をやってください。メギ・ハーレクインの枝の一番外側の真下に深さ30センチほどの穴を掘って化成肥料を入れておきます。また花が終わった6月7月あたりに株元に化成肥料を撒きます。ただし、メギは肥料をさほど必要としない樹木で、なかったからと言ってかれることはありませんから、大きくしたい時や、肥料不足から元気がないようであれば施す程度にします。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけの良い土を好みます。庭植えにする場合で、庭の土が粘土質であれば生育は難しいです。
庭植え
根鉢の二倍の深さの穴を掘り、掘り返した土に腐葉土と混ぜ、石灰を撒きます。土を半分戻して、そこに根鉢を置き、隙間に土を詰めていきます。終わったら、たっぷりと水をやってください。水をやることで根と土が密着して、発根しやすくなります。
鉢植え
一般的な培養土か、赤玉土7腐葉土3を混ぜたものを使います。植え付け方法は以下のリンクを参考にしてください。植え替えの時は根の土は三分の一ほど落とします。

植え替えはほぼ毎年することになります。庭植え推奨の樹木です。
挿し木と種まき
6月7月の湿度の高い時期に木を赤玉土単用の育苗トレーで管理していると発根します。
野生種は種子で増やすことができますが、野生種はほとんど市場に出回っていません。

管理場所・日当たり

とにかく日当たり
花・実・紅葉を楽しみたいのであれば、しっかりと日光に当ててください。直射日光にも負けないので、気にせず日当たりに植えます。半日陰でも問題なく育ちます。

その他

剪定
メギ・ハーレクインは夏に花芽ができます。なので落葉時期に剪定すると花が落ちます。そこで開花後に剪定すれば、花芽ができる前なので花芽が落とさないで済むのですが、今度は「実」を落とすことになります。よって、「この時期に剪定すればいい!」という決まった剪定時期はありません。そこで決まった時期に剪定するのではなく、邪魔だな!と思った枝は、時期を待たずにさっさと剪定してしまいましょう。
メギ・ハーレクインは芽吹くのが早く、多少剪定してもすぐに戻ります。
丸く剪定するのが一般的。
病害虫
ほどんと無し。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

ハーレクインは生け垣や庭木として栽培されるメギの品種。メギは本州、四国、九州に分布する落葉低木。北海道でも育つらしい。メギは「目木」で、葉や樹皮の煮汁を洗眼に使っていたためとも。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

メギ科の仲間


メギ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用